もっと学ぼうニッポン:ブログ時代の日本語学習

アクセスカウンタ

zoom RSS 陪審員に白人黒人が混在していたほうが、より深く審議し、人種問題に敏感になる傾向あり

<<   作成日時 : 2006/06/19 21:42   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 10

NYのローカル日本語新聞に出ていた記事からですが、模擬裁判での実験によると、陪審員が白人だけよりも、白人黒人混在のほうが、全体的に長く審議し、特に白人が人種偏見により敏感になっていたそうです。

元ネタ:「性格と社会心理学」2006年4月号に載った記事(Racially Diverse Mock Juries Have Wide Ranging and More Accurate Deliberation Discussions, Says Study 2006.4.9)
模擬裁判:白人女性に暴行を加えた容疑の黒人被告にたいする裁判の審議
陪審員:ミシガン州の郡裁判所の陪審員121人と新聞広告で募集した79人の計200名の陪審員
白人のみの陪審員団:14組 うち5組が人種偏見問題に言及
白人・黒人混成陪審員団:9組 うち7組が人種偏見問題に言及

特に面白いと思ったは次の点です。
「特に積極的に人種偏見について話し合おうとする姿勢が見られたのは、黒人陪審員ではなく、混成グループの中の白人陪審員だった」

つまり、「白人は、白人だけでなら、あまり人種問題に気にせないくせに、陪審員に黒人が混ざっているだけで、急に意識しだして、一生懸命人種問題について触れ、長く審議する」ってことです。

ちょっと偏見入っていますが、やっぱり、自分たちだけでいるときにはあまり気にしないんじゃないかよ、おいってことです。アメリカでは、公正な審判のためにも人種構成を混ぜていたほうが、いいのでしょうね。

あるいは、これを無理矢理一般化すると、「多数派が圧倒的にいる」ことによるのかもしれません。日本でも陪審員制度もどきのようなものが導入されるかもしれないらしいですが、同じような人だけでなく、いろんな人を混ぜていたほうがいいってことですかね。


人気blogランキングに登録中。クリックお願いします。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(10件)

内 容 ニックネーム/日時
それって多分、男女でも同じことが言えるんじゃないかって思います。要するに、グループの中に適当に男女混ぜ込んでおいたほうが、互いの立場に気を遣う言及が互いにあって平和だ、ってことかもしれません。
シーラカンス
2006/06/19 22:06
>シーラカンスさん
そうですね。男女にも言えるかもしれませんね。審議の前に、「黒人の被告に対して公平に判断を下すことを妨げるような偏見をもっていますか」「あなたの意見では、被告の人種は警察官の被告の扱い方にどのような影響があるでしょうか」などと人種に対する意識を喚起させるような事前アンケートを受けたグループではよりそのことについて意識が上がって、人種に関するアンケートがなかったグループよりもより長く話し合ったそうです。面白いのは、黒人じゃなくて白人のほうががんばったってことです。ジェンダーについても何か偏見や蔑視のないように事前にアンケートすると、女性があまり主張しなくても、男性ががんばっちゃうんでしょうかね。
ヒロシ
2006/06/20 20:11
日本の「学識経験者」が集められて話し合う時にも、そこらの普通の人を混ぜてもらいたいです。
審議の前に事前アンケートをすることによって、問題意識がより明確になって、あれこれ深く考えられるようになるんですかね。
みーこ
2006/06/20 23:27
これは想像できますね。日本だって、人種や肌の色に対する偏見は強いから。もし僕が日本における外国人の犯罪の陪審員になったら、人種差別的な出来事の有無についてはナーバスになると思います。

しかし、陪審員制度って、日本になじむのでしょうか。法律的にはさっぱりわかりませんが、情緒的な部分で日本に適合するのかなぁと心配します。
asianimprov
2006/06/21 11:26
こういった事って「目に見える違い」が大きいのではないでしょうか?
白人と黒人は明らかに見てわかるし、男女もそうですよね。
周りにそういったメンバーがいれば「ここんとこは気をつけないと…」とか意見を言う際に気をつけたりして。
考え方の違いとか宗教の違いとか、見た目にはっきりとはわからない時は違うんでしょうね〜〜。
海流ママ
2006/06/21 14:31
ジェンダー問題は女性が混じっていてもおじさんに押されてだめでしたよ。でも女性がいなかったらもっとダメだったのかも。
第三者の感じ方としても両方の立場の人が混ざった中で出された結果のほうが納得できると思います。
スー
2006/06/21 23:17
ああ、わかる気がする。。。先々週主人(NY出身アメリカ人)の実家に不幸があって10日ほど緊急帰国していたのですが、主人の家族(白人)が私がいることによって人種問題のみならず、文化のトピックに対してものすごく「敏感」になるんですよねぇ。明らかに気を使っていることがわかるんですよ。普段そうじゃないことはだんなと家族の普段の電話の会話と聞いていればわかるんですけどねぇ。まあ私としては気を使ってもらって文句はないですが。。。
それにしても香港に戻ってほっとするのは「主人の実家」から戻ったというだけでなく、NYにいると疲れる、という何かがあると思うのは私だけでしょうか。。。
香港ツインママ
2006/06/22 06:30
>みーこさん
そうですね。学識経験者って専門家の視点が必要なときにはもちろんいいですが、そればかりでも専門家過ぎて、一般の感覚とずれたりしてると困りますもんね。アンケートで、結構意識が高まるみたいですね。審議を始める前に、アンケートをしただけでその内容が有罪かどうかの判断に影響を与えたと書いてありました。

>asianimprovさん
日本の制度ではだいぶ米国のと違うらしいと聞いたのですが、どうですかね。まあそれで迅速な裁判が進めばいいとは思いますが、まだわからないですね。でも実際に、出頭するようにって言われたら、面倒かな、やっぱり。

>海流ママさん
するどいー。たしかに見た目でわかりやすいほうが意識しやすいですよね。そして、勝手にお互いに思い込みもあるかもしれないから、見た目でわかりにくいことのほうが難しいですね。
ヒロシ
2006/06/22 13:07
>スーさん
なるほど。常におじさんが押し切るというわけでもなく、組み合わせによってはおばさんが押し切ることもありえると思いますが、まあ、その辺は微妙ですね。おじさんでも、おばさんでもいろいろいると思うし。白人の場合は、人種差別に気をつけることが、自分自身の高い評価につながるということが明らかなので影響があるんだと思われます。逆に、まわりの白人が気をつけているのに、自分が本心かどうかは別にして、気にするそぶりを見せないと、周りからマイナスの評価を受けかねないわけです。でも、おじさんの場合、女性に気を使うことで、自分の評価がちょっと上がったしても、気を使わないことで、同じくらいマイナス評価になるかといえば、そんなことはないと言えるかもしれません。
ヒロシ
2006/06/22 13:11

>香港ツインママさん
んー、ロングアイランドでしたよね?あっちはまたえっらい白人社会というイメージがありますね。しかも、みんなちゃんと教育を受けているからポリティカリーコレクトにしなくちゃと思いつつ、本音はまた微妙だったりして、って想像しているだけですけど。JoyLuckClubで白人と結婚した(しようとした?)人が相手のお母さんと話すシーンをなんとなく思い出しました。あ、そういえば、香港出身の友達にYou fatとか普通に言うのかいって聞いたら、そんなことないと思うけど、そういわれたらそれだけ近く思ってくれるということじゃないかなぁと言ってました。
ヒロシ
2006/06/22 13:11

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
陪審員に白人黒人が混在していたほうが、より深く審議し、人種問題に敏感になる傾向あり もっと学ぼうニッポン:ブログ時代の日本語学習/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる