もっと学ぼうニッポン:ブログ時代の日本語学習

アクセスカウンタ

zoom RSS クリスマスツリーの思い出

<<   作成日時 : 2006/12/15 17:05   >>

驚いた ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 6

カナダにホームステイをした年の12月、「クリスマス・ツリーを探しに行くよ」と言われて、ホストファミリーの父、同い年の男の兄弟とトラックに乗りました。

向かった先はロッキー山脈のふもと。天気は晴れ。雪に日光が反射してまぶしかったです。
針葉樹の森に着くと、森林浴にばっちりのフィトンチッド満点のさわやかな森の匂いがしました。

フェンスを越えて、ずんずん入って行きます。あたりの木はみんな見上げるほど大きくて「こんなところに家に入れるようなクリスマスつりーがあるのかな」と思っていると、父と兄弟がなにやら相談しています。

やがて何かの合図をして、兄弟が枝の間伐をするきこりもびっくりな勢いで、ある木にどんどん登りはじめました。10メートル以上あったんではないかと思います。上に着くと持っていったノコギリを出してギコギコ切り始めます。高い木のてっぺんの部分を切り落とすというわけです。

見ているうちに、あっという間に切ってしまい、「行くよー」と合図して、上から切ったのを「ドサッ」と落とします。クリスマスツリーの出来上がりです。「おー」と感心している、またササッと兄弟が降りてきて、父とそれを担いでトラックに向かいました。

「いっつもこんな風にツリーをもらってくるの?勝手に切ってきていいの?」
「うん。一応持ち主には断ってるんだよ」
と教えてくれました。そりゃそうか。

さて、家に着いてリビングルームに飾るとなんともいいにおいがしました。後にも先にもあんな「新鮮な」クリスマスツリーを飾ったことはありません。クリスマスツリーの木の種類っていろいろあるんですが、なんと言う木だったかは思い出せません。

1月だったか2月になってからか、家の中でカラカラに乾燥したクリスマスツリーは、家の外で火をつけて燃やしました。(なんとゴミは家の外でドラムカンで燃やして、時々自分で収集所に持っていくというシステムでした。)恐ろしいほど瞬く間に燃えたのを覚えています。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
驚いた

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
とてもステキなクリスマスツリーの思い出ですね。
新鮮なクリスマスツリー、一度は飾ってみたいものです。
rui
URL
2006/12/15 19:17
>ruiさん
そういえば、そちらはクリスマスは夏ですもんねー。ツリーはやっぱり手に入りにくいのでしょうか。といいつつ私もまだNYに来てから本物のツリーを買ったことはありません。。。。
ヒロシ
2006/12/16 03:50
私もホストファミリーとピックアップトラックに乗ってクリスマスツリーを買いに行ったことがあります。山で伐採ではなく、そこらへんの駐車場ですでに切られて陳列されていたものを買ったんですが、いいにおいがしましたねえ。うちでホストマザーとポップコーンとクランベリーを糸に通して飾りを作ったのはいい思い出です。
yukki
URL
2006/12/16 13:38
>yukki さん
ポップコーンを食べるんではなく、飾るんですか?あのカラメルをからめてつくる(しゃれじゃないですけど)おかしがありますよね、あれが結構すきでした。
ヒロシ
2006/12/17 12:56
本物の木(もみの木ではなくても)に飾るって言う原点をうちの子供たちはきっと知らないんだろうなぁ…と思ってしまいました。
だって世の中に溢れているクリスマスツリーはみんなプラスチックで出来てますもの。
そういえば私もこのところ本物の木のツリーは見ていないかも。。。
海流ママ
2006/12/25 17:25
>海流ママさん
プラスチックのほうがまた使えるし、環境にやさしいのかもしれませんが、やっぱり本物のツリーの香りには代えがたいですね。
ヒロシ
2006/12/26 23:41

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
クリスマスツリーの思い出 もっと学ぼうニッポン:ブログ時代の日本語学習/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる