もっと学ぼうニッポン:ブログ時代の日本語学習

アクセスカウンタ

zoom RSS 子供に言ったことは返ってくる

<<   作成日時 : 2006/07/02 13:15   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 5

最近妻が泣きわめく娘に「ちょっと待ってて、ママ、お仕事」(かそれに近い内容のこと)を言っていたところ、妻が娘を呼んだところ「ちょっと待ってて、(娘の名前)、お仕事」と娘が妻を待たせたらしい(詳細は異なるかもしれないが、大意としてはそんなところ)。そんなまねができるようになったという成長ぶりに、わが娘ながら、あっぱれと思った。

それを聞いて、思い出したのは、自分も似たようなことをしたことがあるということだった。何歳だったかさえ思い出せないが、子供のころ母に泣いてわめき散らすたびに、「世の中には思うとおりにならないことがあるんだから、がまんしなさい」と言われて、しばらくは素直に「そうだなぁ」と思って黙ったていたものの、そのうち、別のことで、自分が母の思い通りにならないと、反抗期を迎えた自分は「お母さん、世の中には思うとおりにならないことがあるんだよ。がまんしてよ」と小生意気なことを言って母を怒らせたのだ。

返ってくるからと言って、別に、言うべきことを言わないことにするつもりもない。が、自分が言うことばは子供から返ってくることを覚悟しておかないといけないもので、子供に話すとき、ある意味、自分に向かって言っていることになるのかもしれないなと思った。

人気blogランキングに登録中。クリックお願いします。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(5件)

内 容 ニックネーム/日時
言われたことの内容を理解し、実際に似通った場面で使ってみる。相手の反応を見て、その使い方が正しかったのかどうかを確認する。
う〜ん。見事な言語習得ですねぇ。
doi
URL
2006/07/02 21:47
>doiさん
そうですね。ちょっと文脈をつけたsubstitution Drillみたいでもありますね。英語とまざっているので、英語の否定形の習得の研究そのままに、初めにすべてのことばの頭にNoをつけて、No Okとか、Noたべるとか言い出していたのが、面白かったです。
ヒロシ
2006/07/03 00:14
子供に言ったことも、親に言ったことも返ってくるんですよね〜。
「言の葉ブログ」さんが、以前そんなことを記事に書かれていて、
ドキッとしました。

みーこ
2006/07/08 23:05
全くその通りだと思います。うちの長男もある日突然「オレ」とか「お前」などと言い出した時は、誰か口の悪い子がいるのだろうと思いニョーボに言うと、注意したら「パパが言ってる」だと。確かにいつもそう言っている・・・ ほんとウッカリしたこと言えません。
二児の父
2006/07/12 20:04
>みーこさん
お返事遅れてすみません。親に言ったことですか、ああ、自分が直接子供にいわなくても、自分が子供として自分の親に言ったことを子供に言われるってことでしょうか。んー、そんな時期がいつか来るのでしょうね。

>二児の父さん
初めまして。確かに、それはちょっとドッキリですね。娘の前では変なこといえないなぁと私も思うようになりました。
ヒロシ
2006/07/12 23:24

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
子供に言ったことは返ってくる もっと学ぼうニッポン:ブログ時代の日本語学習/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる