もっと学ぼうニッポン:ブログ時代の日本語学習

アクセスカウンタ

zoom RSS 学会で14年ぶりにお会いした先生

<<   作成日時 : 2006/08/06 21:04   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

今私の大学に日本語教育の大きな学会が来ています。
300人程度の予定が、増えて550名ぐらいになっています。
世界大会という名前だけあって、日本、米国だけでなく、韓国、中国、オーストラリア、オーストラリア等から人が来ています。そこで14年ぶりにお世話になった先生にお会いしました。

大学生のとき、夏に米国の高校生の日本語キャンプでボランティアをしました。その先生は、そのコーディネーターをしていらして、1ヶ月ぐらい朝から晩まで森の中で一緒にいたのです。まあ、森の中といってもテント張ってするキャンプじゃなくて、何かバンガローのようなのがたくさんあるところですが、国立公園のそばでとても空気がおいしかったです。

イマージョン、つまり日本語漬けにするために朝から晩まで食事の時も日本語だけで話すというプログラムで日本語の授業もありましたが、文化のクラスもあって、私はなぜかカラオケのクラスを担当していました。高校生に歌を選ばせて、レーザーディスクのカラオケマシーンで一緒に練習したりしていました。

スタッフは何十人もいて、私はその一人だったのですが、そのときの経験で日本語教育を志す気持ちが強くなったのです。キャンプが終わってから、先生のご自宅に呼ばれてご家族にお会いしたのですが、そのときに会ったお子さんがまだ子供だったのに、今はもう大学生になったとかで、時の流れを感じました。

昨日は、またブログの日本語教育利用で発表したのですが、そのことについてはまた書きます。。。今日はスタッフとしてセッションの写真を撮ったりしなくていけないので、そろそろいきます。

人気blogランキングに登録中。クリックお願いします。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
先生にお会いして、学生時代に還ったような気分だったでしょう?
私は大学を卒業してから一度も学会に出ていません(^^;
そういえば、同じゼミだった友達が、臨時で日本語教師をしているようです。
大学在学中は留学生に日本語を教えていたようですよ。
ヒロシさんが「日本語教師になりたい!!なろう!!」と思われたきっかけはなんですか?
みーこ
2006/08/08 00:40
みーこさん
きっかけはですねー。まーいろいろありますけれども。月並みですが、高校のときにカナダでホームステイをして、外国人としてその土地の言葉を習うというのを身をもって体験し、異文化での行き違いや言語学習そのものがときに辛くもあり、自分の国、文化、言語を外から見直せて面白くもあることを知りました。そんな現場に近いところにいたいなぁと思ったのがきっかけですね。あとは、日本語って知ってるはずだけど、説明できないことがいっぱいあって、それがまた難しくも面白かったというのも理由の一つです。
ヒロシ
2006/08/09 14:43

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
学会で14年ぶりにお会いした先生 もっと学ぼうニッポン:ブログ時代の日本語学習/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる