もっと学ぼうニッポン:ブログ時代の日本語学習

アクセスカウンタ

zoom RSS テフロン公害訴訟でデュポン社に1025万ドルの罰金

<<   作成日時 : 2005/12/27 16:58   >>

驚いた ブログ気持玉 1 / トラックバック 2 / コメント 7

テフロンに発がん性?の続報。12月15日のニュース(AP)でテフロンを作っているデュポン社がテフロン製造に使われる化学薬品(PFOA, perfluorooctanoic acid, C-8,パーフルオロオクタン酸塩)の危険性を20年以上隠し続けたことに対する裁判で1025万ドル(約12億円)の罰金と625万ドル(約7億円)の環境保全費を払うことになったそうです。

共同通信のニュース ウォールストリートジャーナルの記事

EPA(Environmental Protection Agency; 環境保護省)によるとこの種の罰金としては最大(largest civil administrative penalty)のものだそうです。ということはエリンブロコビッチで問題になっていた工場廃水の環境問題のものよりももっと大きかったということでしょうか。

デュポンのStacey Mobley氏によると、デュポン社はこの裁判で何年も戦い続けることもできたが、この事件を解決して次に進むことを優先させたと言ってます。

20年以上にもわたって、ウェストバージニア州のパーカースバーグ(Parkersburg)のそばにある工場の周辺の環境を汚染し続けてそうです。すくなくともこれまでその工場で働いていた一人の女性の子供に先天性の奇形が発生していたことがわかっています。

先日この方をテレビで拝見しましたが、なんとも痛々しかったです。この女性はこのことがあるまで自分がデュポンの工場で働いていたことと息子さんの形体異常の関連を考えたことはなかったそうです。きっとこれまでに、何らかの形で自責の念にかられたりしたこともあったのではないかと勝手に想像して心が痛みました。

これまでデュポン社はテフロンの製造時にPFOAが使われることは認めていますが、テフロンの製品そのものにはその危険性がないと言っています。というわけで使う分には安全だと言い張ってますけど、どうなんでしょうか。

前の記事の時に、娘の健康のためにもあわててフライパンを替えましたけど、ほんとにないんですよね、テフロンじゃないもの。ポットもあるし、そのほか調理器具以外にも日常生活の中に広く使われているテフロン製品、さらなる調査研究をしてはっきりしてもらいたいものです。

家で使わなくても、外食すればきっと使われているし、それを考えると暗くなっちゃうんですけどね。。。

関係ないですが、このウォールストリートジャーナルの記事の中でEPAのグラント・ナカヤマという日系人の名前が入っていて、「お、やった。がんばれ日系人」と思わずうれしくなってしまいました。

人気blogランキングに登録中。クリックお願いします。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
驚いた

トラックバック(2件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
ポップコーンが危ない:フライパンじゃなくてもPFOA汚染あり
つい最近CNNだかCNNHeadlineNewsだかで、見たニュースです。 電子レンジで調理するようにできている、バターで固められて袋に入っているポップコーンのほうがテフロンのフライパンなんかよりもずっとPFOA汚染の可能性があるということです。 ...続きを見る
もっと学ぼうニッポン:ブログ時代の日本語...
2006/05/05 17:34
ブログ1周年記念アクセスランキング
気が付けば、お陰様でブログ開設1周年を過ぎていました。 スーさんに見習ってランキングをまとめてみました。10位からして700ヒット以上行って、1位の姉歯建築士の記事にいたっては、7444ヒットも行っているスーさんのとは比べものになりません。がんばって20位から載せてみました(ってあまり関係ないですね、)。 ...続きを見る
もっと学ぼうニッポン:ブログ時代の日本語...
2006/06/28 04:01

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(7件)

内 容 ニックネーム/日時
本当に今の世の中、どこをみても調理器具はテフロンですよね。うちにもたくさんあります。
私もテフロンは危険かも・・・と思い、少しづつステンレス製とかに買い換えています。
あまり関連性はありませんが、こういう話を聞くと、ジュリアロバーツ主演の「エリンブロコビッチ」を思い出します。
aki
2005/12/27 22:58
「エリンブロコビッチ」、見ましたよ。
ジュリアロバーツ、かっこよかったな。
アメリカの良心みたいなものも感じられました。
テフロンは耐熱性や耐摩耗性もありいろいろな
ところで使われています。
物を滑らせる必要のある箇所に良く使われている。
穀物なんかの搬送経路なんかにも使われているんじゃ
なかったかな〜。(記憶が正しければ・・・)
ひろくま
2005/12/28 13:01
日本の石綿問題も電磁波問題も、みんな数十年しないとはっきりしないんですよね。なんか似ている感じですね。だれか具合が悪くならないとずっと隠されてしまうんですね。怖いですね。
テフロンは代替のものがでてくるかな?電磁波はたくさんありすぎて避けるのはなかなかたいへんです。テフロンも電磁波も身近なものはうまく付き合っていく方法を探っていくしかなさそうです。
それではヒロシさん、ご家族でよいお年をお迎えください!
スー
2005/12/28 14:13
テフロンが・・・。
かなり身近なもので、もうずっと使ってるものなのに・・・。
重たいし、手入れが面倒だけど、鉄分も摂れるし、鉄製がいいのかしら。
スーさんの言われるように、それらとはうまく付き合っていくしかないですよね。
知人は電化住宅にしたものの、電磁波が心配ということで、
IHに代わる調理器を購入していました。
みーこ
2005/12/28 23:39
>akiさん
エリンブロコビッチ、ありましたね。ジュリアロバーツが好演していたと思います。本人がテレビのインタビューに出ているのを見ましたが、今は実績に応じてというか、本当に堂々として、落ち着いていて、優秀で、自信があっていい感じの方でした。

>ひろくまさん
良心、そうですね。捨てる神あれば、拾う神あり。あれ、ちょっと違うか。でも中にはそんな正義感を持った人もいるというのがこの国のいい所かなと思います。テフロン、本当にいろいろなところで使われているんですね。

>スーさん
そうですね。アスベストもものすごくいろんなところに使われてたんですよね(確か)。壮大な人体実験はやめにしてほしいですね、ほんとに。電磁波は確かにありすぎですよね。家の中でどんなに避けても、毎日電車で通勤してたら意味ないって話も聞きますし。

>みーこさん
鉄は本当に重たいし、どう考えても使いにくいですよね。それから危ないなら危ないでもっとはっきりしてほしいと思ってるんですが、どうしたもんでしょうかね。
ヒロシ
2005/12/29 14:08
ステンレスのフライパン買いました!テフロン製以外のフライパンを探すのにとても苦労しました。大きなサイズを買ってしまったせいか、やたらと重いです。使っていくうちに慣れるかなと思ってましたが、やっぱり重い!ズシズシ腕に響きます(笑)
先日はホームベーカリーが買いたくて電気屋さんへ行ったのですが、中がテフロン製だったので買うのをやめてしまいました。やっぱりコワイですもの。
テフロンも電磁波も、自分でできるだけ避けるくらいの対処しかできないですね。
ところで、もうすぐ2005年も終わりですね。今年はヒロシさんのブログからいろいろなことを学ばせていただきました。そして日本語学習のことでアドバイスもしてくださってどうもありがとう。どうぞよいお年をお迎えくださいね。
Yukako
2005/12/31 02:14
>Yukakoさん
イタリアでもそうでしたか。探してもなかなかないんですよね、ステンレス製の。・ホームベーカリー、おお、パンブームはそちらにも飛んでいたんですね。でもほんとにポットとか炊飯器でテフロンじゃないのなんてまずないからゼロにすることはできないでしょうね。。。残念ながら。ではよいお年をって、そちらももう明けてますね。こちらはまだ2時間ぐらいありますが。こちらこそいろいろ知られざるイタリア事情をいろいろと教えていただき、ありがとうございました。
ヒロシ
2006/01/01 11:56

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
テフロン公害訴訟でデュポン社に1025万ドルの罰金 もっと学ぼうニッポン:ブログ時代の日本語学習/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる