もっと学ぼうニッポン:ブログ時代の日本語学習

アクセスカウンタ

zoom RSS 質問バトン

<<   作成日時 : 2006/05/17 15:32   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 5

スーさんから質問バトンが回ってきました。

バトンのルール。

   1・・回してくれた人の質問に答える。
   2・・次の人への質問を考える。
   3・・バトンを渡してくれた人へのメッセージ。
   4・・3人へ回す。

1・・回してくれた人の質問に答える。

1.ブログを始めて1番印象深かったことはなんですか

そうですねぇ。いろいろありますけど、お願いしたら自分のブログに来てくださる人たちが、自分の学生のブログにきてくださったとこですかね。もともとブログをし始めたのも、そんなことを実現するためでしたので。


2.今までで1番幸せを感じたことはなんですか

1番ってのは難しいですね。日本語だと一番と言えば、本当に一番ですからね。1番と2番の差がどれだけあるかに関係なく、1番ってのは1番ですもんね。つまり、1番だとわかるためには、一つ一つほかのことと比べて、どちらのほうが幸せと感じたかはっきりさせなければいけないわけです。

何か一つのことが強烈に幸せ感があるという場合ももちろんあると思うんですが、幸せってもっとぼんやり感じるようなものの気がします。するってーとやっぱり、ありがちですが、私にとっては家族がいることが幸せです。

娘が生まれたとき、妻は感動してか何かの開放感からか泣いてましたが、私には医療機器・製薬会社のCMにありがちな頂点を極めた感動的な瞬間というわけではありませんでした。何よりも無事に生まれて、一見したところ障害もないという安堵感と一晩寝ずにドキドキし続けたことからの疲労感のほうが強かったと思います。母子ともに健康ということに対して感謝していましたが、次にしなくてはいけない出産に関する書類手続き、大学院のレポートの締め切りなど現実的な課題をこなす必要を抱えて、そんなに幸せモードにばかりもひたっていられない状況でした。

そんな私でしたが、その後、ふとした瞬間に娘をだっこしながらだったか何をしていたかさえも覚えていませんが、なぜだか涙が出そうになったことがありました。それは何か特別なことが起こったからではなく、ただ娘がいて、妻がいて、自分がいることがなんとなく嬉しかったからとしかいえないような感覚です。自分でもなんで今更、この特に「感動的」でもない瞬間に?と思いました。

そして、娘は小さかったのが(今でも小さいですが)大きくなり、どんどんいろいろなことができるようになってきます。きっと人類の歴史の中で何万何億回も繰り返されてきた親が子供の成長を見る楽しみというか、そんな特権を与えられていること、その歴史の小さなサイクルの一部になっているとなんとなく思うこと、それを妻と娘といっしょに参加していることが私にとっての1番の幸せなんじゃないかと思います。


3.今までで1番大きな失敗談を教えて!

失敗談は数え切れないほどたくさんあります。が、基本的に悪いことはすぐ忘れるタイプなので、記憶があいまいな状態なのですが、ちゃんと思い出そうとするとだんだん居心地が悪くなるというか、やっぱり恥ずかしいし、後悔することもあるし、具体的にはちょっとご勘弁ください。


。。。。なんか2番でエネルギー使い果たした感じですね。



2・・次の人への質問を考える。
 質問1 最近気になることは何ですか。

 質問2 もうすぐ2006年が半分くらい終わりますけど、振り返っていかがでしょうか。後半半年何か課題がありますか。

 質問3 今1番ほしいものは何ですか。

3・・バトンを渡してくれた人へのメッセージ。

スーさん、
これからもよろしくお願いします。

4・・3人へ回す。
んー、バトンおもちになりたい方におまかせします。。。。
(スーさん、ちゃんとまわせなくてすみません。。。。)

人気blogランキングに登録中。クリックお願いします。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(5件)

内 容 ニックネーム/日時
さっそく参上しました!
お忙しい中バトンを受け取ってくださりありがとうございます。
1番エネルギーを使って書いてくださった2番ですが、なんでもないときに涙が出そうになったことってなんとなくわかります。私も先日電車の中で小さくてかわいい子どもを見かけたときに泣きそうになりました(なんで?ぜんぜん知らない子なのに・・・)。出産時の感想も正直な気持ちですよね。たぶんうちのダンナ(←立ち会った)も疲労感のほうが強かっただろうと思い出しました。
奥様や娘さんと一緒で幸せってすごく素敵なことですね。
スー
2006/05/17 15:48
こんにちは、アフィリエイトサイトのe−アフィリと申します。
突然のメール失礼します。
ブログ拝見させていただいて内容・デザイン共に”見せるブログ”としてとても質の高いブログだと思いました。
是非、e−アフィリに参加して頂けないでしょうか?
登録はもちろん無料です。

《1クリック1円〜・1登録1000円》

と幅広い報酬システムにて運営させて頂いております。
詳細などシステムはURL先で確認して頂けますので宜しくお願いします。
何かご質問等ありましたら、メールにてお気軽にお問い合わせ下さい。
ご参加、心よりお待ちしております。
既にご登録頂いてる方、または我社から同様の内容の書き込みをさせていただいたことがありましたらば誠に申し訳ありません。
e−アフィリ http://e-af.net/?ha
e-アフィリ
URL
2006/05/17 16:55
ヒロシさん、よく感動されますよね。
あまり感動をしない(と思われる)うちの旦那を見ているので、とても新鮮な感じがします(笑)。
私はmimiを産んだ日、母もこうして私を産んでくれたんだと思うと、涙が溢れて止まりませんでした(T_T)
みーこ
2006/05/17 17:15
『娘の誕生の瞬間に立ち会った感想は?』としばらくして妻に聞かれ、
面白かったと答えた私は、しばかれそうになりました。
でも、本当はすごく感動していました。
ヒロシさんではありませんが、
人類の果てしなく続いてきた生命のバトンをつなげたという思い、
みたいなことを感じたりしてました。
ひろくま
2006/05/17 22:26
>スーさん
スーさんもそんなことがあったのですね。不思議なものですね。。。。
遅くなった上に、ちゃんと回せなくてすみません。

>みーこさん
ご主人は、きっと言わないだけでいろいろ思っていらっしゃるのでしょうね。そう思います。私もしゃべるのは得意じゃないので、あまり口ではいろいろ言わないほうですね。

>ひろくまさん
面白かった、私もある意味そう思いました。そうそう見られないし、いろいろな発見がありますね。その生命のバトンをつなげたという感覚、わかりますよ。私も感じました。
ヒロシ
2006/05/19 00:27

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
質問バトン もっと学ぼうニッポン:ブログ時代の日本語学習/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる