もっと学ぼうニッポン:ブログ時代の日本語学習

アクセスカウンタ

zoom RSS ハリケーン被害の学生現れる

<<   作成日時 : 2005/09/15 14:09   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 7

昨日来るはずだったハリケーン犠牲者の学生が来ないなと思っていたら、
今日になって現れました。

彼はハリケーンの避難中に背中だか腰だか(backと言っていた)を怪我してしまい、薬を飲んで
1週間休んでいたようですが、どうも昨日は病院に行って処置を受けていたそうです。

彼の大学はニューオリンズにありますが、キャンパスがハリケーンに直撃され、
今学期は大学の本部機能はテキサス州に移転し、学生は全米各地のほかの学校に
行って授業を受けることになっているのです。
彼の実家がニュージャージーなので、近いニューヨークの大学に来たということでした。

今日1日クラスに座っていましたが、1週間丸まるミスった穴は大きく、
結局今学期は日本語は取らないことになりました。

日本の大学の語学のクラスは週に1回、90分という言語習得の観点からは
まったく不都合なスケジュールになっていることが多いと思いますが、
私の学校では、週に4回の授業(65分)と1回ランゲージラボに行くことに
なっています。

彼は6回分の授業を逃してしまい、もう既に新しく始めた教科書
の二課分終わってしまっているので、今日のクラスに座っていても
まったく何も分からないということがよく分かったようです。

ほかのコンテントコースなら、自分で本を読んで追いつくことも
できますが、語学のコースで一番初めの1週間分を埋め合わせるのは
至難のわざです。彼もこれはできないと悟ったのでしょう。

彼が言うには、一年日本語を取って、来年は日本に留学したいと
思っていたそうで、今学期取れないといろいろ考えていた通りに
ことが進まなくなるようで、気の毒に思いました。

うちの学校だけでなく、湾岸地域の大学の学生を受け入れている学校は
他にもあると思いますが、彼のようにちょうど新学期の直前にあんなこと
になっていろいろ計画が狂ってしまった人も少なくないでしょう。
それに比べて、自分は恵まれているなと思いました。

彼の大学のウェブサイトを見てみたら、何か緊急用にいそいで作った
ようになっていて、もしかして、いろんなデータもふっとんでしまったのかと
心配にさせられます。

そのサイトにその学長のメッセージがあって、
聞いてみたら、
What does not destroy me, makes me strong 私を破壊しないものは私を強くする(文字通り)
痛みに耐えることで、私はその痛みを超えて強くなる(なんちゃって意訳)
というテロ以降他のところでも聞いたことがある引用を使って
この災害を乗り越えて行くことで、我々はもっと強くなる、
もっといい学校になるというようなことを言って復興への意欲を表明していました。

ちなみに、この引用を前にも聞いたことがあったのですが、
誰が言ったことが分かりませんでした。

今回それがニーチェのだということがわかって
不謹慎かもしれませんが、ちょっと得した気になりました。

人気blogランキングに登録中。クリックお願いします。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(7件)

内 容 ニックネーム/日時
1週間出てないだけでわからなくなる授業…って聞いて、いかに自分の大学時代の授業が貧弱なもんだったか、よっくわかりました…
シーラカンス
2005/09/16 07:49
語学の授業ではみんなそんな感じでコンタクトアワーというか授業数が多いです。学校によっては、フランス語やドイツ語などのヨーロッパ系の言葉よりも一般的にアメリカ人に難しいからという理由で週に8時間も授業があるという学校も少なくとも全米で2校ありますよ。でもその分、伸びますよ、人にもよりますけど。
ヒロシ
2005/09/16 12:07
What does not destroy me, makes me strong 
ギリギリのところで頑張れば、新たな力を獲得できる
アメリカンスピリットですね
でもかなりシンドそうです
エイジ
2005/09/16 18:47
>エイジさん
アメリカンスピリット、そういえばそうですね。ドイツ人が書いても、それを訳してこの英語にしたのはアメリカ人かもしれませんし。今回のような災害、テロ、犯罪などで影響を受けた人を、被害者(victim)というよりも、耐え抜いた打ち勝ったという意味で(survivor)という言い方が好まれるのもその流れかと思われます。
ヒロシ
2005/09/16 23:33
なるほどなー、ニホンゴで「被災者」が、エイゴでは「survivor」なんだー。目からウロコです。まさに、そーゆー考え方をする国なんですね、よくも悪くも…
シーラカンス
2005/09/17 08:45
あとよくあるのは、ガンなどの病気を克服された方ですね。cancer survivorとか言いますね。
ヒロシ
2005/09/17 12:15
アメリカは強い国ですよね。ホントに色んな意味で"survive"している人が多いです。でもおぼっちゃまジョージが選ばれちゃうんだから、何かどっかがずれているんですよねー。

ところで、私も日本人の行方不明者が出てるって知りませんでした。その後はどうなってるんでしょうか。無事を祈るばかりです。
るり
2005/09/17 14:23

コメントする help

ニックネーム
本 文
ハリケーン被害の学生現れる もっと学ぼうニッポン:ブログ時代の日本語学習/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる