もっと学ぼうニッポン:ブログ時代の日本語学習

アクセスカウンタ

zoom RSS 米国におけるフツーのブログとは?米国版SNSブログVox紹介記事からの推察

<<   作成日時 : 2006/11/26 22:56   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 6

ちょっと前(11月6日号)の米国版ニューズウィークにこんな記事がありました。(クリックすると記事を拡大表示できます)
画像
A NEW WAY TO BLOG
Some bloggers aren't in the game to garner fame, earn fortune or take down politicians-they simply want to share their thoughts, songs, and videos with friends and family. That's the target audience for Vox (vox.com), a free easy-to-use service by the blog software company Six Apart. Steven Levy 11/6/2006 Newsweek p70 "TipSheet"

新しいブログのありかた」
ブロガーの中には有名になったり、儲けたり、政治家を引きずり下ろす目的でブログをしているのではなく、単に自分の思ったことや、音楽や映像を友達や家族とシェアしたいという人もいる。それがVox、ブログソフト会社シックスアパート(Six Apart)が無料で提供する簡単なブログサービスである。ニューズウィーク米国版2006年11月6日70ページ スティーブン・レヴィ(ハイライトは私がしました。)


この記事を書いたスティーブン・レヴィという人はニューズウィークのシニアエディターで、それなりの立場にいる人のようですが、この人の書き方によると、有名になる(先日の記事のgreek tragedyの人のように有名になることを目指すブログなど)、アフィリエイトなどで儲ける、時としてマスメディアに対抗する草の根メディアとして政治家に対して批判を出したりすることが目的のブログが「新しくない」といっているようにとれます。

彼が「新しい」と言っているということは、「自分の思ったことなどを、知っている人だけとシェアする」ですが、それってシェアする相手が知っている人だけ(つまり招待制?)ということを除けば、「自分の思ったことを書き留めておいて、他のブロガーさんとシェアする」っていうのは、それこそ日本のフツーのブログのありかたではないかと思うんですが、いかがでしょうか。

ちなみに、Voxを探したらもう日本語版もあるようです。Voxは英語版のウィキにだけ載っていました。


人気blogランキングに登録中。クリックお願いします。


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
職場では「新しくない」販促目的のブログをやらされているのですが、社内コミュニケーションに留まっていて、実際、販促には殆ど役立ってはいないようです。
ところで、私も人様のブログにおじゃまして、いろんな情報、意見を知ることを楽しみにしている者です。でも、自分の考えをシェアするのに、確かにブログは役立っていますが、知らず知らず、生身の人間と対峙するコミュニケーションと遠ざかってきているように思います。ブログ等、文章の場合は推敲が可能なので、あまり矛盾とか極端な表現を事前に防ぐことが出来ますが、相手を目の前にした場合はそうはいきません。そもそも矛盾の塊である人間に相対するコミュニケーション能力が、ブログ等の文字の会話が普及することによって、低下したり、人に対する「免疫力」が衰えてくるような危機感を感じます。
KISHIKO
2006/11/27 01:25
アメリカじゃブログはテレビ等の公共巨大メディアにアクセスできない一般市民のalternative mediaになってますからね。政治に関するブログを書いている人はジャーナリストかっていう論争がありましたし。それにしても金儲けが思たる意味で「古い」とは、さすが資本主義大国アメリカ。
yukki
URL
2006/11/27 13:42
>Kishikoさん
販促としてはやっぱりその商品に関心がありそうな人がたくさん来る「強力な」ブロガーに取り上げてもらうのが効果があるのかもしれませんね。そこから、火がついて一般のマスコミでもニュースになったりしたらいいですね。・たしかに文字の会話では推敲ができて矛盾したことを言ってしまうのを防ぎやすいかもしれませんが、それで必ずしも人に対する「免疫力」が衰えてくるかというかそうでもないような気がしていますが、ちょっと私が意味を取り違えているのかもしれません。。。。
ヒロシ
2006/11/27 21:48
>yukkiさん
んー、alternative mediaのブログでも中には、普通のマスコミと同じ程度の規模のヒット数があるサイトもあるそうですからね。そうすると何がマスコミがわかりませんね。・自分の名前を有名にするためにセルフ・プロモーションのブログというのも多いそうですが、それはやがて広い意味で金儲けにつながりますよね。だから簡単に目的も分けられないかなと思ったりもします。金儲けといえば、アフィリエイトにがんばりすぎているブログを見るとちょっと痛々しく思うことがありますね。といいつつ自分もときどきアマゾンのリンクとか入れてるんですけどね。。。
ヒロシ
2006/11/27 21:56
Voxは、かなり使い心地がよさそうなイメージがあります。実は、大学の友人が、日本のシックス・アパートで働いているので、ちょっと話を聞かせてもらったんですけど。
でも、忙しくてまだアカウント取ってません。
Kazz
2006/11/29 14:43
>Kazzさん
ほー、人脈が幅広いですねー。日本語版ページをちらっと見ただけですが、コンセプトがはっきりしていて、デザインもいい感じですね。
ヒロシ
2006/12/01 14:47

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
米国におけるフツーのブログとは?米国版SNSブログVox紹介記事からの推察 もっと学ぼうニッポン:ブログ時代の日本語学習/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる