テーマ:子供

ワンダーペッツ(Wonder Pets) :動物が要救助動物を救う実写風オペレッタ調アニメ

娘と図書館から本と一緒にDVDを借りて来ました。DVDはドラやディエゴと同じNickJrのWonderPets。最近日本でもあるんですね(ワンダーペッツ)。 ワンダー・ペッツを一言でいうと、動物3匹(ギニアピッグ、カメ、ひよこ)が世界のどこかで助けを求めている動物をレスキューしにいく、ミュージカル調(歌の種類としてはオーケ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

エビカニクス!

最近娘が日系幼稚園で習ってきた踊りはエビカニクスです。海老と蟹とエアロビクスをかけたのですが、これがなかなか笑えます。 結構日本の幼稚園ではどこでも教えているらしく検索するとたくさん出てきますね。 歌詞も結構おかしいです。 エブリバディ エビカニクスでエビカニクスでエビカニクスで 踊っちゃおう と始まり、 エビもカ…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

もうすぐ豆まき

家の近所に、宇多田ヒカルの父が作曲したらしいと言われている不思議なCMソングで有名な日系スーパーがあります。そこでの出来事。 節分用の豆を買っていると、レジのお姉さんが娘(3歳)に「もうすぐ豆まきだね」と言うと、娘は得意気にニコニコしながら胸の前で、腕をぐるぐる。 「それは糸巻き」だねと突っ込まれていました。 3歳にしては…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

バランスト・リテラシー教育(balanced literacy instruction)

アメリカの読み書き教育(literacy education)において、最近はやりのフォニックスのように具体的なスキルを教えるべきだ、いやそうではなく、すばらしい文学作品を読んだり聞いたりしているうちに読み書きができるようになるから子どもたちをいい素材に触れさせるべきだという主張の間を振り子(pendulum)のように行ったり来たりして…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

ドーラ(Dora the Explorer)のうさんくさい世界のお友達。ステレオタイプの作り方

ラテン系キャラクターとして初めてメーシーズの感謝祭のパレードの風船デビューを去年果たしたドラですが、最近気になるお話の展開を見せています。 普段はいろんなものを盗んでしまう悪者キャラの狐のスワイパー(Swiper the Fox)がいい者になっています。まずスワイパーが世界中の友情のブレスレット(Frendship bracele…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

助詞は・がと娘(2歳半) 

おととい日本語のクラスで「は・が」について話しました。 「三つのみせの中で どれがいちばんちいさいですか。」という質問の答えとしては、 「まいにちや は いちばん小さいです。」と「は」はだめで、 「まいにちや が いちばんちいさいです。」と「が」を使わなくてはいけないという話です。 なぜかと言うと、質問では「どの店か」と…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

いじめっ子 いじめられっ子

日本ではまた最近いじめ問題が深刻なようですね。インターネットで日本のニュースを見ますが、いじめの文字を見ない日はないような気がします。いじめで失われる命がなくなることを祈りたいです。そして、いじめで傷つき傷つけあった心一つ一つが救われることを願います。 さて、いじめ報道を見て、ちょっと疑問に思うところが二つあります。 一つは…
トラックバック:1
コメント:11

続きを読むread more

あやしいものじゃございません。

父親もそばに子供がいなけりゃ要注意人物と思われることがあるという記事を書いたことがありましたが、最近はさらに怪しいと思われているのではないかということがあります。 実は週に2日子供を二人つれて帰るっているのです。 といっても二人目の子供が生まれたわけじゃありません。 同じクラスの他の家族の子供を一緒につれて帰って、少しでも…
トラックバック:0
コメント:10

続きを読むread more

最近習った英語、lurker, troll

コンピューター・ネットワークの社会性についての授業を取っているのですが、そのなかで読んだ論文などを通して最近しった英語は、lurkerとtrollです。 lurker (カタカナではルーカーとかラーカーとかそんな感じです) 動詞のlurkというのは、潜むとか、こそこそ隠れるって意味らしいですが、erがついてそれをする人、インター…
トラックバック:1
コメント:8

続きを読むread more

3回目のハロウィーン

去年のハロウィーンは怪獣の着ぐるみを着て、トリックオアトリートをしていた娘(2歳)ですが、今年は妻が作ったシンデレラのドレスを着て回りました。同じ階に住む小学生の女の子とその友達と一緒に同じ建物の中で、お菓子をもらってきたようです。クラスが終わって家に帰ると、「戦利品」をいろいろ見せてくれました。アメリカだけに着色料やなんて発音するのか…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

子供の言語習得:話しかけの影響

読み聞かせは子供が「もう自分ひとりで読むからいい」と言うまでしてていいそうですが、それとは別に何か一緒に遊んだり、作業をしているときに、その動作や周りのものを描写する言葉を話しかけること(パラレルトーク)は子供の言語発達に役立つそうです(Weitzman 1992)。 例えば、ブロック遊びをしていても、「この青いブロックの上に、赤…
トラックバック:1
コメント:12

続きを読むread more

世界のセサミストリートの世界(ローカライゼーション)

この夏に日本に帰ったときに日本版のセサミストリートを初めて見て、キャラクターが微妙に違うのに気が付きました。映像も基本的に日本のスタジオで撮っているようだし、日本のゲスト(たまたまその日はゴン中村でした)が出ているし、しっかり日本版になっているのだなと思いました。 最近読んだ新聞にセサミストリートのドキュメンタリー(初回放送10月…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

全米外国語教育協会(ACTFL)の見解から小学校英語必修化問題を再考

必修化が決まりかけていた小学校の英語教育必修化が、新しく就任した伊吹文明文部科学相の英語は、ケーキや和菓子のようには余裕をがあれば食べればいいもので、とりあえずは必要ないと言ったことで、立ち消えになるかもしれないそうですね。 さて、全米外国語教育協会(American Council on the Teaching of Fore…
トラックバック:1
コメント:14

続きを読むread more

富裕層の子供のほうが、鬱、不安を抱え飲酒、ドラッグに手を出しやすいという研究

スニヤ・ルーサー(Dr. Suniya Luthar)の研究によると、年収10万ドルから20万ドルの富裕層の子供のほうがそれより低い年収の家庭の子供よりも、2倍から3倍鬱(depression)や不安(anxiety)を抱えており、飲酒、ドラッグに手を出しやすいという結果が出ているそうです。 もともと、都会の貧困層の子供の研究をし…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

遅刻したら親にも罰というニュースに思う

マンハッタンの小学校で子供を8時25分の開始までに学校につれて来られなかった親は、校長室に行き、遅刻票(late slip)をもらって講堂へ行って20分子供と一緒に座っていなければならないという新しいルールができたそうです。Detentionですね。日本の学校で、「罰として外に立ってなさい」というのと似ていますが、「親」にも罰を与えるこ…
トラックバック:0
コメント:12

続きを読むread more

ネコになったアンパンマン:最大の危機、にゃにぃ?

2歳の娘の寝かしつけに最近良く読む本は、「それいけ!アンパンマン ゆめねこのくにのニャニイ」です。ほぼ毎日読んでいるのでかなり覚えてしまいました。 この話にだけ(たぶん)登場するのは、その名の通りニャニイなのですが、ドリームすいせいの中にあるゆめねこのくにのネコです。でも卵から生まれるので、哺乳類ではないようです。それに飛んだりも…
トラックバック:0
コメント:16

続きを読むread more

話題のドキュメンタリー映画「ジーザス・キャンプ」に見るアメリカ保守派にされる子供たち

98年からアメリカに住んでますが、最初の2年は中西部、次の1年は南部、ここ5年はNYにいます。NYは嫌なところもたくさんありますが(人が基本的に失礼、駅が夏は暑くて冬は寒い、教育費が高い!!!、家賃が高い、空気が汚い、5年たってもあいかわらずテロのターゲットらしい等など)、いいところもいろいろありますが、やっぱりリベラルってことです。自…
トラックバック:1
コメント:10

続きを読むread more

ドーラ(Dora the Explorer)の秘密

先日大学院の授業で、インターネットコミュニケーションの社会性のクラスに行ったときにたまたま隣に座った人からドーラの秘密を聞きました。その人はドーラを作っているニコロデオンで各エピソードが子供の発達段階にあっているかなどを実際に子供に見せて反応を調べたりしている人でした。その人によると、 秘密1「ドラは初め、ヒスパニックの子供じゃな…
トラックバック:3
コメント:0

続きを読むread more

9.11陰謀説に思う

もうすぐ5周年を迎える9.11米国同時多発テロ事件ですが、最近また陰謀説を聞くようになりました。そのウィキペディアのサイトに、CNNニュース記事へのリンクがありました。 私は地元の新聞で、レイバーデイ前の先週の金曜日に、読んだんですが、それは9.11が米国政府が仕掛けたものだという陰謀説を唱えてドキュメンタリー映画を作った人が出て…
トラックバック:2
コメント:13

続きを読むread more

読み聞かせいつまで?

ITを活用する小学校教諭の佐藤正寿先生がおはよう奥さん(おは奥NET)に書かれたコラムを読みました。 そこにあった質問の一つ、「一人で本を読ませたいと思っても、すぐに「お母さん、読んで!」と言われてしまいます。」という相談の答えとして、「本人が「もういい。一人で読む」と言うまで、読み聞かせをしていいのです。」とおっしゃっていました…
トラックバック:1
コメント:2

続きを読むread more

読み聞かせ・寝かしつけ用の本を買った話し(その2)

昨日の話の続きです。 タイムズスクェアから、96丁目の駅までエクスプレスに乗る。すっ飛ばす間に一台も追い抜かさなかったので、悪い予感がしていたが、96丁目のホームに滑り込むと、ローカルがちょうど出て行くところだった。ホームに降りて、待っていると、ローカルではなくて、エクスプレスがもう一台来た。ありがちな状況。 日本では、何分…
トラックバック:2
コメント:4

続きを読むread more

2歳の娘と読み聞かせ・寝かしつけ用の本を買いにお出かけ

原稿の締め切りを抱えてあせっています。さて、そんな私ですが、娘の預け先も夏休みなので、お互いに仕事ができるように、昼間は妻と交代で娘を見るようにしています。今日は、地下鉄に乗ってミッドタウンまで行ってきました。 2歳2ヶ月の娘は乗り物が大好き。「電車乗る。バス乗らない」などといいながらストローラーに飛び乗り、ついて来た。電車に乗る…
トラックバック:1
コメント:3

続きを読むread more

子供に言ったことは返ってくる

最近妻が泣きわめく娘に「ちょっと待ってて、ママ、お仕事」(かそれに近い内容のこと)を言っていたところ、妻が娘を呼んだところ「ちょっと待ってて、(娘の名前)、お仕事」と娘が妻を待たせたらしい(詳細は異なるかもしれないが、大意としてはそんなところ)。そんなまねができるようになったという成長ぶりに、わが娘ながら、あっぱれと思った。 それ…
トラックバック:0
コメント:5

続きを読むread more

米大学卒業生負債平均1万9千ドル

今まででした一番高い買い物は、大学院の授業料です。州立大学でしたが、外国人の為、州外からの授業料を払わなくてはいけませんでした。初めの年は助手の仕事(TAship;Teaching Assistantship)がなかったので、授業料、生活費、すべて自分のサラリーマン時代の貯金から消えて行きました。。。。。さようなら。二年目は、幸い助手と…
トラックバック:1
コメント:4

続きを読むread more

少子化:33年ぶりに大幅減少した完結出生児数(2.09人)ってなに?

Asahi.comのニュース(夫婦がもうける子どもの数、33年ぶりの大幅減 2006年06月27日19時29分)で少子化に関する新しい統計指標について知りました。完結出生児数です。 国立社会保障・人口問題研究所の出生動向基本調査(2005年6月、50歳未満の妻対象、有効回答=6836人)の結果からの数字です。 少子化の統計と…
トラックバック:0
コメント:7

続きを読むread more

セサミストリートに登場の日系人二人(Gedde WatanabeとAllan Muraoka)

毎朝7時から8時まで、テレビでセサミストリートをやってるんですが、終わりの20分ぐらいはほとんど毎日見ています。その中で、一つのコーナーでどうもアジア人っぽい人が出てくるのに気が付きました。妻と二人で、「この人アジア人っぽいね」「うん、そうだね」と話していましたが、ついにそのなぞが解けました。そのアジア人は、カリフォルニア出身の日系人の…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

Dora the explorer:ドーラといっしょに大冒険

Doraと言えば、発音としては「ドラ」に近いと思うんですが、日本語のページを探したら、ニコロデオンの日本版があって、そこには、ドーラと載っていました。ドラ・マルケスは7歳の少女で、見るからにラテン系ですが、どの国に住んでいてどの国に国籍があるかはあいまいになっています。 でも英語とスペイン語を話し、アメリカに住む最大のマイノリティーグ…
トラックバック:4
コメント:7

続きを読むread more

小学校英語必修化よりも日本語運用能力、異文化への寛容さ、安全の教育を

小学校での英語必修化について、書こうと思いつつずいぶん時間が経ってしまったんですが、最近第二言語習得のメーリングリストで、桜美林大学の松下達彦先生が中教審(中央教育審議会)で一般から意見募集を行っていると教えてくださいました。これまでにいろいろ書かれている方もそこに意見を出されたく思っているかもしれないと思い、今更ながら書いてみます。 …
トラックバック:4
コメント:13

続きを読むread more

ビッグバード来たる

授業の最終日に学生(の一部)が娘にプレゼントをくれました。日本語のクラスでも娘がおむつを替えるときにビッグバード柄を指定してくる話 をしていたのですが、それで覚えていてくれたようです。 家に帰って娘にあげると、狂喜してさっそく連れてまわしていました。ビッグバードに預け先で習ってきた歌を教えたり、ご飯を食べるときも一緒にいすに座ら…
トラックバック:0
コメント:7

続きを読むread more

肺炎も「痛い」。寝かしつけ進歩あり。

妻が肺炎になりました。金曜の夜、病院に連れて行って、救急外来で診てもらい、帰ってきたのは朝でした。疲れました。 寝ていたものの、一人にするのは違法なので、娘も連れて行きました。結構しっかり朝まで寝てくれたものの、自分が生まれた病院だと知ってか知らずか、自分が生まれた時刻ごろに目を覚まし、抱っこしなくてはいけなくてちょっと大変でした…
トラックバック:0
コメント:14

続きを読むread more