もっと学ぼうニッポン:ブログ時代の日本語学習

アクセスカウンタ

zoom RSS 「ここはアメリカ。注文は英語で」Englsih-only sign stirs ire

<<   作成日時 : 2006/06/10 21:53   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 9

シックスセンスの舞台、フィラデルフィアの名物といえば、フィラデルフィア・チーズ・ステーキですが、その老舗Geno'sで注文するときには英語を使わなければいけないというサインが出て、一部のヒスパニックからこのサインが人種差別的だという指摘がなされています。
画像

This is America. WHEN ORDERING SPEAK ENGLISH

オーナーのジョセフ・ベント(66)は、「彼らは恵まれていると思わなければいけない。我々は英語を習うように言っているだけなんだから。これは彼らのためになることで、彼らを手伝ってあげようとしているんだ。でも、彼ら自身も自分たちで努力しなければいけないんだ」と弁明しているそうです。移民と言っているけど、ようはヒスパニックを対象にしていますね。日本語や中国語で注文しても絶対通じないだろうし。スペイン語なら、それだけ実は店で働いている人にもヒスパニックがいるだろうし、そうじゃなくてもわかるひとが多いんじゃないかと思います。

ちなみに、ベント氏はイタリア系で、祖父母は1920年代のシシリアからの移民で、他の多くの移民と同じように苦労して英語を習ったそうです。

元ネタはFoxNewsです。


日本で「ここは日本だから、注文するときは日本語で」なんてサインはありえませんね。というか日本語じゃなかったら、普通の店では通じないだろうし。それに、注文するのに、言葉は要らないですよね。ほとんど、指差して、1とか2とか指を立てればいいし。ファーストフードの店が口出しすることじゃないと思うんですけど。。。

でもこんな風にでもメディアに取り上げられると、宣伝にはなるのかもしれませんね。おかげで、私も聞いたことなかったけど、今度フィラデルフィアに行ったら食べてみようかと思います。まんまと乗せられてますね(汗)。
人気blogランキングに登録中。クリックお願いします。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
無料レポート 日本語教師
日本語教師になるために必要なことって何だと思いますか? ...続きを見る
日本語教師@ブログ
2006/06/11 01:12

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(9件)

内 容 ニックネーム/日時
私もこのニュース見ました。食べたことないですけど、美味しそうですよね。でも、カロリーなんかも同時に表示されてたんですけど、無茶苦茶高かったですよ。脂肪も40gぐらいあった気がします。

あの表示はどうなんでしょうかね。確かに、ちょっとoffensiveな印象もありますけど。でも、外国に行って、現地の言葉が話せなければ自分の言葉を使ってしまうのも仕方ないと思いますし。お店側も、本当にスペイン語が話せなくて分からないなら、商品を売ることはできないわけで。
アメリカみたいにここまでスペイン語の助けが色々とあれば、移民の方も必死に勉強しようとは思わないですよね。
Kazz
URL
2006/06/11 01:17
質問:アメリカでは英語を使わなければならないという決まりはどこかにあるんでしょうか。憲法か法律かで。無いような気がしますが。
手話を使う人にも問題のあるサインですよね。すぐに降ろさなければならなくなるんじゃないでしょうか。
ところで(現在は知らないですが)2000年以前の日本には、白人だと見るとよく分からない英語で接客する店員がよくいました。日本語で通じるのに下手な英語に付き合わせられる、というわけです。
FH通信
URL
2006/06/11 11:22
私が相手の母語を話そうとするのは敬語に近い感覚ですね。コミュニケーションが円滑になるツールというよりかは、尊敬の気持ち。その店主さんももしかしたら「俺と俺の国と俺の焼くステーキをもっと敬え」と言いたいのかもしれませんね。
ACHI
URL
2006/06/11 14:21
(多くの国の人の集まりの)アメリカのイメージにしっくりこない看板ですね。変わり者のオヤジさんなのかしら。
スー
2006/06/11 15:07
英語を話せるのにわざとスペイン語で注文しているというわけではないのですよね、このサインは人種差別的に感じられます。私はこういうサインがあるお店には入らないですねー。メディアを利用して確かに宣伝上手かも(笑)
ruichan
URL
2006/06/12 09:35
米国では「多言語による教育」と「とにかく英語を勉強すべき」の間で論争があったと記憶していますが、あれはどうなったんでしょう?
asianimprov
2006/06/12 15:43
>Kazzさん
そうそう、英語話者にはスペイン語で結構どこでもなんとか通じるくらい英語話者には、なんでここでもスペイン語の選択があるんだろうと思わせられることが多いからいらつくんじゃないかと思います。政府関係だろうとビジネス関係だろうと「スペイン語をご希望の方は2を押してください」って言われますもんね。

>FH通信さん
英語の正式な言語としての採用、まさにそのことを移民法の改正にあわせて、やっているのかなと思っていましたが、、、どうかな。確かに手話の人たちはまったく無視していますね。ある意味アメリカンサインランゲージっていうくらいで、アメリカンが入っているからいいのかもしれないけど。・たしかに見える相手が非日本人だと自動的に日本語がブロックされてしまう人がいますね。今もいるのでは?
ヒロシ
2006/06/12 19:23
>Achiさん
敬語ねぇ、そうかも。もともと移民のくせに、移民に冷たいそれがアメリカと言えなくもないですね。

>スーさん
たしかに変わり者おじさんかもしれません。ちなみにこの写真に映っているひとはタダの従業員で、決めたおじさんの写真は別のところにあります。

>ruichanさん
そうですよね。スペイン語で注文したくらいでたいして変わんないと思うんですが、感じ悪いですよね。でも両方に苛立ちがあるみたいですね。
ヒロシ
2006/06/12 19:23
>asianimprovさん
おっと見逃してました。論争はですね、まあまだ続いているというか、英語を正式に国語にしようと移民法改正とともに論議されているんじゃないかと思います。まだ決まったわけではないですけど。仮に決めたとしてもどれほど効果があるかわかっったものではないですけどね。
ヒロシ
2006/06/13 21:28

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
「ここはアメリカ。注文は英語で」Englsih-only sign stirs ire もっと学ぼうニッポン:ブログ時代の日本語学習/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる