テーマ:論文

英語のブログサービス

日本でどんなブログのサービスがあるかというと、http://www.ma-mate.com/に行けば無料ブログサービスの比較について書いてあるし(最近あまり更新されていないけど)、http://www.blogfan.org/service/に行けばプロバイダ後との実際に更新している人の数がわかったりします。例えばウェブリブログは200…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

すごい論文

なにがすごいかっていうとですね。最近わかったことですが、Web of scienceという論文データーベースがありまして、よく自分の学校の図書館のページから入って使うんですが、ある有名な論文を探してみたら、そのデータベースのなかで1455回も他の論文に引用されているんです。 ひよこな私は、論文が審査のある雑誌に載るだけでもすごいと…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アンケート結果報告続き<ブログでのコメント行為の研究2>質問4

ブログのコメントのしかたについてのアンケートの結果を途中まで12月26日の記事で報告しました。質問1-10のうち、3番まででした。 今回は質問4です。小出しにするわけではないのですが、長くなってしまうので、分けて書きます。 質問4 1.の質問の答えであげてくださったブログ(もっとも頻繁に訪れる三つのブログ)でコメントを残した…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

アンケートご協力ありがとうございました。<ブログでのコメント行為の研究>

先日ここで皆さんにお願いしたブログのコメントのしかたについてのアンケートですが、ご協力いただき有難うございました。 お陰様でうまくデータ収集ができ大学院の授業のレポートを書くことができました。 (今回のデータはいろいろな手続き上の問題点も明らかになった予備調査ということで、また別の手段でデータを集めて、学会等で正式に発表していき…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

ブログの危険性?Sunstein(サンスティーン)(2004)

ブログの教育利用のために論文を読んでいた時に、ブログを含め、インターネットの危険性について考えさせる記事を見つけました。「危険性」といっても、オークションで詐欺にあるとか、その他の違法性の高い行為が助長されたりするということではありません。 民主主義の根幹にある「自分とは違う考え方や予期せぬ話題、自分では追い求めなかったり、不愉快…
トラックバック:0
コメント:10

続きを読むread more

とにかくやってみる学習の問題点

レイブとウェンガー(1993)「状況に埋め込まれた学習―正統的周辺参加 」(Lave & Wenger 1991)といえば、人が新しい組織や、グループ、コミュニティーなど(実践共同体Community of practice)に参加(正統的周辺参加(Legitimate Peripheral Participation))することを通し…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more