もっと学ぼうニッポン:ブログ時代の日本語学習

アクセスカウンタ

zoom RSS トム・ソーヤーの冒険を読んでてびっくりしたこと

<<   作成日時 : 2006/08/31 11:50   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 6

最近娘を寝かしつけるのに、2歳の娘に意味が分からなくてもただ日本語を聞かせて眠くするためにトムソーヤーを読んでいるって書いたんですが、今日読んだところでびっくりしたことが三つありました。

1.体罰
トムが学校に遅刻して、先生にその理由を尋ねられてハックルベリー・フィンと話していたからだと言ったところ、「そんなことをいう生徒なんて、先生は、はじめてだぞ。おそろしいことだ。さわ上着を脱ぎなさい。」と言われて、先生は「うでがくたびれるまで、むちでたたいた。」っていうんです。

おそろしいことだって、そんなにむちでたたけるあんたのほうがよっぽど恐ろしいよと思ったんですが、マークトゥエイン(1835-1910)の生きた19世紀には、体罰は当たり前だったんでしょうかね。そういえば、ポリーおばさんも体罰してましたね。

2.男女席をおなじうせず
このむちでたたいた直後、先生がトムに「命令」します。
「さあ、女の子の席に座っていろ。はずかしいと思ったら、二度とこんなめにあわないように気をつけるんだぞ。」

同じ教室にはいても、女の子の座るところと、男のところが別々になっていたんですね。共学なのに、そんなんなってるなんてちょっと不思議です。

3.同じガムを噛みっこ
みんながお昼に家に帰っている間、サッチャー判事の娘のベッキーと二人だけで教室に戻ってきて、トムが絵の描きかたをベッキー教えるところがあります。そこで、トムがベッキーに何が好きか聞くと、ベッキーはガムが好きだと答えます。

それを聞いたトムは、
「ガムなら、僕も好きだよ。ガム、持ってくるとよかったなあ。」
続くベッキーの返事はは
「すこしなら持ってるわ。しばらく、かましてあげるけど、かえしてくれなくちゃいやよ。」
そこで、二人は、かわりばんこにガムをかんだ。

っておい、少年少女の二人が昼間っから何してるんですか。まったく。ってでも貴重品だったんでしょうね。

そのあとトム・ソーヤーとハックルベリー・フィンは殺人現場を目撃してしまうんですが、いくら意味が分からないからと言ってもこんなの読んでていいのかなとさすがに思わなくはないですね。

人気blogランキングに登録中。クリックお願いします。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
はじめまして。

昔、日清カップヌードルの宣伝でトムソーヤが使われていて、
その写真があまりにもかわいかったので、
トムソーヤファンになった事を思い出しました。

実はきわどい表現が出てくるのですね。
また読み返したくなりました。

初カキコでした☆
Ma Ma Yo
2006/09/01 11:27
>Ma Ma Yoさん
初めまして。ママさんなのか、はたまたヨーヨーマのファンなのでしょうか。
カップヌードルですか。残念ながらCMにはとんと疎くなってしまって。そのCMは見たことがありません。私の中の記憶では、Hungry?とか言ってマンモスを追いかけてる人が出てくるくらい古いのしかありません。今の感覚からすると、きわどいですよね。日本なら明治ですからね。やっぱり時代が違うなぁという感じがしますね。
ヒロシ
2006/09/01 15:07
トム・ソーヤの冒険ってアニメではずっと見ていたけど本で読んだ事は無いかも…
そんな内容だったんですか!!
すごいですね。
今の世の中でやったらすごくヤバいですよね〜〜。
特にアメリカはペシっとか叩くのもすごい目で見られちゃう…って聞きました。日本でも先生がそんな事言ったら教育委員会に報告されますね…
海流ママ
2006/09/01 19:38
>海流ママさん
ちょっとまずいですよねー。トムの保護者のポリーおばさんでさせ体罰をする設定になっているみたいで、かなり普通のこととして描かれているのが怖かったです。ある意味その時代を忠実に反映しているのかもしれないですけどね。
ヒロシ
2006/09/02 10:20
Ma Ma Yo です。
1歳8ヶ月と3歳8ヶ月の女の子のママであり、
ヨーヨーマの大ファンです。
チェロまで習い始めてしまいました。
今は子育て&仕事で忙しいのでレッスンをお休みしていますが、
老後のお稽古にとってあります。

ヒロシさんの読み聞かせ法をうちの姫達に試してみました。
長文は飽きてしまうようで、おとなしく聞いていてくれません(泣)
ヒロシさんのお嬢さんはベットに入って寝たまま、
静かに聞いていてくれるのでしょうか?

うちでは図書館で5冊ほど本を借りてくるのですが、
それをすべて寝る前に「読んで〜!」とおねだりされます。
けっこう時間がかかるので、
一人1冊づつ、2冊だけ借りるようにしました。
Ma Ma Yo
2006/09/04 10:22
>MaMaYoさん
すごいですねぇ。チェロならってるんですかぁ。お子さんお二人いて、お仕事もされていたら、本当に大変でしょうね。
読み聞かせ法ってほどでもないんですけどね。本当に意味は分かってないと思うんですが、最近は「トムソーヤー、読む」ってリクエストしたりもします。あ、でもその前にアンパンマンの絵本を読んでなんとなくお眠りモードになってからですね。結構おとなしく聞いていて、なかなか寝なくて3章ぐらい読んじゃってやめようとすると、「読む、読む」って言って許してくれません。きっと声を聞きながら眠くなりたいんではないかと思います。

図書館があるのはいいですね。ってあるのは、別に普通でしたね。あいにく日本語の本は自分のうちにあるだけなので、それでももらったりもするのですが、同じ本を繰り返すことが多いです。あ、でも本人は気にしていないようで、まだ多読するような段階ではないのかなと思っています。
ヒロシ
2006/09/04 19:44

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
トム・ソーヤーの冒険を読んでてびっくりしたこと もっと学ぼうニッポン:ブログ時代の日本語学習/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる