もっと学ぼうニッポン:ブログ時代の日本語学習

アクセスカウンタ

zoom RSS ビッグバード来たる

<<   作成日時 : 2006/05/04 20:06   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 7

授業の最終日に学生(の一部)が娘にプレゼントをくれました。日本語のクラスでも娘がおむつを替えるときにビッグバード柄を指定してくる話
をしていたのですが、それで覚えていてくれたようです。
画像

家に帰って娘にあげると、狂喜してさっそく連れてまわしていました。ビッグバードに預け先で習ってきた歌を教えたり、ご飯を食べるときも一緒にいすに座らせたり、面倒みようとしています。
いつまでもつかなぁ。

テレビのビッグバードは本当にでかくて、あまりかわいい感じはしませんが、ぬいぐるみ版はぬいぐるみらしくややかわいげが増しているような気がします。

人気blogランキングに登録中。クリックお願いします。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(7件)

内 容 ニックネーム/日時
ヒロシさんのやさしい性格がビッグバードを連れてきてくれたのかもしれませんね、、、となんか変な日本語になってしまいました、、、
しんじ
2006/05/04 22:05
学生さんからのプレゼントですか〜、嬉しいですねぇ
きっとヒロシさんへの感謝の気持ちもこもってるんでしょうね
ビッグバードを抱いている姿がとても幸せそう!
もしかして幸せの黄色い鳥?!
トニー
2006/05/05 05:12
娘さんの喜ぶ姿を見てデレデレしてるヒロシさんを想像しちゃいました(笑)。
子供が嬉しいと、親も嬉しいですよね!!
みーこ
2006/05/05 10:22
よかったですね〜。学生ってほんとちょっとした一言を覚えて、学期の最後にプレゼントしたりしてくれるんですよね。え?私が何もらったかって?「マンガの書き方」の本です...。
yukki
URL
2006/05/05 11:35
>しんじさん
褒められたときに、否定するか謙遜するのがアジア文化の基本ですが、優しいと言われたのを褒められたと取るか、変な日本語と言っているところを突っ込むべきか悩みましたが、よくわかりませんでした。ところで、セサミストリートでビッグバードがアーニーというキャラクターを探すコーナーがあるんですが、個人的にそれが好きです。

>トニーさん
今まで、お菓子とかカードとかもらったことはありましたが、子どもへのものをもらったことはありませんでしたね。そうですね、私にとっては幸せの黄色い鳥です。

>みーこさん
そうですね。子どもがハッピーなら、みんなハッピーです。
うちのこは表情が豊かなので(親ばか)、喜ぶとますますかわいいです。

>yukkiさん
マンガの書き方ですか。弘法大師に書道の本をプレゼントするような、恐れ多い行為と言えますね。
ヒロシ
2006/05/05 17:41
学生さんがプレゼントをくれるなんてうれしいですね。
ヒロシさんの授業に満足してくれたのでしょう。やっぱりヒロシさんはいい先生なんだろうな〜(*^▽^*)
スー
2006/05/08 00:01
>スーさん
いやー、どうでしょうねー。たまたま相性がよかっただけかなと思います。
くれた学生たちはよくできるほうだったので、誰が教えてもよくできたんじゃないかなぁ。でも学校の近所ですぐ買えるものではなくて、わざわざどっかに行って買ってきてくれたというのは嬉しかったですね。
ヒロシ
2006/05/08 01:47

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
ビッグバード来たる もっと学ぼうニッポン:ブログ時代の日本語学習/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる