もっと学ぼうニッポン:ブログ時代の日本語学習

アクセスカウンタ

zoom RSS 日本人の英語の発音、日系人の英語の発音

<<   作成日時 : 2006/04/09 13:57   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 10

米国に住んでいるといろいろな種類の日本人の英語を聞く機会がありますが、自分のことは棚に上げてちょっとそれについて思うことがあります。

私は発音の専門家でもないし、なんとも正確にはどういったらいいのかわからないのですが、「日本人が話しているけど聞きやすい英語の発音」というのがあるような気がします。

同じ日本人にも聞きやすいのですが、他の英語話者にもよく通じているようなので、彼らにも聞きやすいのではないかと思います。

基本的には「上手・うまい」ということなんでしょうけど、それだけでなく、印象として「嫌味がない」といえるような気がします。

で、いったいそれはどんな発音なのかというと、力が入りすぎてない、と言えます。例えば、LとRの発音(聞き取りも)日本人には難しいのですが、そのせいで、Rは舌を巻いて、と言われるので、まじめに一生懸命巻いてしまうとそれはちょっと強すぎちゃうんですよね。そんな英語の方言もあるようですけど、そんなに強くする必要もなかったりします。

そこを嫌味じゃない人は軽めに、適度にやってる。という印象があります。

それから実はそんな子音よりも母音のほうがずーっと難しい(と思うのですが)、そんな間違いの例が一つあります。

アっぽい母音にはいくつかあるんですけど、その間違いというのは、口を広めに開ける軽めのアの発音が、「アとエの間の音」になっちゃったりするものです。これは正直自分も高校でホームステイをしたときに笑われたことがあるので強烈に覚えています。

トランプ(cards)をしていたんです。(英語では普通、トランプのことをcardsといって、何か特別なカードのことをtrumpというんですね。例えば、その回だけハートが一番強いとかそんなのです)それで、友たちに「(このプレイの)トランプはなに?」"What's the trump?"って聞こうと思って、"What's the tramp?"って聞いてしまっていたんです。鈍感なので、彼らが自分の発音のせいで笑っているということになかなか気が付きませんでした。私は「浮浪者/放浪者は何?」と聞いていたんです。意味不明ですね。。。

嫌味じゃない人は必要ないところでは、むやみにこの緊張度が高い「アとエの間の音」を出してない(んじゃないか)と思います。

さて、そう思うと黒人やヒスパニックの英語のアクセントがフツーの白人(何がフツーかはとりあえずおいておいて)の英語のアクセントと違うように、日系人の英語にも日系人のアクセントがあるような気がします。四世ぐらいになるともう全然関係ないのかもしれないですけど、親が日本語を少し話すような二世だけでなく、微妙に三世ぐらいまではすこしあるような気がします。

私の思い込みである可能性もかなり高いですけど。彼らの英語は、まずネイティブ・スピーカーに違いないと思わせるんですけど、それだけでなく、日本語的な感じがやっぱりあるような気がします。発音の認知には視覚情報も大きいそうだから、ブラインドテストしたら違う結果がでるかもしれないですけどね。。。。まあ、わかりません。あくまで印象です。

人気blogランキングに登録中。クリックお願いします。


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(10件)

内 容 ニックネーム/日時
英語の授業で先生に当てられて読むときも「いかにも英語って感じで読んでます」っていう、かっこつけた聞きづらい人と、いかにも英語って感じじゃないけどハッキリした発音で聞きやすい人がいました。
前者はなんか、全ての発音が巻き舌ぽいんですよね。
あと、英語っぽく読むのが恥ずかしくて、みんな英語と日本語の中間くらいの発音で読んでたけど、「いっと いず」とルビを振ったように読む英語のゼミの人は、先生に本気で「なんだ、その発音は!!」と叱られてましたけど(^^;
みーこ
2006/04/09 15:52
発音に関しては、ほんとうに苦労しています。
母音も子音も日本語にない音がいっぱいあるし、まずはLとRの聞き分けができない。それと、お話の様々な「あ」に近い音、これが聞き取れないし、発音できない。話の流れで、私の言葉をネイティブの方は理解してくれるけれど、今度その言葉をネイティブの方が話すと、発音が自分の思い込みとビミョウに違っていて、私が理解するまでに時間がかかる、といった馬鹿げたことがよくあります。

とりあえずは、ゆっくり、身振り手振りをつけて話すようには心がけていますが、みーこさんがおっしゃるとおり、かっこつけずに、素直に発音したほうが、結局は聞き取っていただけるみたいです。
はぁ、それにしても、自分の語彙の貧弱さには、いつもがっかりしています。

2006/04/09 22:20
アジア人と白人と黒人とで、声って違うよな〜って時々思うんですが、それも英語発音の印象を分けるもとになってるかもしれないですね。黒人は、まあ、分厚い感じ。倍音の多い、深みのある音。白人はもうちょっと音としては倍音が少なく、わりとハキハキした感じ。アジア人は、うまく説明できないんですが、ぱきぱきした感じのような気がします。ヘンですかね?
シーラカンス
2006/04/09 22:21
>みーこさん
そうそう、いかにもってのはちょっと。。。ですね。その英語と日本語の中間くらいの発音ってありますねー、抑え気味にするというか。逆に日本語を勉強している学生のなかに、「お、あいつ日本語の発音うまいなぁ、かっこいー(あるいは)かっこつけてんじゃねーよー」という反応はなぜかないようなきがします。

>文さん
語彙のほうが壁としては高いかもしれませんね。知らないことには発音できないし、、、、ただ発音でも単語の発音で間違えても、通じないというところでとまってしまいますが、場合によっては単語の発音よりももうすこし大きい単位であるイントネーションで間違えると、通じないのではなくて、全然違う意味に誤解されてしまうかもしれないので、そっちのほうが問題だという話も聞きます。

>シーラカンスさん
倍音かぁ。って音楽はさっぱりわからないんですけど、人種によって確かに声も違いますねー。アジア系が、ぱきぱき?してるかもしれません。中国語を話す人が子音を飲み込んで話す話し方がありますね。
ヒロシ
2006/04/10 11:41
日系アメリカ人特有の発音というより、西海岸と東海岸の違いは感じました。昔、ニューヨーク出身の三世と話したことがありましたが、流れるように喋りましたね。西海岸のは比較的わかりやすい。ハワイの英語は、もう、ハワイの英語です。発音もですが、Lucky come HawaiiとかI no likeとか、滅茶苦茶な英語こそハワイでした。ハワイの日系作家、Milton Murayamaの小説のタイトルは"All I Asking Is My Body"です。題名からして文法が間違っていますが、これぞピジン・イングリッシュ。なお、上記はハワイ日系文学の名作です。翻訳が出ていないのは、翻訳不可能だからかも。

発音から話がずれました。

TrumpとTrampの違いを発音できるか? 僕には最初から無理デス。発音のワークショップに参加したことがあります。日本でです。大学の先生が丁寧に教えてくれましたが、Cars(クルマの複数形)とCards(カードの複数形)の違いを発音で示せと言われ、驚愕しました。同じだと思ってた!(笑)あのワークショップ以来、発音はあきらめました。(轟沈)
asianimprov
2006/04/10 20:46
母音の発音のほうが確かに難しいですね。私はとっくの昔に諦めて、テキトーに発音してます...。知人(日本人)はLとRも諦めて、全部Lで発音してましたね。いわく「だってメンドーくさいんやもん。発音間違ってても、文脈でわかってくれるわ」。強者です。
yukki
URL
2006/04/10 22:37
経験上、旅先での経験ですが、英語が母語じゃない人の英語のほうが聞き取りやすいですね。インド人、スイス人、ドイツ人、中華系シンガポール人等々。
英語が母語の人は早口だし巻舌だしまったく容赦がありません。w
「英語は世界語なんだからアンタこれくらいわかって当然でしょ?」って驕りすら感じると言ったら言い過ぎかしら。^-^;
なので私は自分の母語(日本語)を勉強してくれる外国人の方には最大限の感謝と優しさをもって接したいと思っています。
ACHI
URL
2006/04/11 02:18
>asianimprovさん
ハワイの英語はほんと違いますね。Beyond the barbed wireの中の第百連隊でしたっけ?ハワイの方の英語は話しっぷりはまるで日本人、でも英語っていうすごく不思議な感じがしました。それから、戦時中に本土の日系人に英語が通じなくてという例で、You stay come. I stay go.だったかな、なんだか意味不明のピジンを紹介してくれたおっちゃんがいたのですが、よく思い出せません。。。ああ、CarsとCardsは難しいですね。でもコンテキストでわかるから大丈夫でしょう。

>yukkiさん
そうそう、私もてきとうです、特に母音は。でも口下手で、おまけに英語はなしても高コンテキストすぎて、わかってもらえないこともあります。。。

>ACHIさん
やさしめに解釈すると、慣れてないとやさしく話すことが難しいのかもしれないといえますが、それとは別に外国語を勉強して苦労した経験がない人はそうなるかな。。。「最大限の感謝と優しさ」かぁ。職業がら嬉しいです。
ヒロシ
2006/04/11 13:30
うーむ、英語のことはよくわかりませんけど、確かに子音より母音の方が難しい!子音は調音点とか調音法を気をつければいいですけど、なんか母音の方は舌の動かし方に基準点を見つけるのが難しいと言うか。なんででしょう?
おい
2006/04/13 22:29
>おいさん
そうですね。中国語なんかももっと難しそうだなぁ。まさにそこですね。舌が付かないからですよね、どこにも。子音は舌を決まったところにつけさえすりゃなんとかなりますけどね。母音はそうはいきませんよね。
ヒロシ
2006/04/14 15:53

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
日本人の英語の発音、日系人の英語の発音 もっと学ぼうニッポン:ブログ時代の日本語学習/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる