もっと学ぼうニッポン:ブログ時代の日本語学習

アクセスカウンタ

zoom RSS がんばれアラブ系コメディアン、アハメド・アハメド

<<   作成日時 : 2007/01/08 15:28   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

NYで活躍する日本人コメンディアンRIO(小池良介)さんのお友達かどうかわかりませんが、もう一人別の意味ですごいコメディアンを見つけました。彼の名はアハメド・アハメド(Ahmed Ahmed)です。今更ながらに見た「華氏911(ファレンハイト911)(2004)」のボーナスフィーチャーに出てました。どうやらカリフォルニアで育ったエジプト生まれの米国人です。

彼のウェブサイトはこちらです。
このサイトに行くと自動的に彼のネタがいくつか聞けるのですが、その中で冒頭のものを聞いて考えさせられました。

彼によると、アメリカ4大ネットワークの一つであるCBSのウェブサイトにある統計が出ていたそうです。いつ出ていたのかは不明ですが、もう数年経っているし、今見ても出てきませんでしたが、とにかくそれによると、9/11のテロ後、アメリカで中近東系の人、特にムスリムに対するヘイトクライム(hate crime)が1000%増加したそうです。(ヘイトクライムはいわゆる差別による犯罪のことです。)

100%増(要は2倍ですね。)じゃありません、1000%増(10倍ってことでしょうか)です。
1000%増えたのに、それでもヘイトクライムの統計上では、中近東の人に対する(恐らくそれ以外の人による)犯罪は、黒人、ゲイなどの性的少数者、ユダヤ系に対する犯罪についで4位だったそうです。ニュースでも聞く(ような気がする)し、普通に考えてもアラブやアラブじゃないけどムスリムであるトルコや東アジア、南西アジアの国・地域出身または見た目が似ている中南米系までも微妙に偏見を受けているだろうということは想像できますが、それでもまだまだ少ないってことなんですね。

アハメド・アハメドは憎しみでさえも勝てない(We can't even win in hatred.)。つまり、どうしても何をしてもだめ。これ以上どうしたらいいんだ。と自虐的に皮肉ってネタにしているわけです。

でもそれくらい黒人やその他のマイノリティーがヘイトクライムの被害者になっているということが衝撃的でした。去年私の大学でも、ユダヤ系に対する中傷的な言葉をトイレに落書きした事件などがありました。歴史的にユダヤ系が多く住み、その他に多くの人種、外国人もたくさんいて、性的少数者も多く色々な人に寛容なはずのニューヨークで、しかもうちの大学はリベラルなはず(でも大学のトップはWASP的な白人男性ばかり(らしい)ですけど)のところでもやっぱりそんなことは起こるのだなと残念に思いました。

さて、アハメド・アハメドのほかのネタは、飛行機に搭乗して、離陸待ちをしているときに、一人降ろされたことなどですが、さすがに名前が名前だけに一発でアラブ系とわかってしまうことでいろいろあるようですね。
グーグルで検索したら、彼のCD、I believ I can't flyってのが出てきました。R.Kellyの I believe I can fly.をもじっているんでしょうね。ちょっと笑えました。

ついでにインタビューの映像が彼のMyspaceのページに出ていました。

最近は、イラン系、パレスチナ系のコメディアンと一緒に「悪の枢軸ツアー」というのもやってるそうです。そしてそれを企画したのはユダヤ系の人(もともとエンターテイメント業界にはユダヤ系の人多いですよね。俳優、監督、配給会社を含めて)だったらしいです。

そんなことが可能なのも、まあ言ってみればアメリカならではのことで、多くの問題がありつつも、素直に喜んでいいのかなとも思ったりしています。アハメド・アハメドがムスリムだからとか、アラブ系だからではなく、なかなか面白いんじゃないかと思うんですが、これからもがんばってほしいです。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
遅ればせながらあけましておめでとうございます。今年もよろしくお願いしますねー。

日本帰国中に読んだ新聞(読売だったと思います)にアラブ系アメリカ人コメディアンの記事が出ていました。彼だったような気がします。お笑いでつらいというか、難しい問題を乗り切るっていうんですかね。いいなあと思いました。やっぱり笑いはすばらしい。
yukki
URL
2007/01/10 08:08
これはDVDで見てみたいです。聞き取りできるかどうかは別として。(笑)映画「クラッシュ」でもペルシャ人なのにアラブ人と間違えられて暴言を吐かれる老人が出てきますが、僕ら日本人だってペルシャとアラブの違いを認識できるかというと疑問です。米国は、イランイラク戦争ではイラク側でしたしね。(苦笑)今はイランが「悪の枢軸」になっている。
asianimprov
2007/01/10 11:59
>yukkiさん
笑いはすばらしい、ほんとにそうですね。・その記事はディーン・オベイダラさん(http://job.yomiuri.co.jp/news/jo_ne_07010542.cfm)でしょうか。この人も華氏911のスペシャルフィーチャーに入っていました。彼はパレスチナ系が入っているのですが、見た目はほんとわかりませんね。
ヒロシ
2007/01/11 17:33
>asianimprovさん
DVDもうすぐ出るみたいですね。ああ、クラッシュそうそう、いましたね。拳銃屋さんのおっさんとけんかするところが印象的でした。たしかにアラブってどこまでがアラブかわかりません。あの赤と白のチェックの頭にかぶる布と関係があるのでしょうか。シリア、エジプトあたりはアラブですよね。でも東端はどこかわかりません。
ヒロシ
2007/01/11 17:40

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
がんばれアラブ系コメディアン、アハメド・アハメド もっと学ぼうニッポン:ブログ時代の日本語学習/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる