もっと学ぼうニッポン:ブログ時代の日本語学習

アクセスカウンタ

zoom RSS ATOK日本語テスト

<<   作成日時 : 2006/02/03 08:38   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 2

ちょっと「いまさら感」のあるネタですが。。。
かなり前に、ELさん記事で、読んで知り、やってみようかなと思っていたら、やまじゅんさんから「挑戦状」(汗)をトラックバックで頂いていて全国一斉!日本語テストを受けました。(おっとMegasmileさんもうけてましたね。)

結果は、71点。学期末に成績をつけるときには71点なんて「C-」で、次の学期に続けてられないようなレベルなので、良くない印象。なのに、ATOKのではよくできたと言われても、どんな分布になっているかもわからないしかなり不可解です。
画像

ボキャブラリーを増やそう
語彙の豊かさは、人生の豊かさにつながる大切な財産。和語・漢語・外来語のほかに、方言・俗語まで、ことばを覚えていくのは大変なことですが、興味さえ持てば自然と身につくのものです。まずは、あなたの好きな人/尊敬する人のことばを観察してみてはいかがでしょう。
ATOKに『明鏡国語辞典』をはじめ、『ジーニアス英和・和英辞典』も付属した[電子辞典セット]なら、日本語入力時にわからないコトバをすぐに検索。決まり文句を、その由来からていねいに解説していますので、総合的な語彙力を身につけられます。
と言われてしまいました。

ボキャブラリーで思ったのは、日本語学習者にとっては少ない語彙で言えることを増やすというのも一つのスキルじゃないかということです。OPI上級で求められる知らない語彙の言い換えに通じるし、語彙を増やそうということにはもちろん賛成ですが、「あ、これなんていうかわからない」とくじけるばかりでなく、他のことばでうまく言い換えられるようになることも必要だと思います。

同様に、当たり前のことですが、特に初級のうちは、日本語教師にとっては自分のクラスの学生の既習の語彙を常に把握して彼らが知っている単語だけで通じさせるということをしなくてはいけないのですが、そんなことにはこのテストはまったく関係がありませんね。そもそも母語話者用ですし。

その昔、パソコンにプリインストールされているワープロソフトは一太郎かマイ○ロソフトの「ワ○ド」かどちらか選べたものですが、その後どうなったんでしょうか。ジャス○シス○ムさんも大変なんじゃないかと思います。そこで、この日本語テスト。テレビでも出版でも日本語ブームですしね。普通の人が、「やや低め」の点数になって危機感を抱いて思わず電子辞典セットなど買い求めてしまうことを期待されているのでしょうか。いずれにしろこんな風に記事に書く人がいたらますます認知度はあがるし、いい宣伝になるし、マーケティングとしてはなかなかうまいかもしれませんね。

人気blogランキングに登録中。クリックお願いします。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(2件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
ATOK presents 全国一斉!日本語テスト
いつも面白い占いを配信して下さっているh-naritaさん 。 全国一斉!日本語テスト なんて興味深いテストを紹介されていたので、 またまた頂いてしまいました壁]´・ω・*) ...続きを見る
la nourriture de l&#...
2006/02/03 21:54
ブログ1周年記念アクセスランキング
気が付けば、お陰様でブログ開設1周年を過ぎていました。 スーさんに見習ってランキングをまとめてみました。10位からして700ヒット以上行って、1位の姉歯建築士の記事にいたっては、7444ヒットも行っているスーさんのとは比べものになりません。がんばって20位から載せてみました(ってあまり関係ないですね、)。 ...続きを見る
もっと学ぼうニッポン:ブログ時代の日本語...
2006/06/28 04:00

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
国語学科中退代表として意気揚々とテスト受けてみました。ガ!満点なんて程遠く・・・。このテストすごく難しかったです。
最近日本では「国語」に関するテレビ番組が林立してますよ。各局一個はこの手のクイズ番組を放送してるかな。変な言葉だけど「日本語ブーム」という感じ。
それから漢字検定の受験者もかなり増加しているそうです。
これはポジティブな現象というよりか、外国語習得を断念した人々の「せめて一ヶ国語ぐらいはまともに話せるようになりたい」という諦観にも似た願望の現われではないか?と思います。笑
ACHI
URL
2006/02/04 04:32
Achiさん
漢字検定ね、その昔僕も受けようとしたけど結局してないなぁ。級も上から下まですごくたくさんあるらしいですね。自分の母語の試験に必死になるのってそれはそれでいいのかなと思います。それにやっぱり漢字はなんと言っても東アジアをつなぐ架け橋ですしね。
ヒロシ
2006/02/06 00:25

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
ATOK日本語テスト もっと学ぼうニッポン:ブログ時代の日本語学習/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる