テーマ:英語

ラジオをつけたら五嶋みどり

先日久しぶりに一人で車に乗ったときに、いつも聞いている(聞かされている)娘のCDではなく、クラシックのFM局にしたら、なぜかトーク番組をやっていて、なんとなく聞いてみたら、女性が「日本の学校を訪問して」とかいう話をしていました。「へー、日本か」と思って聞いていると、「日本では音楽の時間が必修で、誰でも音楽の授業を受けることになっていて」…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

10人の生のニューヨーク・アクセント

Noo Yawkってなんでしょう?New Yorkをこてこてのニューヨーク・アクセントで言った感じです。アクセントというのは、日本の英語教育では英語の単語でどこを強く発音するかってことなんですが、ここでのアクセントは「なまり」「方言」ということです。ずっと前(2006年8月26日 ニューヨーク方言の英語)にもニューヨーク・アクセントにつ…
トラックバック:0
コメント:10

続きを読むread more

ESLでのブログ使用例の紹介ビデオ

クラスメイトの人が英語を教えているのですが、そこでのブログの使用例を紹介するビデオというのを作っていました。ビデオのリンクはここにあります。 このクラスでは3つブログを使っていたそうです。 1.クラスのブログ http://cepwizards.blogspot.com/ 教師も学生も好きなことを書くブログのようです。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

英語のブログサービス

日本でどんなブログのサービスがあるかというと、http://www.ma-mate.com/に行けば無料ブログサービスの比較について書いてあるし(最近あまり更新されていないけど)、http://www.blogfan.org/service/に行けばプロバイダ後との実際に更新している人の数がわかったりします。例えばウェブリブログは200…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

花見エール

ちょっと季節的に終わっていますが、昨日近所のスーパーで「Hanami Ale(花見エール)」なるものを発見しました。Aleはジンジャーエールのエールですが、たいていビールの意味で使われているような気がします。辞書を見ると「6%ぐらいのビールよりも色が濃くて、重い麦芽飲料(a malt beverage, darker, heavier,…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

スーパーボールのCM:バドワイザー カルロス・メンシアによる米国英語の方言講座など

先週の日曜日はスーパーボウルでしたが、CM30秒で3億円($2.6 million)だかなんだかで、毎年話題となっています。寝かしつけたりしていたので、スーパーボウル自体はほとんど見ませんでしたが、後で友達が面白いCMのリンクを送ってくれてそれを見ました。 Budlight with Carlos Menciahttp://www…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

最近習った英語、lurker, troll

コンピューター・ネットワークの社会性についての授業を取っているのですが、そのなかで読んだ論文などを通して最近しった英語は、lurkerとtrollです。 lurker (カタカナではルーカーとかラーカーとかそんな感じです) 動詞のlurkというのは、潜むとか、こそこそ隠れるって意味らしいですが、erがついてそれをする人、インター…
トラックバック:1
コメント:8

続きを読むread more

歯磨き粉はチューブから出たらもどせない

2004年に民主党大統領候補で、ブッシュに負けたマサチューセッツ州選出の上院議員ジョン・ケリー(John Kerry)が火曜日にカリフォルニアで「ちゃんと勉強しないでいると、イラクにはまって動けなくなる(stuck in Iraq)」と学生向けの集会で口を滑らせたことが論議を呼んでいます。初めは、「自分はブッシュ大統領のことを言っていた…
トラックバック:0
コメント:10

続きを読むread more

全米外国語教育協会(ACTFL)の見解から小学校英語必修化問題を再考

必修化が決まりかけていた小学校の英語教育必修化が、新しく就任した伊吹文明文部科学相の英語は、ケーキや和菓子のようには余裕をがあれば食べればいいもので、とりあえずは必要ないと言ったことで、立ち消えになるかもしれないそうですね。 さて、全米外国語教育協会(American Council on the Teaching of Fore…
トラックバック:1
コメント:14

続きを読むread more

「shoot me an email」って新しい?

最近英語で「メールを送る」っていう時に、動詞を「send」じゃなくて「shoot」って言う人がいるなぁと気が付きました。例えば、"Send me an email."って言う代わりに、"Shoot me an email."っていうってことです。 今さら気が付くほどのことじゃないかもしれませんが、ちょっと新しめなような気がします。…
トラックバック:0
コメント:31

続きを読むread more

英語のねぎらい表現 教師と学生

It's SHOWTIME !!多文化共生社会の実現を目指した活動記録の doiさんに、英語でお疲れ様やご苦労様は上司-部下間/教師-学習者でどういう感じなのかってのをお題に出されたのでちょっと考えてみます。 でも実は、上司-部下ってそんなオフィスの英語環境にいないので、そっちは映画を見てこんなもんかなぁという想像しかできないので…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

ニューヨークの一番な人たち

ニューヨークの警官の別名で、New York's Finestってのがあります。Finestって一番選りすぐりってことでしょうか。イマイチ語感がつかめません。品質のいいモノ、例えば皮をfine leatherと言いますが、人にはあまり使いません。「元気」という意味で使わなくはないですが、人を比較してfine, finer, finest…
トラックバック:0
コメント:5

続きを読むread more

日本の大学の英語の授業でのブログ使用例

最近日本の大学の英語の授業でブログを使ったことについての論文を読みました。 その論文は、全国語学教育学会JALT(The Japan Association for Language Teaching)のコンピューター利用語学学習研究部会(CALL)のジャーナルに載っていました。 論文:Pinkman, K. (2005). U…
トラックバック:1
コメント:4

続きを読むread more

ニューヨーク方言の英語

ニューヨークにも方言があります。まず、発音がちょっと違います。「New York」の「York」は普通は、カタカナ的には「ヨーク」でなおかつRが入っている音になりますが、ニューヨークではRが落ちてて、どっちかと言うと「ニューヤーク」に近く聞こえます。 イメージとしては、ロバート・デニーロです。彼のマフィア役なんかはみんなそんな感じ…
トラックバック:3
コメント:16

続きを読むread more

「ここはアメリカ。注文は英語で」Englsih-only sign stirs ire

シックスセンスの舞台、フィラデルフィアの名物といえば、フィラデルフィア・チーズ・ステーキですが、その老舗Geno'sで注文するときには英語を使わなければいけないというサインが出て、一部のヒスパニックからこのサインが人種差別的だという指摘がなされています。 This is America. WHEN ORDERING SPEAK E…
トラックバック:1
コメント:9

続きを読むread more

お勧めおもしろ勉強フラッシュムービーサイト:Brain Pop

リテラシーのクラスで、数字のリテラシー(Numaracy)の話をしていたときに、クラスメートが面白いサイトを紹介してくれました。それはBrainPopです。フラッシュムービーでいろいろな科目の中のコンセプトを説明してくれます。どうやら、主人公らしき男の人とロボットが二人出てくるみたいです。例えば、これは確率についてのです。社会系のもあり…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

英語のファーストネーム、実名公開しても仮名と変わんないんでは?

最近考えていたんですが、英語の名前って、本名を公開しても仮名とそんなに変わらないよなと思います。 というのは、特に聖書からの名前は実名でも、同じ名前の人が時代・場所を越えてめちゃくちゃ多いからです。 新約聖書にある四つの福音書には、マタイ、マルコ、ルカ、ヨハネと名前がついています。それぞれ、マシュー(Matthew:例 マシ…
トラックバック:0
コメント:9

続きを読むread more

バイリンガルと言えば何語+何語?

日本でバイリンガルと言えば、ほぼ間違いなく日本語と英語でしょう。 ある意味、関西弁と共通語などもバイリンガルではあります。そもそも何を一つの言語として数えるかなんて、恣意的なものなので、ヨーロッパ内で、近くてお互いなんとなく通じるし、語彙も文法もすごくかぶっているというケース(オランダ語とデンマーク語とかでしょうか、あくまでイメー…
トラックバック:0
コメント:13

続きを読むread more

和製英語(マイペース) =英語(my pace)ではない

昨日の記事のコメントでも出ていたキーワードの「マイペース」ですが、英語でマイペースって言わないんですよね。アメリカ人で日本語を勉強した人がそのことで、ある経験について教えてくれました。「ひょっとしてこれは作った持ちネタか?」とも思ったのですが書きとめておきます。 彼はそのころ日本にいてどこかのジムに通っていて、そこでエアロビかなん…
トラックバック:0
コメント:5

続きを読むread more

日本人の英語の発音、日系人の英語の発音

米国に住んでいるといろいろな種類の日本人の英語を聞く機会がありますが、自分のことは棚に上げてちょっとそれについて思うことがあります。 私は発音の専門家でもないし、なんとも正確にはどういったらいいのかわからないのですが、「日本人が話しているけど聞きやすい英語の発音」というのがあるような気がします。 同じ日本人にも聞きやすいので…
トラックバック:0
コメント:10

続きを読むread more

アメリカにおけるブロガーのイメージ

ニューヨークの無料の新聞の一つ、amNYの一面はブログでした。 その記事はこちらです。紹介されているブロガーも、黒人男性、白人男性、アジア人女性、(おそらく)白人女性とダイバーシティー(diversity)に配慮した取り揃え方です。 その記事は、3月17日のamNewYorkの記者であるジャスティン・ロケット・シルバーマン(Ju…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

最近気に入った広告 探し物は何ですか。干草の中の針PET・CT検査byGE

日本でも最近話題?のPET検査の機械の雑誌広告です。(PDF版はここ)GE HealthcareってGeneral Electoricの医療部門の製品です。見たところ、干草にモニターがあってそこに針が映っています。そして、キャプションに「ガンの治療をする前に、場所を正確に突き止めなければなりません。(Before you treat c…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

おしゃれなインチキ英国アクセント

アメリカ人の英語もいろいろありますが、ある種の「おしゃれなインチキ英国アクセント」というのがあります。誰が使うかというと、美容院やファッション関係、こじゃれたレストランの宣伝などでです。 昨日もBravoチャンネルのプロジェクトランウェイに出ていた司会の人が、英国アクセントっぽく話してました。その人はドイツ人だからイギリス英語を習…
トラックバック:1
コメント:13

続きを読むread more

英語の教科書に書いてあるけど実際に言わない挨拶

「英語、できますか。」 「ええ、挨拶程度なら」 と言えるように、挨拶というのは「日常会話レベル」に達する前にできるようになるはず・べきものかのようですが、実はそうじゃないかもと思うというお話です。 英語の教科書で挨拶といえばこんな感じですよね。 1A: Hi, how are you? 2B: Fine, thank …
トラックバック:0
コメント:7

続きを読むread more

「郊外」:フランス語、英語、日本語の比較 パリ郊外の暴動ニュースを見て思い出したこと

11月2日のAsahi.comのニュース「パリ郊外で若者が暴動 失業や警察に不満」というニュースがありました。 これを見て思い出したのは、以前MITのフランス語の先生方がやっていたプロジェクトです。それはCulturaといって、MITのフランス語のクラスとフランスの大学で英語のクラスが共同でお互いの文化を学びあうというものです。 …
トラックバック:0
コメント:18

続きを読むread more

「脳から見た英語上達法」の記事について

この夏親戚の家に行ったときに、日経新聞((国際版) 8月19日 8面)があってそこに脳科学者である茂木健一郎氏の「あすへの話題 脳から見た英語上達法」というコラムがありました。 日本の新聞は学校では読めますが、もっぱらネットで読むだけなので、こういう記事は なかなか読めないんですよね。 さて、その内容を勝手に要約すると …
トラックバック:2
コメント:5

続きを読むread more

人の名前の呼び方の苦労:異文化間の切り替えの難しさ

私は日本人ですが、現在「外国人」です。というのは日本ではなくてアメリカにいるから。 仕事は日本語教師です。同僚は日本人ばかりです。 時々で日本文化に即した行動をしたり、アメリカ文化(日本より 多様で一つのものとしてとらえるのは無理がありますが)に即した 行動をしたります。 そんな私が、二つの文化の間で、苦労している…
トラックバック:1
コメント:6

続きを読むread more