もっと学ぼうニッポン:ブログ時代の日本語学習

アクセスカウンタ

zoom RSS アメリカ人のカラオケ、アジア人のカラオケ

<<   作成日時 : 2006/04/07 16:35   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 8

佐藤さんがカラオケの話をしていたので、カラオケネタ。

NYのカラオケ店では通信カラオケはあたりまえになりましたが、6年以上前にアメリカ中西部の中都市に住んでいたときに行った町で一軒だけの日系カラオケ店にはまだ通信カラオケは来ていませんでした。今はどうかわかりませんが、少なくとも2000年頃までは、紙にリクエストを書いて、店の人がマニュアルで入れ替えるLDカラオケでした。

店は結構繁盛していました。客はおおざっぱに言ってアメリカ人とアジア人に分かれました。曲は、英語、中国語、日本語、韓国語があったので、アジア人は日本人だけでなく、韓国人、中国人も多かったです。あ、スペイン語のもあって、メキシコ人も来てました。

アメリカ人とアジア人の客の違いは、まずどこで歌うかです。バーにいるほかのお客さんの前で歌うのはアメリカ人のほうが多かったです。小さい店に個室が二つありましたが、そこに入るのはアジア人だけでしたね、やっぱり。でも落ち着きますよね、そのほうが。自分の中のアジア性を意識させられました。

アメリカ人の客は、結構いろんな年齢層が来て、大学町だったのでもちろん大学生が多かったですが、常に二人の世界でデュエットばかり歌う熱々おじちゃんおばちゃんカップルやその他の常連さんもいました。

カラオケ文化が根付いて日が浅いからか、学校教育で音楽が必修じゃないからなのか、理由はともかく、日本に比べて本当にピンきりで差が激しいのがアメリカ人のカラオケじゃないかと勝手に思います。とっきどき、「すげー」と思わせるような超(死語?)うまい人がいましたが、そうかと思えば、カラオケがイマイチ何かわかってないかもと思わせるような人もいました。

これまた勝手な印象で、アメリカ人がカラオケでよく歌う歌ナンバーワンはI will surviveじゃないかな。邦題は「恋のサバイバル」。こてこてですね。これってダイアナロスだと思っていたら、グロリア・ゲイナーって人のバージョンのほうが有名みたいです。あ、でもあまり男の歌う曲じゃないかな。

もう一曲、B-52'sのLove Shackもよく歌っていました。ありがちなパターンとしては誰かの誕生日、とくにお酒解禁の21歳の誕生日に友達大勢で飲みに行って、盛り上がって、勢いでカラオケに行って、友達と絶叫しながら歌う、というシチュエーションですね。恥ずかしさを隠すのにぴったりな選曲です。

でもNYではほとんど普通に日本人のグループでJapasとかに行っていた(もう2年以上行ってませんな)ので、NYのアメリカ人のカラオケ行動がどうなのかはまったくわかりません。。。。

人気blogランキングに登録中。クリックお願いします。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
「アメリカ人のカラオケ、アジア人のカラオケ」について
「アメリカ人のカラオケ、アジア人のカラオケ」について ...続きを見る
何でもやってみよう
2006/04/20 16:41

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(8件)

内 容 ニックネーム/日時
盆栽とか布団とかの伝統的なものを除いて、戦後日本が輸出したオリジナリティーのある文化はアニメとマンガとカラオケだと言われております。カラオケの楽しみかたがそれぞれ違うってのは現地に居られるヒロシさんだから知ることですね。ほんとは僕のブログで取り上げなきゃいけないんですが、僕自身がカラオケが苦手なもので、ちょっと距離を置いています。(^_^;)
asianimprov
2006/04/07 18:30
カラオケだぁいすきですが、かつてマジでバンドやっていたときは声量も音程もシャレにならなかったらしく、歌った後は誰もマイク持ってくれませんでした(自慢ですねこれは)。でも今は大丈夫。声量もないし音程もはずれるのでちょうどいいです。声って、そういうもんなんですねえ。
あ、会社のアナウンサーさんたちも、そういえばしょっちゅう声を出しているせいか声量が落ちず、いつまでも声が若々しいです。
シーラカンス
2006/04/07 22:18
カラオケにはその人の「プレイ」スタイルが出ますよ。選曲・立ち方・マイクの持ち方・表情・抑揚・リズム感・音程・音量・ブレス位置などなど。個室に入るのはきっと電気を消すタイプではないかと思います。。。(下世話ですみません)
ACHI
URL
2006/04/08 03:29
カラオケ、当分行ってないです。
「お母さん」になってから新曲に触れることもないし(^^;
久々に歌ったら「何で声が出ないんだろう」ってくらい声が出ませんね・・・。
ヒロシさんは授業で大きい声出されてるだろうから出るでしょうね。
ずーっと前、テレビ番組でしていたのですが、日本でカラオケが流行る時は不況のとき(だったかこれから不況になる時だったか・・・)だそうです。
データを調べたらそうなってたそうです。
みーこ
2006/04/08 10:58
こんにちは。先日約7.8年ぶりのカラオケに行ってきました。音痴なのでとても嫌だったのですが、行ってみるとそれなりに楽しめるものですね、お酒もいっぱい飲んでいたし…海外の映画でも最近よくカラオケのシーンなんかが出てきますね。かなり浸透しているのですね。
中村大佐
URL
2006/04/08 16:56
会社のカラオケでは、まず上司が歌ってから部下が歌います
皆さん、曲が被るのを嫌がりますから、上司や同僚の18番は絶対歌わないようにしています。
エイジ
2006/04/09 00:34
>asianimprovさん
カラオケは日本発ですが、やっぱりこれだけユニバーサルに受け入れられているということはとりもなおさず音楽の普遍性を感じさせますね。。。

>シーラカンスさん
おお、すごいですね。極めてますねー。自慢もシーラさんがすると、気持ちがいいです。

>ACHIさん
プレイスタイルねぇ。よ、さすが着眼点がちゃうねー!でもよく歌ってるACHIさんの場合、カラオケと出番の時とまた違うのかな。

>みーこさん
実は私も学期の初めには、全然声が出なくてのどが痛くなったりするんですよね。カラオケ自体も2年ぐらいしてないので、私も歌知らないし、今行くのはもうちょっと怖いです。それから、不況と関係があるのはどうしてでしょうね。不況のときはストレスがたまるからかな。

>中村大佐さん
そうですね。それなりに酔えばどうにかなりますね。映画といえば、見てないけどDuet(2000)ってのもあったし、今年もKing of Karaokeとかいう映画が出るらしいですよ。
ヒロシ
2006/04/09 01:23
>エイジさん
ああそうか、年功序列がカラオケにもあったんですね。会社のオキテもいろいろありますねー。
ヒロシ
2006/04/09 01:38

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
アメリカ人のカラオケ、アジア人のカラオケ もっと学ぼうニッポン:ブログ時代の日本語学習/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる