もっと学ぼうニッポン:ブログ時代の日本語学習

アクセスカウンタ

zoom RSS 成人の日、マーティン・ルーサー・キング・Jr・デー

<<   作成日時 : 2007/01/12 17:51   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 8

成人の日がその年によって動くようになったのは知っていましたが、もう15日には来ないんですね。個人的にはちょっとさびしいです。

ウィキペディアによると、2000年に導入されたハッピー・マンデー制度なる和製英語の名前の制度で、1月第2月曜日(その年の1月8日から14日までのうち月曜日に該当する日)になったからだそうです。

その一方アメリカでも1月15日付近にお休みがあります。マーティン・ルーサー・キング・Jr・デーです。公民権運動(Civil Rights Movement)に貢献したキング牧師は1929年1月15日にジョージア州アトランタで生まれました。アトランタに1年だけ住んでいたときに、キング・センターへ行ったり、彼の生家のツアーをしたりしたし、思い入れがあります。

1968年に39歳で暗殺されてしまうまで、ローザ・パークス(去年のスーパーボールの冒頭に黙祷をささげられた一人)から始まったアラバマ州モンゴメリーのバスボイコット事件(1955年)にもかかわり、ワシントン大行進(1963年)での有名な「I have a dream」の演説を残し、公民権法成立(1964年)に貢献し、ノーベル平和賞も受賞するなど活躍しました。

今年はいつ以来かわかりませんが、マーティン・ルーサー・キング・Jr・デーが本当に15日にあります。ちょっと嬉しいです。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(8件)

内 容 ニックネーム/日時
去年はローザ・パークス夫人が亡くなられました。(そのあとに、キング牧師夫人のコレッタ・キングさんも亡くなられましたね。)

ひとりの普通の主婦の、勇気ある行動が世界を変えることになったのですねえ。
コンドリーザ・ライス長官がアメリカ女性として、トップの地位に登りつめたのも、この公民権運動があって、アフリカ系アメリカ人の地位向上があってこそです。でも、ライス長官の発言からは、平和に対する考え方に「うーん、ちょっと・・・」と首をひねってしまいます。

KISHIKO
2007/01/12 19:22
ライスさんはベトナム戦争で失敗した頃のThe Best and The Brightest(by デビッド・ハルバースタム)になってしまいそうです。マクナマラ国防長官(当時)がベトナム政策と戦争の過ちを認めたように、いつかライスさんもイラク戦争の過ちを認めることになるのでしょうか。

ライスさんは20代でスタンフォード大の助教授になったエリートです。その頭の良さと国際政治学者としての実績、アフリカ系有権者への配慮も含めてブッシュに登用されたと解釈していいのだとすれば、その「頭の良さ」が機能しなかったのか、機能させたくても出来なかったのか。わからない。戦場を知るパウエルさんが政治から撤退した(させられた)のは結果的に正解だったとは思いますが。
asianimprov
2007/01/14 08:22
>Kishikoさん
そうですねぇ。ローザ・パークスの頃から考えると、黒人女性が国務長官になるなんて考えられなかったはずですよね。でも、黒人で「成功」すると、黒人からは逆に「白人側についた」とか「飼われた」「買われた」とか思われたれして、気持ちが離れて行ってしまうことがあるようですね。彼女の職務の中で、彼女なりによくやっているんでしょうけどね。             
ヒロシ
2007/01/15 00:14
>asianimprovさん
「機能させたくても出来なかった」部分もあるでしょうねー。しかし、これだけ批判を浴びてストレスの多い仕事なのによくやっているなぁと思います。最近ブッシュは初めて失敗したこと、そして責任が自分にあることも認めましたが、それでもその解決策がよりたくさん派兵するってことじゃー、なんだかなーと言う感じですね。共和党、民主党両党からずいぶん叩かれて、世論調査でも7割が反対なのに、解散総選挙ってのがないのがアメリカの政治の不思議なところだなぁと素人ながらに思います。
ヒロシ
2007/01/15 04:09
そうですね〜。米国には衆参同時選挙とか衆議院解散総選挙とかいう制度がない。これは「大統領一極集中デモクラシー」の弱点かもしれません。アメリカ人はヒーローを好みます。西部劇のガンマンみたいな。でも、ガンだけではイラクはどうにもならないことがわかってきたのでしょう。

それでもこの国のアベ首相はアメリカ絶対支持ですので、どうしようもない。あの人、今頃西欧の先進国を廻って何してきたんだ!そんな暇があるならアジアへ行け!インドでもスリランカでもパキスタンでもインドネシアでもタイでも、行くべき国はたくさんあるではないか!(苦笑)これでは「脱亜入欧」の明治時代に逆戻りです。あーあ。
asianimprov
2007/01/16 17:35
asianimprovさん、
本当に不思議です。国民がほとんど反対して、どちらの政党からもいちゃもんつけられてそれでも大統領は任期が全うできちゃうのはいいのか悪いのか。現職大統領が任期中に辞めたのはニクソン大統領だけらしいですね。・アベさんはどうなんでしょうね、小泉さんはえらく長く続きましたが。「美しい国」というのは明治の日本の自信がなくて不安な分、武士道やらお茶やらで、自分たち(の文化)を肯定しようとしたのに通じるかもしれませんね。
ヒロシ
2007/01/17 16:36
>今年はいつ以来かわかりませんが、マーティン・ルーサー・キング・Jr・デーが本当に15日にあります。ちょっと嬉しいです。
お、オメデトウございます♪
ACHI
URL
2007/01/22 05:33
>Achiさん、
いや、どうもどうも。ホントにね。今度はいつかわからないけど、今年はよかったです。
ヒロシ
2007/01/22 17:33

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
成人の日、マーティン・ルーサー・キング・Jr・デー もっと学ぼうニッポン:ブログ時代の日本語学習/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる