もっと学ぼうニッポン:ブログ時代の日本語学習

アクセスカウンタ

zoom RSS ジャック・ブラック息子誕生の喜びを語る

<<   作成日時 : 2006/06/15 12:08   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 11

Shallow Hal(2001)(邦題「愛しのローズマリー」)や、Schoo of Rock(2003)(スクールオブロック)でおなじみのジャック・ブラックと妻Tanya Haden(しらんなぁ)の第一子が誕生したそうです。そこで彼が言った言葉が新聞に載ってました。

地球上で1番の父親になろうと思ってる。そして、ベスト父さんコンテストに参加して、優勝するつもりだ。
I’m going to be the best daddy on the planet and I’m going to enter the best daddy competition. And I’m going to win it.
彼のちょっとおちゃらけながらも全力投球なキャラクターとあいまって、子供が生まれた喜びを素直に表しているなぁと思い、今日の新聞の中で1番印象に残った言葉でした。

うまく言えませんが、スマートではなくても、まじめにお笑い(かな?)に挑戦する彼の姿勢に共感を覚えます。ずっこけ(死語)具合がなんとも憎めませんが、スクールオブロックのギターの弾きっぷりなど結構すごいと勝手に思っています。

人気blogランキングに登録中。クリックお願いします。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(11件)

内 容 ニックネーム/日時
私もジャック・ブラック大好きです!あの濃い味なところがたまんない。笑
奥さんはジャズベーシストCharlie Hadenのお嬢さんだそうです。
ACHI
URL
2006/06/15 19:49
>Achiさん
濃いですよね。でも憎めないというか、ね。
ヒロシ
2006/06/15 21:16
私もファンです。あのバカキャラながら、実はかなり知性も感じますよね。歌もいけるし、ギターも。
ああいうお父さん、いいですね。私も、ベスト父さんコンテストあったら、絶対出たいです。ヒロシさんも、そんな匂いがします。
Kazz
URL
2006/06/16 01:05
ジャックブラックさんを知らないのであれなんですが
父親になった喜びが伝わってきますね。他のパパたち(自分こそ世界一のパパだ!と自負している方)の反目を買わないといいですが。あと、「ずっこけ」っていまや死語なんですか?気をつけなくっちゃ。
スー
2006/06/16 10:27
我こそはベスト父さんになるゾ、がんばるぞって思ってるところがとっても微笑ましいなあと言う感じですね。ベスト父さんのコンテストって、かなり参加者多そうですねえ。
シーラカンス
2006/06/16 20:11
>Kazzさん
じゃあ、一緒に出ちゃいましょう!あまり関係ないかもしれないけど、英語版のWikiを見たら、自分の両親はうまく行かなかったようですね。それだけに思いもひとしおなのかなと邪推しました。

>スーさん
子供にとっては基本的にパパは一人なので、ある意味世界一ですよね。そして、競争相手は自分みたいな面もありますので、反目はないでしょう。・実は、「ずっこけ」についてはちょっと自信ありません。。。
ヒロシ
2006/06/16 20:35
>シーラカンスさん
ハリウッドの人で、ベスト父さんコンテストだなんて、こんなに素直に喜ぶ人も少ないと思うんですよね。そういう意味で希少かなと思いました。
ヒロシ
2006/06/18 17:24
チャーリー・ヘイデンの娘さんって確か歌手だったはず。何時の間にジャック・ブラックの毒牙に・・(笑)。

映画『スクール・オブ・ロック』で私立学校の賢そうな坊ちゃん嬢ちゃんに「ラモーンズを聞け!」とか言ってましたが、パンクロックを語るのにセックス・ピストルズじゃなくてラモーンズを持ってくるのが、さすがジャック・ブラックって思いました。(笑)ラモーンズってのはNYパンクの生みの親で、知る人ぞ知るバンドでした。

映画『オレンジ・カウンティー』では主人公のトム・ハンクスの息子の実の兄役で、これがドラッグ中毒のとんでもない馬鹿兄なんだけど、肝心な時に粋な台詞を話すんですね。ジャック・ブラックここにあり。
asianimprov
2006/06/19 16:42
>asianimprovさん
さすが音楽・映画、よくご存知ですねぇ。勉強になります。ヘイデンも、ラモーンズも知りません。。。(汗)オレンジカウンティー、見てないです。。。トムハンクスの息子の兄?不思議な配役ですね。今度ネットフリックスに入れておきます。
ヒロシ
2006/06/19 20:35
ヘイデンは著名なジャズのベーシスト。ラモーンズは伝説のNY Punk Rock Bandでした。ヘイデンのジャズは静かな感じですが、ラモーンズは・・(笑)

トム・ハンクスの実の息子さん(コリン・ハンクス)も役者で、この映画「オレンジ・カウンティー」ではその相手役の女子高生がなんとシシー・スペイセクの実の娘さんというので話題になりました。

内容は軽いタッチの「カリフォルニア青春物語」なんですが、リリー・トムリンが端役で出ていて笑えます。一瞬ですが、チェビー・チェイスも出てくる。ジャック・ブラックは・・登場しただけで笑えますね。
asianimprov
2006/06/21 11:38
>asianimprovさん
んー、正直まるでチンプンカンプン(死語?)ですが、気になります、オレンジカウンティー。最近どこまで続くのというリアリティーショーですが、ABCのDesparate HousewivesをもじってReal Housewives of Orange Countyというのをやってます。妻が何度か見て話を聞いただけですが、かなり感覚の違う世界で、びっくりしたんですが、映画のほうはどうなのかな。
ヒロシ
2006/06/22 12:33

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
ジャック・ブラック息子誕生の喜びを語る もっと学ぼうニッポン:ブログ時代の日本語学習/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる