もっと学ぼうニッポン:ブログ時代の日本語学習

アクセスカウンタ

zoom RSS ストーリー性物乞い

<<   作成日時 : 2006/06/13 12:45   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 18

ニューヨークは変な人に事欠きません。変な人といっても、いろいろで、基本的に普通だけどちょっと失礼なひと(それってNYの50%ぐらい?)から、パークアヴェニューの日本総領事館の入っているビル付近の道の真ん中のアイランド(というのかな)で神への信仰を説いているような人もいれば、地下鉄の中で電池を売っている意味不明な人も見ます。

道を歩けば、小銭をくれっていう人もいます。座りながら、体を震わせて言っている人もいれば、立ち尽くして、壊れた機械のようになっている人もいます。キャッチセールスのように、少し歩きながら歩幅をあわせてくる人もいるし、いろいろです。

私の弱さが露呈して、いらっと来るけど、ある意味ちょっと面白いかもと思うのは、ストーリーを語る物乞いです。出没するのは、ペンステーションなどのターミナル駅付近に多いです。

そんな人は、見た目は割りと普通に見える人も少なくありません。

まず、道でも聞きそうな顔してわりと自然な感じで近づいてきて、「私はロングアイランドに住んでいる。うちに帰りたいんだけど、今Xドルしかない。電車・バスの切符を買うのにあとXドルいるんだけど、くれないかなぁ。」という。こっちは、一瞬でも警戒を緩めたことに恥ずかしくなって、「なんだよ。またかよ」と思うつつ、「ないです」と断ります。

この間もジョージワシントン・ブリッジのバスターミナル付近にいたら、まず、「英語話しますか」ってわりと普通の身なりのおっさんが声をかけてきた。「ええ、まあ」というと、「ニュージャージーに住んでて、うちに帰りたいんだけど、1ドル50セントしかなくて、あと2ドルいるんだけど、ありませんか」ときた。「けっ、またかよ」と思いつつ「ありません」と答えながら、「英語全然わかりません」とでも答えて追い払っておけばよかったと後悔しました。

ストーリー付きでせびる人は、ターミナル駅付近だけでなく、私の大学のキャンパスにも出没します。5年間のうちで、2,3回遭った経験があります。その人たちは、「急いで、ペンステーションに行かなきゃいけなくて、最後の電車があと30分で出るんだけど、お金が少し足りなくて」などと言ってました。

本当に悔しいことに、毎回初めの0.5秒ぐらい気を緩める癖が直りません。

一方で、このストーリーの内容を分析して研究してみたい気まぐれな衝動に駆られるますが、一方では、「一発で見抜いて、ずばっと断れるようにならないといけないな。自分はまだまだ甘い。NYに住んで5年、慣れた気になっているけど、まだ修行が足らぬわい、とかぶとの緒を締めなくては」という気持ちにさせられます。

そういう意味で、このストーリー性物乞いさんたちには、引き続き時々自分を試してもらったほうがいいのかもしれません。

人気blogランキングに登録中。クリックお願いします。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(18件)

内 容 ニックネーム/日時
そんな物乞いさんがいるんですね。でも普通っぽい人だったら見抜くのはむずかしそう... どうせなら、ドカンと笑わせてくれるようなストーリーでも聞かせてくれたらいいのにと思いますね。
Yukako
2006/06/13 15:44
私だったら最後まで話を聞いて「ないです」と言ってしまいそうです。
アパートに住んでいた時「水道の切り替えに来たので玄関口までお越しください」と言った訪問販売を思い出しました。
浄水器を売るセールスマンらしいんですけど「水道」と聞いて「役所関係」かと思ってしまいました。
単刀直入に「金くれ」と言ったのでは誰も立ち止まってくれないから、話から入るんでしょうね。
そんな時間があったら働けばいいのに〜。
みーこ
2006/06/13 15:45
>Yukakoさん
ドカン、そうですね。本当に面白かったら、ざぶとんのかわりに出してもいいかも。ある意味、地下鉄の中で歌うたっている人のほうが芸がありますね。

>みーこさん
浄水器ですか。たしかに水道なんて言われると、水道局からきた人みたいですね。
ヒロシ
2006/06/13 21:26
アメリカでも日本でもありますけど、どういう事情でああなってしまったのか気になりますね。本当に不運に見舞われてという人もいるでしょうから、そういう人を断ってしまうのは、罪悪感がなきにしもあらず、、、。

私が効果的だと思うのは、電話のそばに立って「電話かけたいんだけど、クォーターない?」なんて言ったら、すぐもらえそうですけどね。
あとは、駐車メーターのそばで、さも自分の車を止めたふりして「ニッケルない?」なんて言われても、ポケットにあればあげてしまいそう。
やっぱり、言われる場所と値段がポイントかと思ってます。
Kazz
URL
2006/06/13 23:04
駐車メーターのためのクォーターを求められることは結構ありません?この場合、自分がなくて困る状況が十分ありうるのであればあげます。
あと子連れの物乞いに弱いですね。子どもに食べさせるためにお金くれ、と。でも子どもが丸々太ってたりして。ちょっとあげる場合と、迷いつつあげない場合とあります。
FH通信
2006/06/14 01:24
海外から来た人は、日本のホームレスがお金の無心をしないことに驚くそうですね。そちらにはそんな逞しいホームレスもいるんですね。私ならあげちゃうかも。
ホームレスだった時一番辛かったのは道行く人の無関心さでした。物食べて歩いてる人なんて見たらもう殺意に近い感情抱きましたね。
最近東京でちらほら見かけるビッグイシューという雑誌、定価200円のうち110円が販売者であるホームレスに入る仕組みだそうです。意欲のある人にはチャンスを、っていい試みだと思います。NYにもありますか?
ACHI
URL
2006/06/14 03:05
>Kazzさん
いわれてみれば、クォーターぐらいあげたことがありますね。でも明らかに、本当に止めようとしてて、だましているんではない(と思ってたけど。。。)という状況だったので、ついあげてしまいました。でも自分では聞いたことないな。

>FH通信さん
そうそう、ときどき子連れのがいますね。子連れといえば、銀座にロシア人だか東欧系の人で、子連れの人を見たことがありますけど、まだいんのかな。ちょっと反則だし、そんな風にダシに使われた子供の将来への影響が心配になりますね。

>ACHIさん
ホームレス経験者ですか?Nyにはもとホームレスでライターの人がいますね。今はパートタイムでホームレスだそうです。男性、名前が思い出せないけど。ビッグイシューって初めて聞きました。Big Newsってのがあるみたいです、NYにも。でもみたことないですね。
ヒロシ
2006/06/14 05:26
サンフランシスコでBART(地下鉄みたいな電車)の駅で切符を買おうとしていた時、見知らぬ男が「どこへ行くんです?お助けしましょうか?」と声をかけてきました。あれは、無視するのが鉄則で、「ええ、○○まで行きたいんですが・・」とか答えると、最寄りの駅名と路線を教えてくれるのですが、ガイド料を1ドル要求されるそうです。英語が不得手な観光客を狙った「親切さ」を装った「物乞い」ですね。「道を教えたんだから金を貰ってなにが悪い」と逆キレされるのは怖い。(苦笑)

インドの大都市(デリー)で空港ビルからタクシー乗り場までの間に男達がたくさん立っていた。彼らは旅行者のスーツケースを勝手に持ち、タクシーまで運んでから、一個いくらでお金を要求してきました。呆れましたが、「ここはインドだ」と諦め、最小単位のお金を渡しました。これも観光客狙いの「親切さ」を装った「物乞い」です。

ストーリー性は、ないです。(笑)もう、ひたすらカモを探している。デリーでは僕がそのカモになりました。要求された額を払わなかったのが小さな抵抗でした。そいつは怒ってましたが、勝手に運んで怒られても困るんで。(>_<)
asianimprov
2006/06/14 12:53
>asianimprovさん
サンフランシスコでもそんな人がいるんですね。これからはNYでも地下鉄の地図を見て困ってそうな人がいても無視したほうが誤解されなくていいかも。ってそんなにしませんけどね。

その荷物持ちに持ち逃げされないだけいいのかもしれないけど、ちょっとびびりますね。いきなり何も言わずに持っていかれたら。
ヒロシ
2006/06/15 05:08
ヒロシさんが0.5秒ひるんでしまうのに自己嫌悪している姿が面白い!
ストーリー性があるといってももう一ひねり欲しいなあ、と思いました。
普通の身なりだとすぐさま見抜くのは難しいと思いました。顔や目つきで見抜けるようになったらすごいですね。精進してください!
スー
2006/06/16 10:24
私も何度かストリー性物乞いにあったことあります。一番わけ分かんなかったのは、「5歳の子どもを置いたまま車の鍵をかけてしまった。ロックスミスに電話をしたいが小銭がないのでくれないか?このままじゃ子どもが窒息してします。」みたいな感じでした。まず、5歳の子どもだったら中から鍵ぐらい開けられるだろうって話ですよね。それに車の中にいて窒息しちゃうなら誰も車に乗れないだろう、、、って。。。。。
ruri
2006/06/16 12:01
ずっと前、駅の改札付近での待ち合わせ時に、小学生の女の子が券売機の前で半泣きでポケットやら地面やら必死になって探していました。
しばらく探し続け、それでも見つからない彼女は目があった私をしばらく見つめ、意を決したように近づいて来て「100円無くしちゃいました。お母さんが待っている駅まで行かなければならない。ごめんなさい、100円くれませんか?」と言いました。もちろん私は100円を渡したんだけど…私も騙された?
海流ママ
2006/06/16 12:04
それが日本で、しかも小学生ならば、だまされてないと思うんですがねえ…日本の小学生でそこまで演技力があるなら「ええもん見せてもぉた(by大阪弁)」ということで100円は安い!のではないでしょうか…違う???>海流ママさん
シーラカンス
2006/06/16 20:14
>スーさん
筋金入りのニューヨーカーなら、頭から無視するんじゃないかと思うンですが、なりきれてないってことですね。精進します!

>ruriさん
それはずいぶんわけわからんですな。それにしても窒息する車って、怖すぎですね。子供をだしに使おうとしているけど、失敗してますね。

>海流ママさん
それは、騙されたんじゃなくて、本当にそうだったじゃないかと思いますよ。小学生の子に、助けてくれる優しそうな人だと思ったんじゃないかと思います。
ヒロシ
2006/06/16 20:29
>シーラさん、ヒロシさん
だよね?だよね??
さすがにあれは演技じゃないとは思ったけど…もしかして?なんて。
そう、私は一人の困った少女を助けた!!と信じますね〜〜
海流ママ
2006/06/18 14:08
>シーラカンスさん
私なら小学生のときに、そんな演技もできなかっただろうし、大人にちゃんと助けを求められなかったのではないかと、考えてしまいました。

>海流ママさん
そうですよ。一日一善ってやつですかね。
ヒロシ
2006/06/18 18:54
確かにいろいろみんな考えますよね、、、ぜんぜん物乞いっぽく見えない人も多いですし、、、私は知らない人の話は一切聞きません、、、とはいってもものすごく疲れていたりするといつの間にか聞いていることもありますが(笑)
しんじ
2006/06/21 09:56
>しんじさん
そうそう、見えない人もいるのが不思議ですね。何してんのか、いったい。。。対処としては知らない人の話を聞かないのが一番いいんでしょうね。やっぱり。
ヒロシ
2006/06/22 12:26

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
ストーリー性物乞い もっと学ぼうニッポン:ブログ時代の日本語学習/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる