もっと学ぼうニッポン:ブログ時代の日本語学習

アクセスカウンタ

zoom RSS ニューヨーク:割れ窓理論の応用で全米一安全な大都市に

<<   作成日時 : 2005/11/10 14:39   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 6

先日読んだ新聞によると、連邦捜査局(FBI)は先月全米犯罪白書(Uniform Crime Report)を発表し、その中で、ニューヨークは全米の25大都市の中でもっとも安全な都市だとされたそうです。

凶悪犯罪を見ると、特に婦女暴行では全米で0.8%増えているのに対して、ニューヨークは11.2%の減少、殺人は全米2.4%減に対して、ニューヨークは4.5%減と犯罪が更に減少している状況がみられるそうです。

また、2001年から2005年の間の全米での犯罪の減少のうち、20%はニューヨークでの減少によるものであったそうです。

今週の火曜日はニューヨークの市長選でもあったのですが(当然外国人の私は選挙権がないので選挙には行ってません)、現市長のブルーンバーグが再選を果たしました。共和党です。ニューヨークは街全体としては民主党が強いのですが、市長は4期連続して共和党が占めています。
前市長はジュリアーニ(1994年1月から2001年12月まで)でした。

ジュリアーニの前はもっと犯罪率が高かったのですが、その元検事という経験を活かして治安向上に取り組み、見事に犯罪率の低下に成功しました。ジュリアーニが取った対策は、割れ窓理論に基づき、小さな犯罪も徹底的に取り締まることで、意識改革を行うというものです。

割れ窓理論というのはビルの窓が一つ割れたまま放置していると、それを見た人が、「ここはみんなどうでもいいと思っている思っている」「誰も何も取締りをしていない」というメッセージになり、更なる 公共物破損(vandalism)や、犯罪を招くことになるという理論です。

その対策としては徹底的に小さい犯罪もかまわず、つぶすということです。そして、警察官の巡回パトロールを増やし、存在感(presence)を上げることで、住民の「体感治安」も上がり、そのよりよい環境を保とうという意識が出てきて、防犯への協力も得られるようになるというわけです。2002年にブルーンバーグが市長になってからも犯罪率は減り続け、今では全米で最も安全な大都市になりました。

今でも警官の存在感はものすごくあります。なんといってもテロ対策として、いろいろなところに警官がとにかくたくさんいるんです。警官が多すぎて、警官のインフレというか「価値が減る」ということはないみたいですね。時々、警官がリラックスしすぎているのが気になりますが、それもあまり問題にならないようです。

一度、警官に車のナンバープレート(license plate)が落ちていたので届けると、ニヤニヤしながら「君が盗んだんだね」と言われて返答に困りました。「いいえ、盗んだんじゃありません。落ちてたんです」というと、「ああ、そうだね、そうだと思ったよ」

はあ?

と思いましたが、たてついてもしょうがないし、ドーナツの食べすぎか頭が痛いのか、働きすぎでストレスがたまってるのかなんかなんだろうと思って大人しく引き下がりました。

さて、話を戻すと、地下鉄では時々、荷物検査をランダムしています。ちょっと成田空港の入り口をもう少しゆるくしたぐらいの感じです。この荷物検査は人種をもとにしたしぼり込み(racial profiling)と関係があるのですが、それはまた別記事で。

人気blogランキングに登録中。クリックお願いします。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
ニューヨークは物騒だって思っていましたがずいぶん改善されたんですねー。
割れ窓理論って身近で考えるとあてはまることがあって、たとえば共用のごみ集積場でもきちんと清掃してないところにはポイ捨てが多いと感じます。「汚れているから少しくらいいいだろう」って。自宅の前も少し掃かないとたばこのポイ捨てとかされますし。反対にきれいにしていれば誰も手をつけない。人間の心理ですね。
スー
2005/11/11 00:26
>スーさん
思いがけず、テーマが寄ってましたねぇ。そうですよ、めちゃめちゃ安全です。ひとりで夜中に地下鉄乗っても全然OKです。以前路上駐車していたころに、場所が悪いと車上あらしにあいました。1年で3回です。へこみました。今は建物のしたの駐車場がもらえたので快適です。
ヒロシ
2005/11/11 00:38
駅前で自転車のカゴがゴミ箱と化してるのも、誰か一人が入れた事が原因ですよね。
落書きにしても路駐にしても、な〜んもなければ出来ないのに誰かがやると連鎖のように広がるし…。
ガラスの理論は納得です!
小さな努力…偉大ですね♪
海流ママ
2005/11/11 00:46
>海流ママさん
そうですね。その辺に前例があると、「おや、いいのか」と思ってみんなしますよね。そういえば、私も時々、カゴにゴミを入れられたのを思い出しました。それからなぜかサドルにカッターかなにかで切りつけられるというのも経験しました。あれはなんだったんだろう。
ヒロシ
2005/11/11 11:52
近頃消えてしまった言葉に、世間(せけん)とか
お天道様なんて言葉が上げれているそうです。
以前は、何か気にとがめることをやったりすると
「世間様に顔向けできないよ。」とか
「ちゃんと、お天道様は見てるからね。」とかって
ばぁーさんや、じーさんにしかられていました。
今は、そんな風に規制するもの?気持ち?が
なくなってしまったんでしょうかね。
でも、もともとNYでは「お天道様〜」なんて
言わないか。
ひろくま
2005/11/11 12:03
天知る。地知る。我知る。ってことですね。でもNYだと、誰が見てても気にしないというような文化があるような気もします。。。。
ヒロシ
2005/11/11 21:53

コメントする help

ニックネーム
本 文
ニューヨーク:割れ窓理論の応用で全米一安全な大都市に もっと学ぼうニッポン:ブログ時代の日本語学習/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる