もっと学ぼうニッポン:ブログ時代の日本語学習

アクセスカウンタ

zoom RSS 緑茶の長生き効果:脳卒中防止効果ありそうというニュースのアメリカでの意味合い

<<   作成日時 : 2006/09/18 15:31   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 11

先週、緑茶を飲む習慣があると脳卒中(stroke)になるリスクを減らすかもしれないという研究がニュースになりました。地元の新聞を読んでいたら、それについて面白いことが書いてありました。

この研究は、東北大の栗山進一助教授(公衆衛生学)らのチームが緑茶を飲む習慣と疾病の関連を40,530人について7-11年にわたって追跡したもので、米医師会雑誌(Jounal of the American Medical Association:JAMA)に発表されました。それによると、お茶を飲んでると、脳卒中による死亡率が低かったらしいです。

さて、その面白いことというのは、これまでの米国の緑茶の病気予防の研究での問題点として指摘されてきたことです。

それは、
(米国で)そもそも緑茶を飲む習慣があるのは高所得者層に多く、彼らは健康に対する意識が高く、お茶を飲むことと関係なく、もとから健康的である傾向がある。だから、その限られたグループを調べてもお茶の効果とは関係なく、健康的になりがち
ということです。

ところが、今回の日本の研究では、お茶を飲む人のグループと飲まない人のグループで、そんな経済的階層差がないので、その問題点を克服しているということでした。

アメリカでは、伊藤園さんががんばっておーいお茶シリーズを売っているし、ほかにも米国メーカーが緑茶を売ってます。でもあまり一般的ではないというか、アジア人以外では健康に特に関心のある人以外は飲んでいないんじゃないかと思います。というか、そんなにどこででも売っているわけではないんじゃないかな。。。おっと、どっちが先かわかりませんけどね。(この研究でのことがどうかわかりませんが、記事の中で、沢山お茶を飲む習慣がある人は、野菜や果物も多く取る傾向があり、そのことが原因となっているかもしれないということも指摘されていました。)

お茶といえば、今年の春、米国食品庁(Food and Drug Administration:FDA)が行った研究では、茶メーカーが言うような緑茶の心臓病防止効果は認められないから、お茶のパッケージに心臓病防止効果があると書いてはいけないという判断を下したというニュースの時に、CNNのキャスターの人が「緑茶ってまずい(yucky)ですよね」って専門家のコメンテーターに言ってて、思わず「キャスターがそんなこと堂々と言っていいのか?」と思ったのですが、それを思い出しました。

でも、そんな風に言ってしまうのは、実はわるのりで、本当はそんなに強く思っていないけど、オンステージでスポットライトが当たっているところで、つい口が滑ってしまったんじゃないかとも思えますが。ちなみに、そのとき専門家の人は、ちょっと引きつりながら、やんわりとごまかすようなことを言って政治的に中立な立場を保っていました。

お茶をすすりつつ、この辺で。

人気blogランキングに登録中。クリックお願いします。

画像

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(11件)

内 容 ニックネーム/日時
子供ができてからは「ほうじ茶」「麦茶」になりましたが、緑茶のあの渋み。
あれはいいですね〜。
お酒を飲んだ後は渋いお茶と梅干が欲しくなります。
みーこ
2006/09/18 18:53
最近緑茶って飲まなくなりました。
日本では最近お茶の種類(ペットボトル)がものすごく多くて、次から次へと新商品が発売されます。純粋な緑茶や、あとは色々とブレンドしてあるものまでものすごい数です!!
家では殆ど紅茶かコーヒーですね。(夏は麦茶)
でも紅茶やコーヒーばかり飲んでると歯が黒ずんでくるんですよねー。
そう考えると緑茶の方がいいかも。
「おちゃ」の画像が可愛いです♪
aki
2006/09/18 22:39
お茶のカテキンには殺菌効果があるそうで、脳卒中の防止に関係あるのかな。タイ国でも韓国でも緑茶はブームです。中国へ行くと日本風のお茶は少ないですね。変わりにジャスミン茶があるけど、あれは「茶」ではない。ウーロン茶はそんなにポピュラーではないし。茶葉から作ったのを「茶」と呼ぶのが正しい。

余談ですが、ガンを抑制すると言われていたβカロチン(βカロテン)には、その後の研究の結果、そういう効果はないということがわかってきた。でも、そういう情報は流れない。今でも、ニンジンなどの緑黄色野菜を摂取すれば健康になれるという宣伝が多い。野菜は食べなきゃいけないけど、極端な摂取は体に悪いと思います。お茶も飲み過ぎると胃に悪い。

でも、海外のホテルの部屋で、緑茶のティーバッグを取り出し、お湯を入れて口に含むとほっとします。お茶には不思議なパワーがある。
asianimprov
2006/09/19 15:03
>みーこさん
お酒の後はお茶と梅干ですか。渋いですねー。
私も渋いのが好きで、ペットボトルなら伊藤園の「濃いお茶」が多いです。

>akiさん
そうそう、お茶の種類ってすごく多いですよね。というか食品全般的に帰るたびに、新製品の数に圧倒されます。紅茶はアメリカでは、ものすごく質が悪いので、日本食料品店でお茶を買って飲んでます。あ、でも朝はコーヒーが多いです。あの絵は、教育用画像素材集(http://www2.edu.ipa.go.jp/gz/index.html)というところで探しました。お茶のように日本的なものはもちろんそれ以外でも、イラストもやっぱり日本のが一番自分にはしっくりくるなぁと思います。
ヒロシ
2006/09/20 11:27
>asianimprovさん
直接関係があるというか、お茶をよく飲む習慣がある人にある病気がすくない傾向にあるってだけのことなので、直接これがこれに効いてるっていうわけではないと思うんですけどね。タイでも緑茶ブームですか。

へー、ベータカロチンって効果ないんですか?
ビタミンAとベータカロチンの違いがよくわかりませんけど、油溶性だから取りすぎたらたまって排出されないってのは効いたことがありますが。
あ、でも妊婦は取りすぎに注意っていうニュースもあったかな。
ヒロシ
2006/09/20 11:41
夫の実家は、抹茶をよそゆきでなく、普段の生活の中でよく飲みます。
お茶の健康的効果は、確かに色々とあると思いますが、お茶のカテキンや、βカロテンのほかに、お茶を飲んで、ちょっと一服することで、、疲労とストレス回復になっていることが ポイントではと思います。
病気の素は、生活習慣から影響することが多いと思いますが、慌しい毎日、ちょっとの「ティーブレイク」で、リフレッシュしますよね。
それから、お茶を語る時に、水のことを抜きでは語れないですよね。
(私は外国生活未経験ですが)その土地のお茶は、たぶん、その土地の水だから美味しく点てられると思いますが、如何でしょう?
KISHIKO
2006/09/20 21:15
>Kishikoさん
抹茶のほうが全部飲めて体に栄養を取り込みやすいからいいのかもしれませんね。・たしかにお茶に限らず「ほっと一息効果」のあるものが必要ですよね。・水は大事ですね。日本はお茶に適した軟水ですけど、米国の中西部などでは水が硬くて硬くてお茶がうまくなかったです。水をやわらかくする装置も売ってたんですが、とてもしがない大学院生には買えるようなもんではなかったので、あきらめていました。NYはなかなか軟らかいほうなので、ありがたく思っています。
ヒロシ
2006/09/20 23:33
<ビタミンAには、はじめからビタミンAのかたちで動物性食品にふくまれるレチノールと、緑黄色野菜にふくまれ、体内でAに変わるβカロチンがあります。レチノールもβカロチンも体内にためておけるので、毎日摂る必要はありません。βカロチンは体内で必要な量だけビタミンAに変わり、残りは体内に蓄積されますが、Aに変換されないβカロチンには独自のはたらきがあり、活性酸素の害を防いでがんなどを予防してくれる効果も認められています。>

上記の文章の最後のほうの「がんなどを予防・・」の部分が、近年の研究により、かなり怪しくなっているそうです。でも、一般的には「がんを予防するβカロチン」という説が定着しています。ビタミンAを摂取するならウナギが良いそうです。体内へのAの吸収がスムーズらしい。アメリカ人は形が気持ち悪いからウナギは食べないみたいですね。

NYの日本料理店のメニューには「うな重」とか「肝吸い」とかあります?(笑)
asianimprov
2006/09/21 13:01
>asianimprovさん

ふーむ、ベータカロチンって体内で必要なだけビタミンAに変わるんですね。知りませんでした。うなぎですか。油溶性だけあって、油っぽいのがいいんでしょうかね。うなぎは結構食べますよ。といってもすしのネタですね。うなきゅうの巻物のパックなんかよく売ってます。実はおすしでは、日本ならアナゴのほうが一般的ですが、アナゴは入ってくるのが少ないからかうなぎのが多いですね。日本料理店、ほとんど行かないですけど、うな重あると思いますよ。でも、本当にそこでさばいているのは少なくて冷凍のパックを使っているんじゃないかと思いますけどね。そんなわけで、肝吸いは少なそうな気がします。あくまで、想像ですけど。日本ならウナギ屋ってのがありますが、そば屋や寿司屋はありますが、ウナギ専門店てのはそういえばなかったように思いますね。
ヒロシ
2006/09/22 12:03
そうか。味付けしたウナギのレトルトパックを温めて、タレと一緒に白いご飯に乗せれば「うな丼」一丁あがりですね。調理しなくていいんだ。そういえば、京都の「ニシンそば」も、パックを温めて蕎麦に乗せるだけだった。ウナギ専門店を出しても経営が難しいでしょうね。アナゴはウナギより高級感がある。お寿司のネタではアナゴが良いです。ああ。お腹が空いてきた。(笑)
asianimprov
2006/09/22 19:36
>asianimprovさん
もしかしたら高級店に行けば、ちゃんとウナギがさばける人もいるんだと思うんですが、やっぱりうまいウナギは日本に限ると思います。あの焼いた香りが漂ってくるのがいいですよね。NYでそんなことをしたら警察来ちゃうかもしれません。。。
ヒロシ
2006/09/23 02:17

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
緑茶の長生き効果:脳卒中防止効果ありそうというニュースのアメリカでの意味合い もっと学ぼうニッポン:ブログ時代の日本語学習/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる