ニューヨークは危険がいっぱい:犯罪・テロだけでなく大気汚染、原発からの放射能漏れも

1.大気汚染
23日(木)のamNewYorkに「米環境省いわくニューヨークの空気は発がん性あり(NYC air is a cancer-causing mess:EPA)」(Devlin Barrett, AP)というニュースがありました。

米環境省(Environmental Protection Agency, EPA)によるとニューヨークはもっとも大気汚染の進んだところらしいです。(続いて、カリフォルニア、オレゴン、ワシントンDC、ニュージャージー)。反対に一番きれいなところは、ワイオミング(ブロークバックマウンテンの世界ですね。たしか人口が一番少ない州です)、サウスダコタ、モンタナだそうです。

1999年の177の科学物質の環境への排出量をもとに順位を算出したようです。
ニューヨーク大学(NYU)のジョージー・ソーストン(George Thurston)教授によると、ニューヨークのように大気汚染の進んだところに住むのは、喫煙者と同居するのと同じくらい悪いそうです。そういえば、この間なくなったスーパーマン役のクリストファー・リーブスの奥さんもまだ40代でしたが、喫煙者じゃないのに、肺がんでなくなりましたね。

子供のころ光化学スモッグがよく発生して、そのたびにのどが苦しくなっていたんですが、それに比べるとNYはその発生が少ないかなぁと思いますが、それでも物流はほとんどトラックですし、大型(semi)もたくさん走っているし、汚いよなぁ。姉夫婦が住むロードアイランド(これをニューヨーカーに言うたびに、ロングアイランドか、いいねぇと言われる。。。)に行くと、本当に空気の味が違って驚きます。

ニューヨーク市の中でも、本当に汚いところとましなところの差はあると思いますが、それでもそんな風に脅されるとちょっと暗くなりますね。

2. 放射能漏れ
同じ新聞の記事から。
ニューヨークの余り知られていない事実として、近くに原発があることが挙げられます。
東京から一番近いのは福島のだと思いますが、それでも200km以上離れています。ニューヨークの場合は、北50キロ(30マイル)のインディアンポイントに原発があります。結構近いです。

飲料水の基準を3倍上回るストロンチウム90(strontium-90半減期24年)が発電所近くの地下水から発見され、ハドソン川に達したと見られるものの、安全に分散されるので心配ないそうです。っておい、いつもそんなこというけど本当に大丈夫なのか?トリチウム(tritium半減期12.5年)も発見されていたそうです。それに去年の8月にも地下水汚染が発覚しているそうな。更に放射能漏れの箇所を特定すべく調査中だそうですが、いつまでかかるのか。。。
9/11以来テロの標的候補としても時々名前は聞いていたものの、最近は聞いてなかった原発。いろんな意味で本当に大丈夫なのだろうか。。。。

こんなところで娘を育てていていいのだろうかと疑問に思わざるをえません。

人気blogランキングに登録中。クリックお願いします。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

2006年03月25日 22:39
原発の事実は、初耳です。それは怖いですね。しかも、アメリカ人のおおらかさというのか、無関心さというのか、鈍さも怖いですね。汚染が確認されて、ちゃんとその原因を探って解決したんでしょうかね。BSE感染牛の問題も、こっちじゃ、あまり聞かないですしね。

そういえば、東京の実家の近くに巨大な球体のガスタンクが3~4個あります。よく、ウルトラマンが怪獣を蹴り倒してその下敷きになって爆発するような。あれが爆発したらシャレにならんだろうなぁ、とよく思います。何かの雑誌で、東京の危険スポットとして紹介もされてた覚えがあります。
2006年03月25日 23:34
日本の原子力発電所は超安全でどんな災害にも絶対大丈夫です。
(建築工事の手抜きもありません。)
ちなみに、静岡県御前崎市にも浜岡原発があります。
(東京からは何KMぐらい離れているのだろう?)
東海地震が来ようが、東南海地震が来ようが絶対大丈夫!!
たとえ原発が断層の上にあってもOKです。

そうです、信じるものは救われるのです。たぶん・・・。



2006年03月26日 02:49
大気汚染があると心配ですね。
喘息などにお気をつけください。
っていわれてもどうしたら良いんでしょう。。。の世界ですね。
空気清浄機は花粉には効くみたいですが、大気汚染はどうなんでしょうね??
2006年03月26日 12:51
NYCに遊びに行くと、毎回感じるのが、ノドの乾き。なぜかわかりませんが、異様にノドが乾くんですよ、NYC。あとは、鼻をかむと「黒いなぁ~」って思います。(汚い話しですみません)同じことを東京に行く時にも感じます。

ところで、原発がそんな近くにあるとは知りませんでした。そっちの方が怖いですね。自分でどうにもできない問題なので。うちは実家が「ガス会社前」というバス停です。目の前に丸いガスタンクがあります。爆発したら即アウトですね。
2006年03月26日 13:32
>Kazzさん
確かにBSEってばアメリカでほとんど聞かないですよね。平気なんだろうかと疑問に思いますけど。ガスタンクといえば、映画ランドリー(2002)で窪塚君演じるテルがガスタンクは膨らんで、爆発して、皆吹き飛ばされて死んでしまう、と思っているというようなセリフがあって、小雪演じる水絵も昔そう思っていたと言います。何か不安のメタファーとして出てくるのが印象的でした。

>ひろくまさん
そうか浜松にもありますね。でもそこにも人は住んでいるわけだし、うなぎパイは作られているわけだし、東京からの距離で、離れているから大丈夫といってもいったい何が大丈夫かわからないですね。。。それに地震!日本なら考えなくてはいかんですよね。
でも日本ではなんとなく昔からマスコミが結構原発不信というか原発たたきと言うか何かあるとちゃんと報じているような気がするんですが、米国民はあんまり気にしてない人が多いような気がして、本当にちゃんと情報が流れてくるのかと不安になります。
2006年03月26日 13:51
>スーさん
喘息といえば、小児喘息を患ったことがあるので人ごとと思えないんですが、I-95という交通のたくさんあるハイウェイがブロンクスを突っ切っていて、その近辺など環境の悪いところに、低所得者層住宅が密集し、そこに住む子供たちの喘息持ち率が結構たたくて、特定の人種・民族がなどが集まってしまっているという現状に不条理を覚えます。空気清浄機はどうかなぁ。少しは効くと思いますけどね。どうなんでしょう。。。

>taekoさん
のどの渇き、思ったことはないけど、人が多いし、冬は暖房で乾燥しているし、夏は暑いからかな。それから確かに鼻は汚くなるような気がする。函館にいたとき「ガス会社前」ってすごく気になるバス停の名前でした。だってなんだか作り物のお話の世界の名前みたいじゃないですか?だってどう考えても、会社の名前は「ガス会社」じゃなくて、「○○ガス」というはずでしょ?地下鉄の駅名の「三越前」が「デパート前」っていうんじゃおかしいのと同じくらい不思議な感じです。でも、あれか、ガスの会社が一社で独占企業だったらいいのかな。
2006年03月26日 14:59
怖いですね~(>_<)
住むのに便利な反面、環境面でそういう悪いことがあるんですね。
私の住む田舎でも、今日、ススが降ってきました。
どこかで火事があったのかもしれません。
人間の住むところならどこでも自然に悪影響を与えているんでしょうね。

2006年03月26日 20:48
古い話ですが「スリーマイル島」で原発が暴走した時には大変な騒ぎになりました。あれ以来、アメリカ合衆国での大規模な放射能漏れ事故は聞いていませんが、どこかで少しずつ漏れているのかも。それがNYじゃないという保証はないですね。

日本では、最近、石川県の志賀町(しかまち)の原発が「大地震に弱い」という理由で停止せよという判決が出ました。偶然、志賀町に知人がいて、この原発の近くにも行ったことがあります。能登半島の付け根で、風光明媚で、海産物もお米も野菜も大変美味しい場所に、見慣れぬ原発があって驚きました。
2006年03月26日 23:28
ズバリ、そうなんです。「ガス会社前」のガス会社は今こそ「北ガス」といいますが、元は「函ガス」という会社(だったらしいです)。ヒロシさんの推測どおり函館唯一のガス会社でした。
他にも「競馬場前」や「競輪場前」というバス停がありますよ。東京だったら「大井競馬場前」や「府中競馬場前」ですよね。
2006年03月27日 16:20
>みーこさん
うーむ、実はNYは住むのにも不便なところです。まず第一に家賃が高いし、物価も高いし、公立の学校は悪いし、駐車場は少ないし、自然もあまりないし。日本のものは食材から、本(紀伊国屋、旭屋)、古本CD(ブックオフ)まであるので、その点はいいですけどね。

>asianimprovさん
スリーマイル島って日本でよく聞きました。原発事故ってニュースにならないのか、あまりこっちでは聞かないような気がします。(こわ)停止になってよかったですね。大地震がなくても落ち着かないですよね、やっぱり。志賀高原と同じ字ですけど、しかのなんですね。

>taekoさん
ほほう、やはり。そういえば、市電も競馬場前ってのがありましたね。懐かしいなぁ。それから競輪選手のホストファミリーって家族もいましたね。Y先生がよく話していたような気がする。

この記事へのトラックバック

  • 講義、原発。。。

    Excerpt: 夕刻まで講義用資料の作成。10年ほど前に読んだ本で、誰だったか忘れたが、名講義をする先生でも最初はちゃんと原稿を用意されたという。それをしない人は学問を軽んじていると言われたとか。。。 最近学会.. Weblog: 自己内対話 racked: 2006-04-07 08:53
  • ニューヨークにも大地震の危険性?

    Excerpt: 最近驚いたニュースにニューヨークも大地震が来るかも(来たこともあるし)というニュースです。1884年にはブルックリン付近でマグニチュード5.5の地震があったそうです。え、結構おっきいじゃん。1677-.. Weblog: もっと学ぼうニッポン:ブログ時代の日本語学習 racked: 2008-09-03 16:09