もっと学ぼうニッポン:ブログ時代の日本語学習

アクセスカウンタ

zoom RSS 83.3%卒業すると同時に寄付した(させられた)学生たち

<<   作成日時 : 2006/05/18 23:38   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 3

一昨日、昨日と卒業式が続きました。一昨日は時折激しく雨の降る中、学部生(undergraduate)の卒業式でした。毎年恒例の大物ゲストスピーカーは、1987年以来4期目の、砂漠の州選出の元大統領候補でもあった大物共和党上院議員でした。国賓級のVIPが来るときには建物の屋根にCIAだかFBIだかの監視とスナイパーが出るんですが、一昨日は雨だったからか出ていませんでした。そんなに大物でもないのかも。。。。

彼は民主党なだけにイラク戦争支持を表明しましたが、それに対して一部の学生は立ち上がって背中を向けるという抗議行動をしたり、ブーイングしたりしていましたが、全体としては拍手のほうが多かったです。彼の経歴について一つ驚いたことは、ベトナム戦争に行ったときに乗っていた飛行機が撃ち落され、5年も戦争捕虜になっていたということです。そんなに長い間捕虜で、社会復帰するだけでも大変だろうに、よくまあバリバリ活躍しているものだなぁと感心しました。

もう一つ驚いたこと、それは、今年卒業する学生たちに関してです。
アメリカの大学ならどこでも、卒業生に寄付を求めます。特に私の大学のように曲がりなりにもアイビーリーグなんかの場合、時々すんごい寄付をする人が本当にいるし、そうでないフツーの卒業生にも寄付を求めます。実は、現役の学生を使って、卒業生に直接電話をかけて、寄付を求めているそうです。そんなアルバイトをしているという学生の話を聞いたことがあります。

そして、今年卒業する学生たちにも、大学は寄付を迫っています。ここにいるうちに寄付する行為に慣れさせて続けさせようという戦略でしょうか。そして大学は直接学生に寄付を求めません。卒業する学生から選んで、寄付委員会のようなものを作り彼らに他の学生への寄付を求めさせました。その結果、今年卒業する学生の83.3%が寄付したというのです。これはこの大学での新記録でもあるし、他の大学の同じような寄付プログラムの参加率に比べても新記録だそうです。

一部にはウォールストリートなどバリバリ稼ぐ職業に就くひともいるかもしれませんが、学生の多くは高すぎる学費(年間4万ドル位)のために、奨学金をもらっていても何かしら借金を抱えて卒業する人が相当いる(ちょっとデータが手元にありませんが)なかで、さらに大学は彼らからも取ろうとするのかと思うと、ちょっと気の毒に思いました。

そこまでして大学がため込んだ資金は、ちゃんと使われるのでしょうか。
少なくとも任期更新制の語学教員のところにまではまわってこないことだけは確実ですが、、、

人気blogランキングに登録中。クリックお願いします。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(3件)

内 容 ニックネーム/日時
学費って4万ドルもするんですか。高いですね!私も卒業した高校や大学から定期的に寄付のお願いが来ます。お金持ちになったらばーんと寄付しよう!と思っているのですが・・・。
おい
2006/05/19 00:02
ヒロシさんがおっしゃるように、学生は気の毒ですね。高校等で見られるpeer pressureのようなものがあって、「寄付しないヤツは外道」みたいになっちゃうんでしょうか。私もおいさんのようにお金持ちになったら母校に寄付して自分の名前で奨学金を作ってもらいます!でも今のままじゃ死んでもムリですね...。
yukki
URL
2006/05/19 00:17
>おいさん
そうですよー。いったい誰がどうやって払っているのかわかりません。教育の話題で、日本は大学に入るのが大変だけど入ったらアメリカの大学ほど大変じゃないという話になるんですが、それだけでなく、学費はなぜか日本のほうが安いですね。国から私学への援助がなされているからだと思うんですが、、、それから、私もいつか宝くじでもあたったら母校に寄付したいものだと思います。

>yukkiさん
自分の名前で、ああ、そういうのありますね。卒業式のときも、いろいろな賞に名前がついていましたね。Peer pressureはあるでしょうね。参加率は高いけど、額は低くてもいいみたいですけどね。
ヒロシ
2006/05/19 00:46

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
83.3%卒業すると同時に寄付した(させられた)学生たち もっと学ぼうニッポン:ブログ時代の日本語学習/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる