もっと学ぼうニッポン:ブログ時代の日本語学習

アクセスカウンタ

zoom RSS 9.11陰謀説に思う

<<   作成日時 : 2006/09/09 20:18   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 13

もうすぐ5周年を迎える9.11米国同時多発テロ事件ですが、最近また陰謀説を聞くようになりました。そのウィキペディアのサイトに、CNNニュース記事へのリンクがありました。

私は地元の新聞で、レイバーデイ前の先週の金曜日に、読んだんですが、それは9.11が米国政府が仕掛けたものだという陰謀説を唱えてドキュメンタリー映画を作った人が出てました。その人のサイトはこちらです。そしてその映画は、ここから見られます。

見ました。なかなかよくできています。まずオープニングのほうで、1962年にキューバに対する米国の軍事行動への支持を得るために計画されたノースウッズ作戦(Operation Northwoods)について知らされます。その計画は実行に移される事はなかったものの、その中で見せ掛けのテロ行為を演出することが含まれ、具体的には飛行機をハイジャックして爆破というものまで入っています。この計画は当時の大統領に却下され、これを計画した人物はその1ヵ月後にそのポジションをはずされたそうですが、これを見せられたら、ほら、やっぱり米国政府はそんなこと考えかねないねと思ってしまうかもしれません。

イラクに大量破壊兵器があるからって大義名分のもとに、戦争に行ったけど、結局なくて、「なかったけど独裁者を追い出したからいいじゃん」と開き直ったようなところがある米国政府は、いつも全部わかっていることを知らせるわけではないと思います。まあそれは、米国に限ったことではないのかもしれませんが。

さて、このドキュメンタリーの中で疑問を投げかけられているのは、ワールドトレードセンターへの攻撃だけでなく、ペンタゴン、それからユナイテッド93って映画にもなってますが、ペンシルバニアの森に落ちた飛行機についてもです。技術的なことは判断できないのですが、あやしいといわれればあやしく思えてしまいます。そもそもわかっていないことも多いのでしょうし。

調査を行った政府の委員会は、ワールドトレードセンター崩壊について問い合わせがあまりの多いのでFAQを作ったそうです。それを読むとこのドキュメンタリーの中で言われていたことに対する反論があり、これも読むとなるほど、そんなもんかなと思ってしまいます。

イラク戦争は泥沼だし、テロの危険は去っていないし、大量破壊兵器は見つかってないし、そんなんで政府への不満が募っているところで、こんなドキュメンタリーが受け入れられやすい土壌があるのかもしれませんね。

しかし、悲しいことに、犠牲者となった方、家族の方が失ったものは返ってこないということだけは確実です。私の学生にもそんな人がいて、親類を失くしたのに、そんな中「先生、今日授業に行けません」とわざわざ電話してきてくれたことがわすれられません。すごくまじめな学生でしたが、そのとき1年生だったけど、もう卒業して社会人2年目になっているはずだと思うと感慨深いです。

同じようにその頃生まれた子供たちは、自分が知らないうちに、お父さんやお母さんを失くして、今は少し子供なりに世界がわかるようになってきて、どうして自分には生まれながらにいない人がいるのかという疑問を抱えながら大きくなっていくのですよね。

エイジさんが「人生はドラマなんだ」と書いてましたけど、どんな展開が次に彼らを待っているのでしょうか。


人気blogランキングに登録中。クリックお願いします。


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(2件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
人生はドラマなんだ。
「功名が辻」の脚本家の大石静の番組をやっていたが、脚本を書く上で大事な事は、「次に私はどんな場面が見たいか?」を書くことであって、決して物語として「起承転結」などの型にこだわってはいけないということだそうだ。 そして「次に私はどんな場面を見たいか?」を考えてゆけば、自ずと起承転結になる。自然に物語のカタチと為ってゆくものだと師匠の宮川一郎から教えられたそうである。 ...続きを見る
BlueBloomBlog
2006/09/10 15:14
「ルース・チェインジ」911アメリカ政府陰謀論はカルトの一種
自主制作映画「Loose Change=ルース・チェインジ」 に関する記事へのアクセスが また多くなっているようです。 なぜ多くなってきたのだろうか、と憶測するに 糸井重里の「ほぼ日刊イトイ新聞」の 鈴木すずきち、なる人物による ...続きを見る
ジョグと映画と本と将棋のお話
2006/11/23 23:36

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(13件)

内 容 ニックネーム/日時
武器を作っている企業がある限り、戦争はなくならないんでしょうね。
戦争が起きないと、武器は売れませんからね。
そして、武器が売れないと、その会社はやっていけないから。
そうすると、従業員や、関連企業、その末端に連なる企業、労働力をあわせるとものすごいたくさんの人々が、芋づる式に、生活に窮する… 
では、それを防ぐには、武器を沢山売れるようにするということになる。
武器を売るためには、武器を必要とする状況がないと売れない。
では、そのために、作為的に、武器の需要を起こすという事もあるかもしれません。
その中には、「武器は人の命と財産を奪うもの」という観点は入っていません。
子どもの頃、童話で、「みどりのゆび」という本がありました。みどりの指を持つ少年がいて、少年のみどりの指で兵器にふれると、弾丸のかわりに、花が咲くという内容でした。
人を殺したり、傷つけたり出来ない「武器」だったら 全く問題ないのでしょうけどね…
KISHIKO
2006/09/10 00:03
このテロの悪循環は、まだ始まったばかりだと思います
憎しみは憎しみを産みますが、思えば、戦争を起こしているのは一部の人物が起こしているだけで、犠牲者は関係のない人であるという点に、人類の罪悪の根の深さを感じます
エイジ
2006/09/10 15:39
>KISHIKOさん
武器はやっぱりいい商売になっているんでしょうね。米国でもそんな技術開発には政府がたくさんお金を出しているし。でも人口が増えすぎているってのが問題のような気がします。「みどりのゆび」のように、何かいい魔法があったらいいんですけどねぇ。

>エイジさん
本当にそうですね。犠牲者が増えれば増えるほど、米国に対するアラブをはじめ諸国の恨み憎しみは増える一方で、米国内でも戦争に行って亡くなる人は増え続けているのを考えると本当に罪深いと思いますね。自分も米国政府に税金を払って間接的に助けているのかと思うと心苦しいです。
ヒロシ
2006/09/11 00:16
テロから5年、「テロリストとの闘い」は拡大する一方で、アメリカに賛同しない国は全てテロリストを支援する国にされそうな勢いです。9/11のテロで息子を失った父親が、「亡くなった人には家族や恋人がいる。それを想像する作業が重要だ」と語っていました。(朝日新聞)テロで犠牲になった人、対テロ戦争で命を落としたアメリカ兵にも家族はいるし、その戦争で命を落とした「テロリスト」にも家族はいるのですから、お互いの痛みを想像する力がなければ、憎しみは膨れ上がるばかりです。一番悲惨なのは戦争を続けているアメリカ政府の上層部には「想像力」を持っている人間がいるとは思えないということです。
hanako
2006/09/11 01:22
真珠湾攻撃にも陰謀説があります。攻撃してくるのを知っていながら攻撃させ、アメリカが日本との戦争を始められる正当な理由にしたという・・。陰謀により歴史が作られるという説はいつの時代にもあり、明らかなこじつけもあれば、いかにも本当らしいのもある。ペンタゴンへ飛行機が突っ込んだ際の被害に、理屈に合わない部分があることはずっと指摘されていました。あれは「やらせ」ではないのか?という疑問です。大型旅客機ではなく小型の飛行物体が突っ込んだとしか考えられないのだそうです。

アメリカも心配ですが、過去の侵略戦争と植民地支配を謝罪した95年の村山談話の踏襲について明言を避け、第2次大戦の評価についても「歴史家に委ねる」と逃げる次期首相には失望ばかり感じます。あんな国家主義者に任せたら小泉以上に日本は悪くなるよ。自民党は戦前戦中の大政翼賛会になっている。加藤議員の実家は放火されるし、これでは戦前とかわらんじゃないか!(>_<)
asianimprov
2006/09/11 12:03
>hanakoさん
そうですよね。そのみんな一人一人に家族がいるってのは自分の側の方は意識しても、相手側の方はなぜか見えなくなってしまいがちなんでしょうかね。自分も義理の兄弟がイラクに従軍してこの春帰ってきてくれたので、喜んでいる一方、予備役隊なので、あまり危ないところには行かなかったというものの、自分たちを守るために、現地で新たな一般市民の犠牲者が出ることに関わっていたらどうしようと怖くてその辺のところは聞けません。でもその「想像力」を働かせることには他人事と思えません。・「上層部」の人も、ABCのドラマに口出しをして宣伝してあげる場合じゃないですよね。
ヒロシ
2006/09/11 18:31
>asianimprovさん
真珠湾にしても、JFK暗殺にしても、はっきりとすべてが説明できないようなことには、陰謀説が流れやすいのかもしれませんね。ペンタゴンへの突っ込んだのが飛行機じゃない説は、ドキュメンタリー映画loosechangeでも詳しく述べられていました。確かにそう思わせる点もあります。前提が陰謀だと考えるとだんだんそうとしてしか物事を見えなくなってきてしまうのが、自分でも怖いです。・日本の新しい首相がどうなるか心配です。でも小泉さんの長期政権のあとに、またころころ変わるようになるかもしれないとも思いますが。。。
ヒロシ
2006/09/11 18:57
首相がコロコロ変わるのも嫌だし、小泉みたいに長いのも困る。日本で民主主義が機能しているとは思えない。ブッシュがのたまう「民主主義」を実現している国はあるのか?中東の国には民主主義が必要なのか(サダムみたいな独裁者は論外として)?ほんま、戦争が怖いです。自衛隊で北朝鮮を先制攻撃とか核保有すべきとか、極端な意見が横行している。そんなことより他にすることあるやろ!
asianimprov
2006/09/15 10:15
>asianimprovさん
中東の国に民主主義は必要なのか。うーん、必要だとは思いますが、おしつけんのはイカンし、遺憾に思います。それより、米国内では、ニューオリンズの復興とか問題は沢山あるのに、有事にして国民の関心をそらそうったって、そんな作戦はそうは長続きしないのになーと思います。極端じゃない普通の人の政治的意見がブログでもっと展開されて世論に影響を与えていくようなると面白いと思っています。
ヒロシ
2006/09/15 23:04
9.11アメリカ政府陰謀説と「Loose Change」に関する記事をトラックバックさせていただきました。いちおうコメントもさせていただきます。「Loose Change」に関する理解の仕方をかなり誤って折られるようなので少し注釈させていただきます。この映画を作ったディラン・エイブリーという若造は9.11被害者に対する同情心など微塵ももってません。9.11被害者を傷つけることなど平気な人です。その「ひとでなし」ぶりに関しては「ほぼ日刊イトイ新聞」鈴木すずきち氏の記事にも具体的に記されています。そんな人間が有名希望で作った映画に納得しては9.11被害者に申し訳ないと思います。
http://www.1101.com/suzukichi/2006-10-27.html
こういうでっちあげ映画を鵜呑みにして広めるのも同罪だと思います。9.11と真珠湾とかケネディ時代の陰謀の話は、全くレベルの違う話です。それを「同じ陰謀」として扱うことがそもそも間違いだと思います。
渡野川@管理人
2006/11/23 23:50
>渡野川@管理人さん
私としてはLooseChange作成者のディラン・エイブリーについてほとんど何も知りませんが、「ドキュメンタリー」かどうかは見る本人が判断すべきことであり、こういう「作品」を作ることも、こういう作品があることをブログに書くことも、また渡野川@管理人 さんがしているように、それに反対して別の立場から批判することも言論の自由だと思っています。私は特にこの映画の内容をすべて「鵜呑みにして広め」ようという意図はありません。映画の内容については一人一人自分で判断するべきことでしょう。・今回のTB&コメントでいろいろとこの事件についての新たな情報が得られてよかったと感謝しています。
ヒロシ
2006/11/24 15:41
こんにちは。また来ました。TB認めていただいて感謝します。TB送るようなことはしないのですが、せっかくレスもいただいたのでまたコメントさせていただきます。Loose Change=ルース・チェインジはドキュメンタリー映画ではありません。でっちあげだらけのプロパガンダ映画です。メディアが報じた映像つなぎ合わせてどれだけウソを真実であるかのように思い込ませ人を扇動することができるか試してみている愉快犯の作った映画です。いわば、不幸の手紙とかチェーンメールと同類のものだとお考えください。不幸の手紙の蔓延を防ぐには、それぞれの感じ方に任せる、ではだめなのです。受け取った人間が他の人に廻さない、広めないように努力しないといけないのです。
渡野川
2006/12/03 08:50
>渡野川さん、
たしかに映像を使ってどれだけ説得力を高められるかという点では、かなり興味深い作品だと思います。しかし、不幸の手紙のようにそれが蔓延するのを積極的に防ごうとは思いません。(かといって、日本語版を作って売ってお金もうけをしようという人にはちょっと引きますが。。。)本当にプロパガンダ100%だとしたら、そういうものにまったく触れずにいるというのは果たしていいことでしょうか。もしそんなものがない温室で育って、そういうものに対して無知のままだったら、陰謀説というものに対する免疫が弱くなってしまうと思うんですよね。それはいかんのではないでしょうか。まあお互いに合意できない違いがあるということがわかったと思うのですが、このへんにしておきましょうか。
ヒロシ
2006/12/04 11:14

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
9.11陰謀説に思う もっと学ぼうニッポン:ブログ時代の日本語学習/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる