もっと学ぼうニッポン:ブログ時代の日本語学習

アクセスカウンタ

zoom RSS ハーバードの新しい学長、ドルー・ギルピン・ファウスト

<<   作成日時 : 2007/02/20 17:56   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

新しいハーバード大学の学長が最近決まりました。
ドルー・ギルピン・ファウスト(59)です。ハーバード1636年からの371年の歴史の中で初の女性の学長だそうです。これでアイビーリーグ8校の学長で女性がいるのは、ぺンシルべニア(ペンシルバニア州フィラデルフィア。州名そのままで公立のような名前ですが、フランクリンが作った私立です。ユーペンと言うことのほうが多いかな。)、プリンストン(ニュージャージー州プリンストン。これも町の名前ですね。昔はCollege of New Jersey)、ブラウン(ロードアイランド州プロビデンス)に加えて、4校になったそうです。

これで、学長だけ見ると女性、男性半々になってよさそうです。でもLGBTや、人種的にマイノリティーの学長ってのはいるのかなぁと思いましたが、どうでしょうね。

さて、ハーバードの前の学長(今は臨時の人がしています)は、ローレンス・サマーズ(52)でした。2005年に、超問題発言をした人です。「科学工学分野において上級管理職に女性が少ないのは、(そのような仕事には時間拘束が求められるのに、女性が男性よりも子育てに対して多くの時間を割くことも期待されるという役割分担の問題に加え)、男女の遺伝子上の違いがあるのではないか」というようなことを言ったのです。それ以外のことでも学内で反感を抱いていた人が多かったようで、ついに教授会で不信任案が可決され、辞任に追い込まれました。

そんなことがあったので、きっと次は女性だろうと思っていました。
しかし、そんな風に思う人が少なくないからか、ファウストは「私はハーバードの女性学長ではなく、ハーバードの学長だ("I'm not the woman president of Harvard, I'm the president of Harvard.")」と言ったそうです。

私のように不謹慎にも「女性だから選ばれた」と思う人がいるからでしょうか。
実際優秀、有能な方には違いありません。それでも、そんな風に見る世間からのプレッシャーはすごいでしょうね。何をしても「初めての女性のハーバード学長」というのがついて回るでしょうから。

初の女性米国下院議長のナンシー・ペロシや、初の女性&公けにLGBTのニューヨーク市議会議長のクリスティン・クイン
にしても、毎回同じようなことを言われてうんざりしているんだろうなぁ。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
(まだなってもいないけれど)ヒラリー・クリントンも就任スピーチで同じようなことを言いそうですね。
「女性初」って何かとしんどそう。でも”人生のネタ”としては最高においしいですよね。私だったら「よしこれで一生講演会で食ってけるぜ」とほくそ笑んでしまいます。(←こんな女はそもそも「女性初」にはなれない)
ACHI
2007/02/21 03:31
>Achiさん
うむ。そうですねー。就任スピーチ聞いてみたいです、ヒラリーの。ってそんな興味本位じゃいかんのでしょうけどね。講演会かぁ、確かに人が集まりそうだな。女性初ではないかもしれないけど、個人的にはブックオフの社長のお話を聞いてみたいです。
ヒロシ
2007/02/21 23:40

コメントする help

ニックネーム
本 文
ハーバードの新しい学長、ドルー・ギルピン・ファウスト もっと学ぼうニッポン:ブログ時代の日本語学習/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる