もっと学ぼうニッポン:ブログ時代の日本語学習

アクセスカウンタ

zoom RSS 「暗いところで待ち合わせ」(2006)

<<   作成日時 : 2008/10/23 23:40  

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 2

「暗いところで待ち合わせ」(2006)は乙一の2002年の小説をもとにした映画。

職場の上司に薦められて見たのだが、なかなかよかった。中国人と日本人の両親を持ち、なんとなく居場所のないアキヒロが上司を殺人した容疑で追われ、目が不自由なミチルの住むうちに隠れていると、ハルミという女性がミチルのうちの洗濯物が飛んできたと届けに来てくれる。。。

画像


さて、映画の内容とは別に私にとってちょっと衝撃的だったのは、出てくる電車の車両だった。というと鉄道マニアみたいだが、マニアでないからこそ知らなかったというか、そんなことがあった。舞台となるのは、群馬県前橋市茂木町の上毛電気鉄道上毛線の大胡駅というところらしいのだが、そこで走っている電車はなんと井の頭線(吉祥寺から渋谷まで行く)の車両なのだ。何度となく京王線の明大前で乗り換えて渋谷に行くときに乗っていた電車が、遠く離れた世界で、ずっとそこにあったような顔をして走っている。それは日本で使い古されたバスがどこかの外国でひょっこり使われていたのを発見したときの驚きに似ている。(上毛線沿線の方、気を悪くされたらごめんなさい。「外国」というのは、いい意味の比喩です。)

画像


くねくねとした線路を、駅と駅の間が近くてちまちまと走っていたいろいろな色の井の頭線が、なんとも開放感のある上毛線の背景にマッチして電車も喜んでいそうな気がします。それにワンマンって書いてあるなぁ。。。ワンマン電車って不思議な感じ。

暗いところで待ち合わせ プレミアム・エディション
ジェネオン エンタテインメント
2007-06-08

ユーザレビュー:
弱味に付入る人間の醜 ...
田中麗奈のスタームー ...
人間というもの この ...

Amazonアソシエイト by ウェブリブログ


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 5
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
かわいい

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
こんいちは。
私も映画見ましたが、電車の件、気づきませんでした。しかしなんとなく違和感はありましたが・・・。
とく
URL
2008/11/15 16:17
とくさん

いずれにしろ電車が再利用されているのは望ましいことですよね。
ヒロシ
2012/06/11 07:49

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
「暗いところで待ち合わせ」(2006) もっと学ぼうニッポン:ブログ時代の日本語学習/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる