もっと学ぼうニッポン:ブログ時代の日本語学習

アクセスカウンタ

zoom RSS ニューヨークで広島長崎を思う

<<   作成日時 : 2005/08/10 21:50   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 4

先週の金曜日(5日)、アメリカ東部時間午後7時15分は
60年前に広島に原爆が投下された時刻でした。

日本に住んでいたときは、8月6日と9日はテレビで何かの式典を見ることはあっても参加したことはありませんでした。

そんな私ですが、社会科見学のような授業(その1)の一環で
ニューヨーク本願寺仏教会を見学に行って、そのときに毎年8月5日の午後7時15分に集会をするのでどうぞと言われて、「これも一つの縁かな」と思い参加することにしたのです。

この仏教会(New York Buddhist Church)は1938年からNYにある本願寺という名の通り浄土真宗のお寺(というか教会?)です。
Asahi.comでご住職がお寺の紹介をされています。(その1 その2)。
(1938年設立時はこの場所ではなかったようですね)

今年は原爆投下60周年にあたるので、近くにあるリバーサイドチャーチというキリスト教の教会と合同主催で、ユニバーサルピースデイ・平和の集いということで、ピースウォークも行われました。

チラシはこちら

このお寺はリバーサイトドライブというマンハッタンの一番西側にある道に建ち、西方浄土ですか、西北を向いています。お寺といっても普通の建物のように見えます。

写真に浄土宗開祖の親鸞聖人の像が見えますね。
これは広島で原爆ドームから2.5キロ離れた
三滝聖ケ丘の本願寺広島別院にあったものだそうです。
この写真ではよくわかりませんが、
被爆によって前面の色が変色しています。

これが1955年に「世界平和の願い」から、国連のあるニューヨークに寄付されたそうです。
寄付されたのはニューヨーク市なのか、国連なのか、仏教会なのかは分かりません。

そしてこのステージのようなところを見てください。
ステージのようになっている後ろがお寺です。
向かって右側もお寺の一部です。しかし、もとからある本堂の建物は
両側の建物と比べてセットバックというのでしょうか、ひっこんでいます。

これはまるで、真正面にからしか見えないように、お寺がひっそりと
隠れているかのようです。銅像をこの場所に持ってくるときに
玄関を引っ込めたのかもしれませんがわかりません。

当日は小雨の混じるなか200人ぐらいは来ていたように見えました。
日本人らしき人も多かったですが、アメリカ人のほうが多くいた
と思います。

長崎・広島・平和に関心を寄せる人がこれだけ集まった
というのは、意味のあることだと思いました。

でも彼らは広島長崎についてどんな風に
知らされているのでしょうか。

アメリカで戦争の早期終結、地上戦での犠牲者拡大を
防ぐために、必要だったという政府の正当化の主張を
どのようにとらえているのでしょう。

聞いてみたかったですが、そんなわけにもいかず
式典を眺めていました。

平和を願う千羽鶴を銅像にかけたり、
長崎・広島市長からのメッセージが読まれたりしていたのですが、
音響が悪くてよく聞こえませんでした。

そして、投下の時刻(NY午後7時15分)を待ちました。
日本よりも緯度が高いし、サマータイムでかなり明るめです。
そして、投下の時刻に中垣顕實住職による読経が始まりました。

オレンジ色の袈裟を着たベトナムかタイか
どこか東南アジアの小乗仏教のお坊さんも
来ていました。

そして、そのあとピースウォークへ。
みんな無言で何も叫ばずに静々とあるいて行かれました。
一人アメリカの旗を持った人がいて、原爆擁護派か?と
思いましたが、"veterans for peace(平和を愛する退役軍人)"という
Tシャツを着た人で、ピースウォークの主旨に沿う
考えの人のようでした。

ピースウォークは無言で15ブロック先のリバーサイドチャーチ
まで歩くというものでした。
結構見ている人達は連なって行ったみたいです。

一緒に歩いてみたかったですが、
娘をお風呂に入れる時間になったので、
この子に原爆の話ができるのはいつかなと考えつつ
雨をさけてそそくさと帰ることにしました。


人気blogランキングに登録しています。クリックよろしくお願いします。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
バスティーユ・デイ(Bastille Day)パリ祭 in New York&仏教会お盆祭り
1789年7月14日、パリ・バスティーユ監獄を民衆が襲ったのがフランス革命の始まりで、それを記念してフランスでは7月14日はアメリカの7月4日建国記念日のような国家記念日だそうです。日本語ではパリ祭というそうですが、英語ではバスティーユ・デイ(Bastille Day)、フランス語ではF&#234;te nationale fran&#231;aiseだから、直訳するとフランス国家記念日という感じでしょうか。今年は13日の日曜日にこのバスティーユ・デイを祝うストリート・フェアがあるというの... ...続きを見る
もっと学ぼうニッポン:ブログ時代の日本語...
2008/07/15 21:20

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
広島・長崎から遠く離れたアメリカでもこのようなイベントがあるのですね。しかもけっこうたくさんの人が集まっている様子。初めて知りました。
原爆の意味はともかく、こうやって関心を持つこと自体がとても大切ですよね。私もこれから、積極的にいろんなイベントに参加しようと思いました。
おい
2005/08/10 23:46
このイベントは毎年やっているみたいです。今年は60周年だったので、大きめだったみたいです。今はインターネットでかなり展示が公開されているようですが、日本人として、広島の平和資料館を訪れていないことを負い目に感じています。
ヒロシ
2005/08/11 00:16
長崎の市長が亡くなって、このお寺で追悼式があるのを知り、検索していたら辿り着きました。今2007年ですが、この儀式は毎年やっているようですね。ニューヨークには住んでいませんが、寄付を募っているそうなので、そこで参加したいと思います。大変参考になりました。
せいご
2007/05/18 03:25
>せいごさん
長崎市長が銃弾に倒れたというニュースをニュースサイトで読んで驚いていましたが、追悼式がそこであったとは知りませんでした。お知らせ有難うございます。
ヒロシ
2007/05/19 14:48

コメントする help

ニックネーム
本 文
ニューヨークで広島長崎を思う もっと学ぼうニッポン:ブログ時代の日本語学習/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる