もっと学ぼうニッポン:ブログ時代の日本語学習

アクセスカウンタ

zoom RSS アメリカ独立記念日1776年7月4日って、本当はまだ独立してなかった日らしい

<<   作成日時 : 2008/07/24 21:08   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 4 / トラックバック 1 / コメント 2

アメリカに住んでいるのにアメリカ史を知らないといかん、いつか娘に聞かれたらズバット答えてやりたいと思ってはいるんですが、歴史以前にそもそも常識がないので困っています。結構最近知ったのですが、独立記念日ってアメリカがイギリスから正式に独立した日ってわけじゃないんですね。

「知ってた?」と妻に聞くと、「えー、知らなかったの?」と驚かれました(汗)。

ワールドトレードセンター跡地に作ることになっているけどなかなかできないフリーダム・タワーは独立の年、1776年にあわせて1776フィート(541メートル)だしそのときに本当に独立したんだと思ってました。アメリカの独立戦争ってそのためにしたんでしょ?それが終わったのが1776年じゃなかったの?というのは私の思い込みでした。

1776年7月4日に本当に何があったかというと、アメリカの大陸会議(the Continental Congress)で「イギリス(グレートブリテン王国)によって統治されていた13の植民地が、独立したことを宣言する」したということになっていますが、そのときアメリカは植民地の寄り合いで国として機能するどころか、イギリスと独立戦争(1775-1783年)のが始まったばかり。どうかんがえても、イギリス軍のほうが強かったし、大勢いたし、初めはイギリスが優勢だったらしいです。

そんななかで、親分イギリス帝国に噛み付いた反逆者アメリカ人らは本当に勝てるかどうかもわかんないのに、先走って勝手に「イギリスふざんけんなー、税金ばっかりとりやがって、イギリス議会に代表も送らせてくれないし、借金の肩代わりを押し付けられんのはたまらんし、うちらは独立するから、あとはよろしく!」と宣言したのが独立宣言なんですね。私はもっと、ちゃんと白黒がハッキリして、「はい、独立のための戦争にも勝って決着がついたし、ここいらで一発ばしっと独立を宣言させてもらいますよ」というものなんだと思っていたんですが、大きな勘違いでした。独立戦争がうまく行かなかったら、独立記念日は勝手に独立を宣言して、イギリスをさらに怒らせた日ぐらいのもんになっていたかもしれません。

さて、そもそもなんでイギリスと戦おうと思ったかというと、イギリスはその前にフレンチ・インディアン戦争(1755-1763年)で勝ったものの借金をしまくって財政難だったので、植民地アメリカに税金をたくさんかけて、立て直そうとしていたからというのが大まかなところのようです。当然アメリカ人はそれが気に食わないし、そんなに税金かけんなら、うちらは勝手にするから、ほっといてくれと思ったらしいです。って強引なまとめですか?

ちなみにフレンチ・インディアン戦争ではアメリカ人はもちろんイギリス側についてフランスと戦ったんですが、そのときに兵に加わったアメリカ人をからかってイギリス人が作った歌がヤンキードゥードゥルだとされています。日本ではアルプス一万尺のメロディーで有名ですね。アメリカ初代大統領ジョージ・ワシントンもこのフレンチ・インディアン戦争で軍人として戦っていたらしいです。

ところでこのフレンチ・インディアン戦争って紛らわしいですよね。初めて聞いたときはフランス人とインディアンが戦ったのかと思いきや、フランス人とインディアン同盟を結んで、彼らとアメリカ人を従えたイギリス人が戦った戦争なんですね。ふつう戦った国同士をくっつけそうなもんですけど、日露戦争(日本とロシア)、イラン・イラク戦争(そのまんま)なんかそうですもんね。

その時に負けたフランスは、カナダを取られて、「イギリスめー、こんにゃろー」と思い続けていたこともあって、その後イギリスにたて付いたアメリカの植民地を応援してライバルのイギリスを一緒に倒そうということになったわけだそうです。ウィキでも「アメリカ独立戦争におけるフランス」なんてのが立っているくらいフランスの関わりは大きかったんですね。

7月4日が正式に独立した日じゃないとすると、独立戦争が正式に休戦し、イギリスがアメリカの独立を認めたのはいったいいつのことかというと1783年9月3日のパリ条約だそうです。つまり、1776年独立宣言の7年後です。まあ、7年待つよりはとっとと宣言しといてよかったかもしれませんね。

先日のフランスの独立記念日というか国家記念日(7月14日)は、1789年バスチーユ牢獄襲撃・政治犯解放でフランス革命が始まった日で、何かがしっかりできたわけではないから、同じことですね。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 4
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い
ナイス
かわいい

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
フォート・リーの名前の由来:アメリカ独立戦争時の砦
私の住む町フォート・リー(Fort Lee)はニューヨークからハドソン川をはさんだ向かい側にある町ですが、その名の通りリー砦(Fort Lee)ちゅうのがあったらしいです。 ...続きを見る
もっと学ぼうニッポン:ブログ時代の日本語...
2008/08/16 23:41

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
その当時イギリスは帝国主義時代の最盛期を迎えていたそうです。だからかなり居丈高になってらしい。結局独立戦争に負けて、その教訓から他の植民地国に対し、間接統治の方法を洗練させていった。ま、それ以前からイギリスは、フランスの一部を分捕っていた経験から、自国の団結心を養っていたりして、シタタカなんですよ。・・・歴史は深い。
madmax
2008/08/18 13:26
>madmaxさん
コメント有難うございます。この戦争がイギリスの植民地に対する間接統治の方法を洗練して行くきっかけになったというのは肯けますね。
ヒロシ
2008/08/20 10:39

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
アメリカ独立記念日1776年7月4日って、本当はまだ独立してなかった日らしい もっと学ぼうニッポン:ブログ時代の日本語学習/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる