もっと学ぼうニッポン:ブログ時代の日本語学習

アクセスカウンタ

zoom RSS NY周辺でもエッジシティー化?郊外からNYよりも郊外から郊外客の増加

<<   作成日時 : 2006/10/31 15:43   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

NYの郊外からの通勤手段としては、ロングアイランドならロングアイランドレールロード(LIRR)そして、NYアップステート、ウェストチェスター郡、コネチカットからならメトロノースということになってます。メトロノースの終着駅はイーストサイドのグランド・セントラル駅です。

先週の週刊NY生活(NYの日本語無料新聞)に「メトロノースで通勤は少数派」という記事が出てました。(元記事はニューヨークタイムズということだったんですが、いくらNYTimes.comで検索しても出て来ませんでしたが、Boston.comというところに出てました。)
それによると、1983年にMTA(Metropolitan Transit Authority)がメトロノースの運営をするようになって以来(鉄道自体は1983年以前からありましたが、管理団体が現在のものになったのが1983年らしいです。New York and Harlem Railroadというのが1837年にパークアヴェニュー沿いに開通したそうです)初めて、郊外からNY中心地へ移動する客よりも郊外間の移動をする客のほうが多くなったそうです。

画像


平日の市内から郊外への通勤客だけでなく、週末の旅行客を含めてのことらしいですが、エッジシティーかどうかわかりませんが、郊外から郊外への通勤者が確実に増えていることを示しているものと思われます。

1984年の数字では、伝統的な移動パターンである郊外から都心への通勤客の割合は65.3%であったのに、昨年は49.4%になりました。でも実は、郊外から都心への通勤客の数は減っているどころか、増えているものの、それ以外の客がずっと増えているので、こういうことになったそうです。



人気blogランキングに登録中。クリックお願いします。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
デトロイトに出張中の夫が昨日たまたま電話で「企業の立地も居住圏も郊外へ郊外へと移っているらしい」と言ってました。「中心部の治安が悪すぎて、残っているのはGMぐらいらしい」と。また聞きなので信憑性はアレなのですが、仮に治安悪化も一因であるのならば、いずれ日本でもそうなっていくのかな〜とふと思ったりしました。
ACHI
URL
2006/11/02 00:33
>Achiさん
デトロイトはロボコップ時代(1987-)からダウンタウンの治安の悪さは続いているのかもしれませんね。ドーナツ化現象だと思いますね。でも、NYの特殊性として、都市として発展しても、中心部に人口が残っていて、そしてスラム化はあまりなくて、富裕層も多く残っているといわれています。東京で言えば、千代田区のようなところにも、NYの場合は人がわんさか住んでいるという点が特殊らしいです。あ、でもこれは絵エッジシティーの問題とはちょっとずれてますね。。。
ヒロシ
2006/11/02 23:54

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
NY周辺でもエッジシティー化?郊外からNYよりも郊外から郊外客の増加 もっと学ぼうニッポン:ブログ時代の日本語学習/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる