「川」はいつ濁る?苗字の後項「川」の連濁、前項が一音節の場合確実か

今日日本語の学生に漢字について質問されました。
その質問とは、「川の漢字は、他の言葉とくっついたときに中川(がわ)、ハドソン川(がわ)と連濁する一方、山川(かわ)というのもあるようですね。いつ連濁して、いつ連濁しませんか」というものでした。

とりあえず、「苗字は日本人でも予想と違う読み方をすることがあるし、一つ一つ覚えるしかないでしょうね。川の名前は、たぶん連濁するものが多いんじゃないかと思いますが、、、」と答えました。

連濁といえば、「ライマンの法則」というのを習ったなぁ。後項に濁音を含む言葉が来る場合には連濁しないというものです。例えば、「たまご」には既に濁音が入っているので、「ゆで」とくっついて「ゆでたまご」となっても「た」は濁らないというわけです。

さて、ちょっと気になったので調べてみました。ヒマですね、私も。
村山忠重氏の苗字館というサイトに苗字の電話帳による苗字全国ランキングが3万位まで載っています。

とりあえず、1000位までのを見てみると次の通りでした。
もとのランキングは漢字ベースなので、読み方は考慮していません。読み方については私の個人的な語感でこっちかなというちょっといい加減なものですが。。。

連濁して「がわ」になる苗字 18件
31 小川 おがわ
34 長谷川 はせがわ
50 中川 なかがわ
206 北川 きたがわ
263 宮川 みやがわ
370 谷川 たにがわ
521 皆川 みながわ(みなかわ)
550 瀬川 せがわ
661 田川 たがわ
682 江川 えがわ
704 井川 いがわ
717 佐川 さがわ
705 香川 かがわ
857 柳川 やながわ
865 笹川 ささがわ
875 砂川 すながわ
921 宇田川 うだがわ
1000 品川 しながわ

連濁せずに「かわ」になる苗字 26件
27 石川 いしかわ
103 古川 ふるかわ
105 市川 いちかわ
110 吉川 よしかわ
114 西川 にしかわ
175 早川 はやかわ
258 前川 まえかわ
265 大川 おおかわ
278 及川 おいかわ
280 細川 ほそかわ
291 荒川 あらかわ
297 森川 もりかわ
324 黒川 くろかわ
328 山川 やまかわ
356 藤川 ふじかわ
387 平川 ひらかわ
437 堀川 ほりかわ
490 白川 しらかわ
521 皆川 みなかわ(みながわ)
540 松川 まつかわ
691 相川 あいかわ
712 下川 しもかわ
758 浅川 あさかわ
778 立川 たちかわ  
846 滝川 たきかわ
851 横川 よこかわ
967 今川 いまかわ

というわけで、強引な結論では、川の漢字を使った苗字には連濁しない「かわ」という読み方の苗字のほうが多そうです。でも3万件のうち1000件までですから、これが統計的に偶然である可能性は、計算のしかたがわかりませんが(汗)、あると思います。

しかし、1つ発見したことがあります。
それは、「前項が一音節の場合、濁音化する」んじゃないかなということです。
濁音化する18件のうち7件がその例です。

31 小川 おがわ
550 瀬川 せがわ
661 田川 たがわ
682 江川 えがわ
704 井川 いがわ(いかわ)
717 佐川 さがわ
705 香川 かがわ

一方、濁音化しない26件のなかに、前項が一音節のものはありません。

なお1000位以内に入っていないものとして、

阿川 あがわ
津川 つがわ
出川 でがわ
外川・戸川 とがわ
野川 のがわ
矢川 やがわ
湯川 ゆがわ(ゆかわ)

などがありますね。
これ以外に「前項が一音節で、後項が「川」で濁らない苗字」という反例はちょっと今思いつかないんですが、あるでしょうか。

<追記>
Achiさん
湯川(ゆかわ)、流川(るかわ)、武川(むかわ)、宇川(うかわ)等、一音節で母音が「う」でも濁音にならないのがあると教えて頂きました。

きむちさん
井川(いかわ)、美川(みかわ)等その他の母音でも清音のままのがあるとご指摘を頂きました。

Kishikoさん
「谷川」は「たにがわ」だけでなく、谷川俊太郎のように「たにかわ」もあるとご指摘を頂きました。

しまじろうさん
「小川」と書いて「こかわ」と読む方がいらしゃったそうです。

ミナカワさん
「皆川」と書いて、「みなかわ」とお読みするそうです。
「皆川」を「みながわ」と決め付けないでほしいとのことでした。失礼しました。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い

この記事へのコメント

2007年01月25日 21:38
そう言えば誰に教わるでもなく何となく「かわ」と「がわ」を使い分けていますね。人に説明するのは難し~!ヒロシさんのお仕事って本当に大変だなーとあらためて思いました。
湯川は「ゆかわ」と濁らないほうが多数かと思います。セガのCMに出ていた湯川専務とか。
あと「スラムダンク」の登場人物に流川(るかわ)君っていましたね。他には武川(むかわ)さん、宇川(うかわ)さん等。ウ行一音節で、濁点をつけることができない時は「かわ」と発音する・・・とかでしょうか。んんん。大学時代、第二外国語の女性名詞と男性名詞の振り分けに戸惑った時のことを思い出しました。^-^;
KISHIKO
2007年01月26日 01:26
それと、谷川ですけど、詩人の「谷川俊太郎」さんは、「たにかわ」です。でも、これって、地域独特の読み方もあるのかなーと思いますが。
同じ名前でも、地域によって、イントネーションのつけ方が違う場合がありますね。
きむち
2007年01月26日 01:36
井川(いかわ)さん、美川(みかわ)さん(って、美川健一しかしらないな)を思いつきました。

名前や固有名詞というのは地域差や特殊な読み方などもあるし、難しいですね。地名(川の名前でないもの、あるいは名詞でもいいのか)+「川」で架空の川の名前を作って、濁音にするのが自然かどうかみてみると、またパターンが見えるかも???
きむち
2007年01月26日 01:38
はっ!美川「憲」一ですね!漢字ひとつ間違えるだけで、なんか印象が全然違う・・・。

失礼しました。
2007年01月26日 16:45
濁音が入っているということは「二語意識」があると、大学時代国語学の先生が言われてました。
リンク先にも載ってたけど、「山崎」と書いて「やまさき」「やまざき」どちらの姓もあるけど、「やまざき」の方は「山」+「崎」で「やまざき」になったことを語っているということです。
「やまさき」は最初から「やまさき」という単語だということです。
二つの単語がくっ付く際に接続部分が濁音になるそうです。
2007年01月26日 18:30
はじめてメールいたします。私、別府大学で講師をしております篠崎大司と申します。専門は日本語教育です。
私は、HP「日本語教師篠崎大司研究室」を管理・運営しております。
貴HPを拝見し、勝手ではありますがリンクさせていただきました。
http://www.kanjifumi.jp/link/link-blogsite.html

もし、ご迷惑でしたらご一報いただきたく存じます。
よろしければ、相互リンクをお願いいたします。
1.タイトル
日本語教師 篠崎大司研究室
2.URL
http://www.kanjifumi.jp/
ご検討いただければ幸いです。
2007年01月28日 11:59
>ACHIさん
ご指摘感謝します。湯川専務、そういえば、そんな人がいたというのをネットで読んだような気がします。実際のCMは見てないんですが、、、確かにノーベル賞の湯川秀樹も「ゆかわ」ですね。流川(るかわ)君ってのは初めて聞きました。武川(むかわ)、宇川(うかわ)など「ウ行一音節で、濁点をつけることができない時は「かわ」と発音する」ってするどいっすね。まさにそのとおりじゃないっすか。
2007年01月28日 12:05
>Kishikoさん
谷川俊太郎って「たにかわ」なんですね。「たにがわ」だと思い込んでいました。清濁だけでなく、音の高さもいろいろあるようですね。
2007年01月28日 12:32
>きむちさん
美川憲一ってのもありましたね。美川、井川(いかわ)があると、なんだか、一音節だと「かわ」が濁音化しやすいんじゃないかなという程度に感じられてきますね(汗)。それから架空の名前で考えてみるのも有効でしょうね。
2007年01月28日 13:01
>みーこさん
確かに連濁は二語だったのが、(片方がもう片方を修飾して)一語になっている意識があるようですね。ところが、「山川」のように、修飾関係はなくて、同じ重さで並んでいる場合には連濁しないこともあるようです。面白いですね。
2007年01月28日 13:18
>篠崎さん
ご丁寧に恐れ入ります。インターネットにあるものは基本的になんでもリンクフリーだと思っていますので、リンクしていただいて構いません。トップページのリンク集は、ブログだけで更新順に入れ替わるように設定してあるのですが、ブログもお持ちのようでしたので、そちらのサイトを登録させていただきました。
2007年01月29日 15:51
別府大学の篠崎です。

この度は、相互リンクをご快諾いただき、本当にありがとうございました。

今回のリンク集は、「現職の先生方は、日頃どんなことを考えているの。」、「教師として同じ悩みを共有したい」、「日本語教師の友達がほしい。」といったニーズに応えたいと思い作りました。

また、これから日本語教師を目指す方に、専門書や講義だけでは分からない、現場の肌感覚といったものが伝わればいいかなと考えております。

今後とも、コンテンツの充実に努めていきたいと考えておりますので、何卒よろしくお願いします。
2007年01月29日 21:25
はじめまして。
しまじろうと申します。
エイジさんのブログから飛んできました。
現在社会人兼大学院生をしております。
ところで、記事の中の前項1音節で
後項が濁音じゃない
かわの名字の件ですが、
私の高校時代のの同級生の
小川と書いて
”こかわ”と読む人がいました。
日本語は奥が深いですね。
特に名字は本当に難しいです。
斯く言う私もしょっちゅう間違われます。
2007年02月01日 18:31
>篠崎さん
こちらこそよろしくお願いします。

>しまじろうさん
「こかわさん」はすごいですね。絶対聞かなかったらわかりませんね。日本語の名前は興味が尽きないところです。しまじろうさんも院生なんですね、それにお子さんもいて、ちょっと親近感を感じます。
2007年03月19日 12:16
結構面白い話で興味深く読ませてもらいました。ありがとうございました。
2007年03月22日 14:40
>純じゃぱさん、
コメント有難うございます。日本語教えているのに、まだまだわからないことだらけで、毎日勉強しています。
ミナカワ
2012年06月10日 01:01
皆川をミナガワと呼ばれるのは嫌いなので決めつけないで下さい。

2012年06月11日 07:37
皆川と書いて「みなかわ」とお読みするとのこと勉強になりました。認識不足で失礼しました。
2018年03月18日 09:25
WOW just what I was searching for. Came here by searching for 本

この記事へのトラックバック