もっと学ぼうニッポン:ブログ時代の日本語学習

アクセスカウンタ

zoom RSS 徴兵制復活3度目の挑戦 by ラングル議員

<<   作成日時 : 2006/11/23 00:31   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 6

ハーレム出身のベテラン議員(なんと1971年から!)、チャールズ・ラングル議員が三度目の挑戦をするそうです。それは、米国での徴兵制の復活です。

ラングル議員の主張によると、徴兵制があったら自分の選挙区でも犠牲者が出るだろうし、その当時のしょうもない(大量破壊兵器があるという)証拠をもとに、今のイラク戦争を起こさなかったはずだというのです。

ラングル議員自身も朝鮮戦争に参戦しているようですが、徴兵制がないと、結局貧困層、マイノリティー層に負担がかかる。そして、戦争を支持するなら、徴兵制も支持しないというのは偽善的だというのが彼の主張です。

2003年に18歳から26歳の年齢層に対する徴兵制を提案し、翌年大差(402対2)で棄却され、今年また18歳から42歳に対する徴兵制の法案を出しましたが、それも棄却されたとのこと。それでも懲りずに、来年また新たな法案を出すそうです。

徴兵制があったら戦争に歯止めがかかるってのは直感的には納得できません。徴兵制があっても結局、富裕層や政治、経済的に力のある層はうまく回避してしまうようなことになるのではないかと思います。韓国でもそんなあるようにも聞きますが、、、
でもこんな法案は撤退への議論を盛り上げるのには役に立つでしょうか。

そういえばキッシンジャーが11月19日のBBCのインタビューでこんな発言をしたとか。
"If you mean by 'military victory' an Iraqi Government that can be established and whose writ runs across the whole country, that gets the civil war under control and sectarian violence under control in a time period that the political processes of the democracies will support, I don't believe that is possible.... I think we have to redefine the course. But. I don't believe that the alternative is between military victory as it had been defined previously, or total withdrawl."
基本的にこのテロとの戦争には「勝てない」と言っているように聞こえます。

とっとと引き上げたほうがいいんじゃないでしょうか。一方で、共和党ジョン・マケイン上院議員(ベトナム戦争で5年捕虜になった経験あり)はもっともっと兵力を投入するべきだと言っているとか、もういい加減やめたほうがいいと思うんですが。。。

人気blogランキングに登録中。クリックお願いします。


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
裕福層は何とかして徴兵を逃れるのでしょうが、その手段がない中間層や、戦争を支持している政治家やその子供は立場上徴兵逃れができないので、戦争に対する考え方が変わるのは確かでしょうね。安易な参戦に対する歯止めになるかもしれません。でも、若い世代が徴兵されることにはやはり反対です。今年、韓国出身の学生が兵役のために泣く泣く学業を中断して帰国していきました。すぐに危険に晒されるのではないと分かっていても、教師として教え子とこのような形で分かれるのにはものすごい抵抗がありました。もしアメリカで徴兵制が復活し、日常的にこのような別れがあるのだとしたら、私はこの仕事を続けていく自信がありません。
hanako
2006/11/24 02:04
>hanakoさん
私も院生のときにいた中西部の州立大学でTAとして教えていたクラスにもいました、兵役のために大学途中だけど韓国に帰るっていう学生が。やっぱり心配だし、その一方でそうなったことの背景には、直接間接的に日本がかつてしたことのせいではないかと思って、申し訳ないというか無関心でいられれない気持ちになりました。・実際に世論も反対しているし、アメリカで徴兵制が復活することはまずないと思いますが、どうにかこの泥沼から抜け出してほしいものだと思います。
ヒロシ
2006/11/24 15:48
もし徴兵制が復活したら、ベトナム戦争当時のように、カナダへ脱出する人や、良心的徴兵拒否者がどんどん出てくると思います。そういう予想を含めて「毒を盛って毒を制す」式にやってみようというのがこの議員の意図ではないでしょうか。無理でしょうが、敢えて議論を起こすのも政治家の役目かも。

日本で「核武装論議をすべし」と言っている自民党の幹部も、個人の信念もあるでしょうが、多分に「戦略的」な感じがします。
asianimprov
2006/11/25 09:17
>asianimprovさん
もともと無理だと思ってても騒げば話題になるし、共和党批判の一つの手段と思っているんでしょうねー。・本当に復活したら、朝鮮戦争戦争舞台にしてベトナム戦争批判をしたM・A・S・Hのような作品がまた出てくるのかもしれませんよね。・日本で「核武装論議をすべし」というような話が出ているなんて知りませんでした(汗)。。。
ヒロシ
2006/11/25 22:15
もともと日本の過去の戦争だって、貧しい農家の次男三男が、農家の貧困と、口減らしも兼ねてその受け入れ先として、兵力として利用されたようなものですよね。その時にうまい口実にされたのが、靖国神社・・・貧困の中、教育も充分に受けられなかった、普通では、世の中で見捨てられてしまう若者が、死んで靖国の英霊として祭られる・・・ 最前線で命を落としたのは、そういった方々が多かったと聞きます。靖国神社は日本国民を戦争におびき出すための、トリックスターのように思えてならないのです・・・
ですから、このごろの日中戦争や太平洋戦争の映画は、なんだか胡散臭いように思うのですけどね・・・
KISHIKO
2006/11/26 00:59
>kishikoさん
なるほど、日本でも似たようなことがあったのですね。徴兵だから単に全員行かされたと思っていましたが、そういう側面もあったというのはわかりませんでした。勉強になります。
ヒロシ
2006/11/26 15:07

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
徴兵制復活3度目の挑戦 by ラングル議員 もっと学ぼうニッポン:ブログ時代の日本語学習/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる