もっと学ぼうニッポン:ブログ時代の日本語学習

アクセスカウンタ

zoom RSS ユニクロ フラッグシップストア in SOHO、米国版ロゴ

<<   作成日時 : 2006/08/18 12:45   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 6

昨日の新聞にユニクロのフラッグシップ・ストアとなる新店舗がソーホーにオープン予定というニュースが載ってました。今あるソーホーの店舗は切り替わりで閉まるそうです。GAP, Old Navy, Abercrombie & Fitch, American Eagleなどと対抗する日本ブランドとして、がんばってほしいです。

なぜだか分かりませんが、ロゴの色が海老茶から朱色になって、フォントも微妙に変わっています。どういう意図があるのかわかりません。右のが日本ので、左の二つがアメリカのです。(サイズが微妙に違うかもしれませんが、もともと違うものを拡大縮小してそろえようとしたためです。)
画像

UNIQLO
546 Broadway(bet Prince & Spring), New York, NY 10012-3912

それから、このユニクロのグローバルサイトのフラッシュのアニメがくらくらするほど色々な動きをします。カーソルにも少し反応するみたいですね。気に入ったらスクリーンセイバーとしてダウンロードもできるそうです。(って誰がするんだろう。。。)

この秋にオープンするフラッグシップストアのことを日本語のサイトでは、旗艦店と呼んでいました。ちょっと物々しい訳だなぁと思ったのですが、検索した普通に使われているんですね。ファッション用語にはうといもので。。。

「売り場面積はユニクロ史上最大の1000坪」だそうです。1000坪って言われても想像つきませんが、大きいことは分かります。やはり東京ドームと比べてもらわないと分かりませんね。(そんなに大きくないかな)おっとアメリカ人相手には、フットボールのフィールドでいくつとか言わないといけないかな。この賭けがどうなるか、少し気になります。

人気blogランキングに登録中。クリックお願いします。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
ユニクロの本社って私の故郷、山口にあるんですよね、確か。
その意味でも頑張って欲しいです。
いえ、私はユニクロファンではありませんが(笑)。
みーこ
2006/08/19 08:15
>みーこさん
おお、そういえば、そちらのほうだと思っていましたが、ユニクロも山口だったんですね。やはりちょっとその面でも気になるでしょうね。
ヒロシ
2006/08/19 12:23
いやーそのー、個人的な希望を言うとユニクロ、日本ではもっと「普段の仕事着」に使えるウェア(それもアイロンしないでいいもの、どっちかというとオフィシャルな場のジャケットインナーやボトムで「実はユニクロ」って感じで使えるようなもの)をきちんと作ってくれんかのう…と思うんですよ。買いに行っても、イマドキの30代が使える製品がないんですよねえええ。普段着のTシャツばっかり買えんしなあ。なのに店に来るのは女性のほうが圧倒的に多い…。最近近くの店舗も閉鎖されちゃったし、どうもパッとしない感じです。アメリカ進出する前に、もっと「質はそこそこでもアホみたいに安い」という路線を日本国内でも突っ走ってほしいなー。と期待してます。
シーラカンス
2006/08/19 23:52
>シーラカンスさん
んー、サラリーマンのときに買ったシャツは全部基本的にノーアイロンのだったのを思い出すお話です。私もユニクロでTシャツとチノパンぐらいしか買いませんが、あ、でも今年の夏には甚平が安かったので買いました。娘もいろいろなところから甚平を頂いたので、おそろいになってよかったです。・今でも十分「アホみたいに安い」と思うのですが。。。
ヒロシ
2006/08/20 12:07
ユニクロのシンプルで丈夫な造りはとても気に入っています。
それに、ものすごく安いですよね。
ですから、バカ売れするのは当然なのですけど…
しかし、私自身、ユニクロ愛用者のくせに、あの「アホみたいに安い」というのは内心、非常に問題ではないかと思う一人です。(100円ショップも)
日本人が作ったら、あれほど安くはできませんよね。中国で生産してるからですよね。結局、生産地の低賃金を促進しているのではと思うと同時に、日本人の美徳である「物をたいせつにする気持ち…モッタイナイ思想」を奪っているようにも思うのです。
主婦には、実際、安くて質も良い物ですから、本当に助かっているのですが、やはり、1000円のものは1000円の扱いで、つい安いからというので粗雑に(名古屋弁でいう駄々草)扱ってしまいます。しかし、これが5万くらいの洋服となると、買うにも着るにも、よくよく考えて、大切に、長く着るようになります。限りある資源を大切に使い、発展途上国の人々の労働力を正当な評価につなげるためにも、もうそろそろ、私達市民は、「安いから良い」という発想を切り替える必要があるのではと 思います。
KISHIKO
2006/09/09 23:42
>KISHIKOさん
「アホみたいに安い」のは問題かもしれませんね。中国で低賃金で働かせているのは、以前のナイキの靴の製造と同じくsweatshopを展開しているのか、またはそれなりに「まっとうな」賃金を払って労働者は喜んで働いているのか、健康保険は出されているのかとか労働者を取り巻く状況がどうなのか消費者にはわかりませんもんね。もしかしたら結構ちゃんとしているかもしれないけど、もしかしたらひどい条件を中国の労働者に押し付けているのかもしれないですからね。それに、環境の規制が甘いという話も聞くので、日本では禁止されているような有害物質の環境への放出を経費削減のためにしているのかとか実際のところはわかりませんよね。それから、確かに安いと大切にする気持ちが薄れるってのもあるかもしれませんね。私は安くてもなんでも大切にしようと思っていますけどね。
ヒロシ
2006/09/10 23:48

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
ユニクロ フラッグシップストア in SOHO、米国版ロゴ もっと学ぼうニッポン:ブログ時代の日本語学習/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる