テーマ:ブログ

今学期のブログ 3年生&2年生

今学期は3年生でウェブリブログのほうをまた使ってみようと思ってます。 2005年の秋に始めたときはウェブリブログだったんですが、そのあと各国語でインストラクションがあるからという理由でこっちの学生にとっつきやすいということでBloggerを使ってました。 日本語3年生 (http://nihongo3nensei.blogspot.…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

ヒロシ、38歳(女性)

シーラカンスさんがここでやっていたブログ通信簿というものをやってみました。 それによると、38歳、女性、一般生徒タイプらしいです。。。。。 なんか、バトンとかはやりましたね。 ちょっと懐かしい気分です。
トラックバック:1
コメント:4

続きを読むread more

今学期の日本語のブログ

今学期もブログをしています。 それぞれのブログは以下の通りです。よろしかったら、読んでみてください。 日本語3年生(8人) クラスのブログhttp://nihongo3nensei.blogspot.com/ * Kimさん「KIM-KUN」 * シエラさん「愛と死」 * Meさん「明日へ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

ESLでのブログ使用例の紹介ビデオ

クラスメイトの人が英語を教えているのですが、そこでのブログの使用例を紹介するビデオというのを作っていました。ビデオのリンクはここにあります。 このクラスでは3つブログを使っていたそうです。 1.クラスのブログ http://cepwizards.blogspot.com/ 教師も学生も好きなことを書くブログのようです。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

夏のブログ

Bloggerのいいことはいろいろありますが、一つのアカウント上に、複数のブログを作ることができるということだと思います。その反面、時々記事の変わりに新しいURLの新しいブログを立ち上げちゃう人が出ますが。。。 というわけで、春に1年生のクラスを教えたときに作ったアカウントで夏のプログラムのブログを作りました。 2007年夏…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

早起き

最近早起きをしています。 なぜかというと、夏のコースを教え始めたんです。 地下鉄、JR、バスと乗り継いで通勤に1時間強かかるので、普段徒歩通勤だったなまった身体には、なかなか通勤らしい通勤という意味でちょっと新鮮です。 どのぐらい早起きかというと、6時前ぐらいに起きています。でもあまり早起きという感じがしません。それが日常的に…
トラックバック:0
コメント:14

続きを読むread more

気が付けばブログ開設2周年に感謝

早いもので2005年6月17日に最初の記事を書いて以来お陰様で2年経っていました。 1周年の去年は、張り切って1周年アクセスランキングなんて記事を書いていましたが、今年は2周年なことも忘れていました。。。 (ランキングを作るほど余裕がないんですが、多分一番多いのはご苦労様vsお疲れ様の記事じゃないかと思います。現在9510ヒット…
トラックバック:0
コメント:14

続きを読むread more

英語のブログサービス

日本でどんなブログのサービスがあるかというと、http://www.ma-mate.com/に行けば無料ブログサービスの比較について書いてあるし(最近あまり更新されていないけど)、http://www.blogfan.org/service/に行けばプロバイダ後との実際に更新している人の数がわかったりします。例えばウェブリブログは200…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

すごい論文

なにがすごいかっていうとですね。最近わかったことですが、Web of scienceという論文データーベースがありまして、よく自分の学校の図書館のページから入って使うんですが、ある有名な論文を探してみたら、そのデータベースのなかで1455回も他の論文に引用されているんです。 ひよこな私は、論文が審査のある雑誌に載るだけでもすごいと…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

新学期

授業が明日から始まるのですが、BlackboardやWebCTのようなウェブベースの授業管理ソフトを全学で導入しているので、既に登録している学生の学生証の顔写真を見ることができます。これは教える側が学生の名前と顔を一致できるようにという機能なんですが、登録していても他のセクションに行ってしまって一度も来ないような人もいるので、学生が落ち…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

アンケート結果報告続き<ブログでのコメント行為の研究2>質問4

ブログのコメントのしかたについてのアンケートの結果を途中まで12月26日の記事で報告しました。質問1-10のうち、3番まででした。 今回は質問4です。小出しにするわけではないのですが、長くなってしまうので、分けて書きます。 質問4 1.の質問の答えであげてくださったブログ(もっとも頻繁に訪れる三つのブログ)でコメントを残した…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

アンケートご協力ありがとうございました。<ブログでのコメント行為の研究>

先日ここで皆さんにお願いしたブログのコメントのしかたについてのアンケートですが、ご協力いただき有難うございました。 お陰様でうまくデータ収集ができ大学院の授業のレポートを書くことができました。 (今回のデータはいろいろな手続き上の問題点も明らかになった予備調査ということで、また別の手段でデータを集めて、学会等で正式に発表していき…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

アンケートのお願い(ブログのコメントの仕方について)

皆様、 あのうー、実はお願いがありまして、、、、アンケートにご協力いただけないでしょうか。。。。 今大学院の授業で「インターネット及びその他の情報通信技術(ICT)の社会性及びコミュニケーション性(Social and Communicative Aspects of the Internet and other ICTs)…
トラックバック:3
コメント:9

続きを読むread more

一度理解のモデルを作ると壊したがらない私たち

最近クラスで読んで印象に残ったのは、Danah Boydというブログの研究をしている人(UCバークレー、博士課程在籍)の論文(A Blogger's Blog: Exploring the Definition of a Medium Reconstruction 6.4 )の中にあったことばで、他の人の本からの引用です。 人は一…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

伴侶探し系ブログ日米比較「運命の人を探して」vs"greek tragedy."

シーラカンスさんが紹介する記事をしていた「運命の人を探して」33歳 キャリアウーマン 彼氏なし もう負け犬なんて言わせない!!!今年こそ見つけてやる!運命の人を! 意を決した「旦那探し」のブログということらしいです。 キャリアウーマンというと気合が入りすぎてますが、仕事も続けつつ結婚もしようということですね。なんだか、本当に運命…
トラックバック:1
コメント:7

続きを読むread more

韓国のブログ (自分でコメント、ニンジャ)

クラスメートの韓国人から面白いことを聞きました。韓国のブログ(あるいはSNSの日記なのか、ちょっとはっきりしませんでしたが)では、コメントが着かなかったらそれは面白くない記事だということで、ちょっと反省して自分でコメントをつけるそうです。 はたしてそれがどれくらい一般に行われていることなのか、あんまり突っ込んで聞かなかったんですが…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

ブログの危険性?Sunstein(サンスティーン)(2004)

ブログの教育利用のために論文を読んでいた時に、ブログを含め、インターネットの危険性について考えさせる記事を見つけました。「危険性」といっても、オークションで詐欺にあるとか、その他の違法性の高い行為が助長されたりするということではありません。 民主主義の根幹にある「自分とは違う考え方や予期せぬ話題、自分では追い求めなかったり、不愉快…
トラックバック:0
コメント:10

続きを読むread more

ブログ内検索をつけてみました

別のことでウェブリブログのFAQのブログを読んでいたら、この記事にブログ内検索のつけ方が載っていました。 そこで、私もつけてみました。というのも時々自分で「いつかこれについて書いたかな」と思ったときに自分のブログをグーグルで検索することがあるんですけど、いちいちそんな別のタブを出さずに検索できたらいいなぁと思っていたんですよね。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

今学期の日本語の学生ブログ

同僚の佐藤さんが日本語の1年生のクラスで学習者にブログをさせています。そのブログはこのブログ にほんごはじめて(http://ss9032006.blogspot.com/)の「みんなのブログ」というところにリンクがあります。まだ日本語を勉強し始めて2週間ぐらいなので、さすがに日本語ではなくて、英語で書いています。学生の本音の例がわか…
トラックバック:0
コメント:9

続きを読むread more

コメントの返事問題:ブログの日本語学習の効用の研究2

大学院生で日本語教育のブログの研究をしていて、韓国でデータをとっているAさんからの質問に答える形で、ブログの日本語学習の効用の研究1という記事を書いたのですが、書き残したことがありました。 質問をおさらいすると以下の五つです。1-4についてはだいたい前の記事に書きました。 1.ブログを書くこと自体に抵抗感を感じる学生はいませんで…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

ブログの日本語学習の効用の研究1

先日の学会でお会いした方を通して、大学院でブログの日本語学習の効用を研究のテーマにされている方と知り合いました。仮に,Aさんということにしておきましょう。 Aさんは、実際に韓国でデータ収集を行う予定だそうです。 なぜ韓国か?というと以下の点からそうしたそうです。 1.国内より海外のほうが学習者の接触場面に対する欲求が高いだ…
トラックバック:1
コメント:10

続きを読むread more

ブログ:公開のリスク。その価値あり。

日本の大学英語教育でブログを使っているAaron P. Campbell先生が、TESOLのEssential Teacherというのに書いたIn Blogging, the Benefits of Exposure Are Worth the Riskという記事を読みました。 一言で言うと、ブログによって、オンライン上でオープン…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

日本語学習に役立つコンピューターソフト

日本語学習者にとってブログをする上で、まず障害となりうるのが、日本語の読解と日本語入力です。 日本語の読解は、他の学習者や一般の日本人が書いたブログの記事の読解だけでなく、せっかくもらったコメントがときに読めない、読んでも分からない、読むのが負担になってコメントをもらうと憂鬱になる。コメントが分からないから返事ができない、返事がで…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

日本の大学の英語の授業でのブログ使用例

最近日本の大学の英語の授業でブログを使ったことについての論文を読みました。 その論文は、全国語学教育学会JALT(The Japan Association for Language Teaching)のコンピューター利用語学学習研究部会(CALL)のジャーナルに載っていました。 論文:Pinkman, K. (2005). U…
トラックバック:1
コメント:4

続きを読むread more

日本語のブログ記事:全世界の約3割で、英語についで二位。中国語約1割。韓国語は?

全世界のブログ追跡を行う米国Technorati社の創業者でCEOのディビッド・スィフリー(David Sirfry)氏のブログの8月7日の記事によると、同社が追跡した5,000万のブログサイトの2006年6月の全ブログ記事のうち、日本語の記事は31%を占め、英語(39%)についで2位。3位は中国語(12%)だったそうです。 日本…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

ブログが教育利用に適していると思える一つの理由

私は日頃から(職業病ですね)ブログの教育利用の妥当性を考えているのですが、先日読んでいた論文(Perez-Sotelo & Gonzalez-Bueno 2003)に、むむ、そうそう、そうかもと思わせることが引用されていました。 今の若者世代はメールでコミュニケーションをすることで、自分の書いたメッセージが相手に理解されたかどうか…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

リンク集更新 

Mybloglistってのをリンク集に使って、更新されるごとに上に表示されるようにしていたんですが、なぜかドリコムRSSというのに変わってしまいました。いつの頃からかリンクの編集ができなくなってしまっていました。 「不便だなぁ」と思っていたころに、ウェブリブログのRSSリーダーができてもっぱらそっちで見ればよかったので、ほとんど自…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ブログの日本語教育活用のために 教室開放に対する教師の抵抗について

日本語を教える教室における教師の役割とはなんでしょうか。学習者を教室の外にある「害」から守ることは教師の責任でしょうか。ある程度はそうでしょうが、どこまで責任を負えばいいのでしょうか。現実的な対応としては、教室の外の環境についてが学習者が自分で危険を察知してうまく対処していけるように、学習者の自律を支えるようにするべきなのではないかと思…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

最近見つけた大学での授業へのブログ活用例

「ウェブログの心理学」(山下清美/川浦康至/川上善郎/三浦麻子 NTT出版 2005年3月刊)という本をもとにしたブログがあります。 そこにウェブ版「ウェブログの歩き方」というブログをする上で、いろいろアドバイスが書いてるものが載っています。ちなみに、これはなかなかフムフムと思わせるもので、日本語教育でも中上級の学生のクラスで背景…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more