もっと学ぼうニッポン:ブログ時代の日本語学習

アクセスカウンタ

zoom RSS ニューヨークにもいた!あやしい募金活動家

<<   作成日時 : 2007/01/22 17:17   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 7

「すみません、募金をお願いしているんですが」とにこやかに声をかけられました。
日本語で怪しい募金をお願いされるのはあまりに久しぶりで、思わず相手のペースに乗せられそうになりました。場所はニューヨークから川を渡ったニュージャージーにある日系スーパーに併設された日系書店内。

手口は、日本で横断歩道で信号待ちをしているときに来る人たちと基本的に同じです。国連のNGO(なんともはっきりしない表現)から来たとか、恵まれない子どもたちのためになどと言います。

あのなんともいえない中途半端なつくり笑顔、宗教かなにか入っているのでしょうか、いや信教の自由は認めますが、マインドコントロールされていそうで、なんとも怪しい。そして、日本でやっている人と年齢層的に似ています。20代のようだが、「今どき」感がなく、若いんだか若くないんだかわからないというか。

「こんなところにもいるとは」と思いつつ、「どちらの団体ですか」というと団体名は述べずに何か印刷されたもの見せられました。団体名は二つあり、その時点でなんだかよくわかりません。住所やウェブサイトも書いてあったが、メモをとって調べるまでもないかと思い、そこまではしませんでした。

「いったいこの人はどんなビザで滞在しているのだろうか」「洗脳されているのいるのだろうか」「ここで募金をしないとこの人は生活に困ったりするのだろうか」「騙されてアメリカに来たのだろうか、それともアメリカにいるうちに騙されてこれをさせられているのだろうか」「いやきっとアメリカに来て、孤独なうちに、するっと勧誘されたのだろう。日本で大学に入りたてで環境が変わって間もない人が狙われるのと同じかな。」などと考えつつ、逆切れされて娘に危害が及んでは大変なので、無難にやり過ごしました。

ニューヨーク地域に在留届を出しているだけで日本人が6万人もいればこんなことになってしまう人が少しぐらいいても不思議ではないのかもしれませんね。

しかしそもそも声をかけられるのは、自分がスキだらけだということではないかとちょっと反省。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(7件)

内 容 ニックネーム/日時
ヒロシ様のお役に立てるかと思い、書き込ませていただきました。
怪しい人によく話しかけられるダイヤルトーンインターナショナルジャパンの壁谷と申します。
この度、弊社ではライブ映像と音声を活かして、何かを教える・伝える・表現するといった分野で気軽に参加していただき、ビジネスの一助になれるような新しいコミュニケーション手段「ライビジョン」を、鋭意制作しております。
概略は「ライビジョン」ホームページをご覧ください。
弊社では、「ライビジョン」を双方向の”お互いがわかるライブ放送”と位置づけております。番組を提供する方と視聴する方がお互い反応を見ながら番組を進めてゆけます。
ヒロシ様でしたら、日本語教育や文化の違い、よく陥りがちな勘違いなど多彩な話題を配信できるかと考えて、ご連絡させていただきました。
ご不明な点や分からないことがありましたらお気軽にご連絡ください。
最後までお読みいただきまことにありがとうございました。
ライビジョン事務局 担当 壁谷 
livesion_contact3@dtijapan.com
営業コメントですみません。
URL
2007/01/22 18:49
この記事に↑のコメント。笑

>20代のようだが、「今どき」感がなく、若いんだか若くないんだかわからないというか。
納得〜。何となく似た雰囲気ですよね。洗脳されるとそうなっちゃうのか、そういう人が洗脳されやすいのか??
子供連れなら断りづらいだろうってヒロシさんを狙って声をかけたのなら相当な悪党だし、自分が怪しまれることすらわかってない(自分は善行をしてるんだ!と思い込んでる)んならそれもヤバいし、どっちにしろ怖いですね。何事もなくてよかったです。
ACHI
URL
2007/01/23 03:03
御無沙汰してます。
>「いったいこの人はどんなビザで滞在しているのだろうか」以下
ヒロシさんが瞬時にあれこれ考えたのが面白かったです。
私は募金は全て怪しそうなので、していません。
でも大学に入ってすぐ、武道会の一年生は強制的に募金活動をやらされて(「足長募金」だったと思います)、納得行きませんでした。
怪しくない募金でも、集まったお金がホントに有益に使われているのかを見届けることもできないし。
それに私は自分で稼いでないので、募金しません(笑)。
みーこ
2007/01/23 11:37
外国まで行って日本人から募金を取ろうというのは言語道断ですね。国連を名乗るなんて、悪質だ。

募金じゃないけど、日本では「NTTの代理店ですが・・」という言い方で自己紹介をして、電話回線に余計な細工をして儲ける悪質な業者が横行しています。うちの会社にもいまだにそういう電話がかかってくる。実はNTTとは何の関係もないし、工事をしたから電話料金が安くなるわけでもない。逆に高くなる場合もある。

こちらが断ると「そうですか。ではあなたは電話料金を安くしたくないのですね!」と人を馬鹿にしたような高圧的な言い方で返してきます。

話題にするのも嫌な、愚かな連中ですが、騙されるひともいるので書きました。あんな商売だけはしたくないですね。
asianimprov
2007/01/23 16:40
>ACHIさん
ホントにね。この記事の内容にもめげずに営業する「熱意」には参りました。新しいネットを使ったビジネスとして今後の動向が若干気にならなくはないですが。・わかります?そうそう、そんな雰囲気です。ありゃなんなんでしょうね。新宿の西口地下街にもよくいたような感じ。たぶんランダムに声をかけているだけなのかもしれないけど、ちょっと戸惑いました。
ヒロシ
2007/01/25 17:31
>みーこさん
こちらこそ御無沙汰してます。。
>怪しくない募金でも、集まったお金がホントに有益に使われているのかを見届けることもできないし。
そうですね。そういう点でほんとうはボランティアなんかは体感できるから、したほうがいいんだろうなぁと思っていますがなかなかできません。。。
>それに私は自分で稼いでないので、募金しません(笑)。
みーこさんがいなければだんなさんも働けないんですから、みーこさんも「稼いでいる」と思いますよ。
ヒロシ
2007/01/25 17:44
>asianimprovさん
「NTTの代理店」っていうのはなんともあいまいな表現ですね。そんな悪質業者がいるとは困ったものですね。読むだけでこちらもむかむか来ちゃいますね。
ヒロシ
2007/01/25 18:00

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
ニューヨークにもいた!あやしい募金活動家 もっと学ぼうニッポン:ブログ時代の日本語学習/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる