もっと学ぼうニッポン:ブログ時代の日本語学習

アクセスカウンタ

zoom RSS 東京から成田空港までの景色を見て思ったこと

<<   作成日時 : 2007/08/31 13:49   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

この夏とんでもない旅行をしました。
とんでもないというのは日程がです。

サマーコースを東京で教えていたのですが、ある週末に学会があって、いちおう発表させてもらえることになっていた(それに夏の仕事が決まるより先に決まっていた)ということもあり2泊4日(機内泊1泊)でハワイに行きました。ほとんどホテルと会場の往復で終わり、ハワイらしいことはこれと言ってせず、少ない時間で必死におみやげを買って、ざっと行ってざっと帰ってきました。

さて、そのときに感じたのは東京から成田(空港)までの景色がなんとも象徴的だなぁということです。

今まで何度も成田へ行っているはずなのに、これまでは思いませんでした。なんでだろ?

いつもは、心がせかせかして、早く空港に着きたいつかないかなぁと思いながら眺める風景なので、必要だが無駄に長くてつまらん移動としか考えていませんでした。でも今回は基本的に同じ風景を見ているはずなのに、違うことを感じました。

たいていバスで行くか、車で送ってもらっていたので、高速を通って行っていたのですが、今回は荷物も少なかったし、時間もあったので、ケチって電車で行きました。せっかくだから、成田エクスプレスでもスカイライナーでもなくて、普通の車両でいく特急に初挑戦しました。

東京から江戸川だか荒川を渡って、千葉に入ります。マンションや住宅やらがびっしり建っている街並みが続きます。そのうちだんだん、郊外型の大きな商業施設があるかと思いきや、ついに住宅が減って行って、田んぼや畑が現れます。

「6月にはカエルがすごいだろうなぁ」
私の実家は今では周りは全部住宅ですが、引越した当初は田んぼが残り、電話の向こうにも聞こえて「何の音?」と聞かれるほどカエルの鳴き声が響いたものでした。

そんなことを思い出しているうちに、いつのまにかあたりはますます緑に包まれた風景になって行きます。

でも確実に空港には近づいている。そんなとき、自分の中にあるこれぞ日本ともいうべき、山があって、田んぼがあってという原風景を越えていかないと、海外に近づけないんだなぁと思ったんです。大げさですが、なんだか自分の日本人としてのアイデンティティをもう一度再確認して、それから外国に行くってのが、面白いなと思ったわけです。

まあそんなこといっても、行き先がハワイじゃ、着いても日本人ばかりなんですけどね。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
ハワイ,おつかれさまでした。すごい強行軍でしたね。

それにしても成田へ行くまでにそういうところを通るんですか。実は私も実家の近所を散歩して,「うわー,京都の田舎やなあ」と思ったことがありました。トータルな雰囲気とか含めて思ったんで,どこにもない風景です。私はそこへ行ってアイデンティティーとか考えたわけじゃありませんが,すごくほっとしました。あー,京都っていいなあ。
yukki
URL
2007/09/01 11:10
>yukkiさん
「なつかしい」というのは実際に知っているものを見て思う感情のはずですが、本当は知らないのに、なつかしいと思ってしまわせる、日本の田舎のプロトタイプのような景色だったんです。

でも京都の田舎ってのも、もっと味があるんだろうなぁと想像します。京都といえば、いつもyukkiさんのお菓子を通して京都の世界が広がっていきます。まいど!
ヒロシ
2007/09/01 15:51
はじめまして。
はじめてのコメントに緊張してます(-"-)
このブログを読んでいて思い出したことがありました。
わたしも、この夏海外へ行く時はじめて
羽田から成田まで電車で行きました。
いつもはバスを利用していたので、
高速やらなんやらで、あっという間に着いてしまうのになんだか今回は新鮮でした。
北海道に住んでいるので
田んぼの中のかわら屋根がめずらしくて…
テレビや絵本でよく見る田舎の風景そのままなんですよね。
同じ日本なのに、私の周囲はまた違う日本の田舎です。
rosso
2007/09/03 21:46
>rossoさん
初めまして。
羽田から成田まで電車でいけるんですね。
北海道では田んぼの中のかわら屋根ってあまりないんですかね。北の大地では、やはり田舎ってのは大自然ってことですか。あ、田んぼ自体がそもそも寒いからあまりないんでしょうか。北海道の田舎というと、大自然のなかのまっすぐな道みたいなイメージがありますが。確かに、同じ日本なのに、違う日本の田舎があって、それは当然なんでしょうが、面白いですね。
ヒロシ
2007/09/04 11:34

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
東京から成田空港までの景色を見て思ったこと もっと学ぼうニッポン:ブログ時代の日本語学習/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる