もっと学ぼうニッポン:ブログ時代の日本語学習

アクセスカウンタ

zoom RSS 聖パトリックパレード、ニューヨーク市議会議長の参加を拒否というニュース

<<   作成日時 : 2006/03/18 01:57   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 5

3月17日はセントパトリックスデーです。もともとは、奴隷としてアイルランドに連れてこられ、後にアイルランドにキリスト教を広めた功績をたたえられ、アイルランドの守護神となった聖パトリックの逝去の日を記念する日でしたが、今では、宗教色は薄れ、アイルランド系のお祭りの日となっています。子供から大人まで、アイルランドのシンボルカラーの緑を着て、パブには、緑のクローバーのサインが飾られ、人々はギネスを飲み、騒ぐそんなイメージです。

不思議なことにアイルランドに住んでいるアイルランド人よりも、全世界に散らばったアイルランド系移民(及びその子孫)のほうが多いという不思議な事実からも予想されるように、ニューヨークにはアイリッシュがたくさんいます。多くは19世紀に大飢饉があったときにわたってきた人たちの子孫ですが、その前からも入ってきていました。それからなぜか消防士には、アイリッシュの人が多いです。

そしてニューヨークでは今日、NY市のパレードの中でもっとも古くからある(245年目だそうです!映像はNY1のこちら。)パレードが開催されています。映画「逃亡者 (1993)」で、緑に染められたシカゴ川のそばを行くパレードに混じってハリソンフォードが逃げるシーンがありましたが、パレードの雰囲気としてはあんな感じです。パレードといえばフィフスアベニューですが、参加者は10万人、観客は200万人と言われています。今年はイラクで亡くなったアイルランド系アメリカ人への追悼が含まれたり、時勢を表しています。

そのパレードにニューヨーク市長マイケルブルーンバーグの次の要職にある市議会議長は、自分の性的指向を表現するバッジやサインなどをつけてパレードに参加するのを拒否されたというニュースがありました。

市議会議長は、他の記事に以前書いたレズビアンであることを公表しているクリスティン・クインです。

1991年には、ディンケンズ前々市長がアイルランド系のレズビアン・ゲイ団体のメンバー35人を招いたそうですが、ビールをかけられたり、汚いことばでののしられたそうです。(ちなみに今は、お酒の持ち込みは禁止されているらしいです。)

主催者側のJohn Dunleavyは昨日のThe Irish Timesでクインの参加についての発言として、「ユダヤ人団体がニューヨークでパレードをしたいっていうのに、ネオナチたちをパレードに参加させるか?アフリカ系アメリカ人がハーレムでパレードをするのに、KuKluxKlan(白人至上主義団体)を参加させるか?」というのを引用されていたそうです。かなり偏見に満ちていると思います。ゲイ・レズビアン・トランスジェンダーなどの人たちを、ネオナチやKKKなどの非人道的暴力的活動暦のある団体と同等に扱うことに違和感を覚えます。それにアイルランド系であることと性的指向は直接関係ないのではないかと思います。他のどの民族、人種グループとも同じように、伝統的でない性的指向のマイノリティーがいることは不思議ではないはずです。

このへんはクリティカルディスコースアナリシス(Critical Discourse Analysis)で扱う話題ですが、人々の寛容さを願うアジア系外国人というマイノリティーの一人として、ちょっと気になりました。でも、まあ国際的でもあり、革新的でもあり、オープンになっている人もたくさんいる一方、伝統的な考えを持つ人もまだまだいるニューヨークの現実を表しているのかなぁと思いました。

<追記>
新たにニューヨークタイムズの記事を読んでみて分かったことは、パレードは伝統的にほとんどの個人的、政治的表現、スローガンの入ったTシャツや横断幕などを禁じてきたそうです。

つまりクイン議長、個人としての参加は認めるが、いかなる形でも主義主張を示すボタンや装飾をつけての行進は認めないということだったようです。そしてそれはアイルランド系アメリカ人が敬意を示そうとしているのは、「伝統」に対してであって、「ライフスタイル」ではないからだそうです。

人気blogランキングに登録中。クリックお願いします。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(2件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
NYでパレードの同性愛者参加巡り論争 - TBS
2006年03月18日(土) 12時38分 - TBS NYでパレードの同性愛者参加巡り論争  アイルランドのカトリックの伝統あるお祭りのひとつ、セントパトリックデイのパレードが、ニューヨークで開かれました。このパレードに同性愛者の参加を認めるかどうか、論争が起きています。 ...続きを見る
TransNews Annex
2006/03/18 13:15
キリスト教とカルト
日本ではキリスト教の布教がうまくいってないらしいの。 どうしてだと思いますか。 ...続きを見る
心の幸福と宗教の世界
2006/03/24 20:48

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(5件)

内 容 ニックネーム/日時
残念ですね。それがパレード参加者の総論じゃないことを願いたい。
でもまぁパレードの時だけ仲良くして、終わった瞬間「ふん!あっち行け!」とかじゃ意味ないし。カトリックが頑ななのは今に始まったことじゃないし。^^;
今回よくなかったのはナチやKKKに喩えた点ですよね。そいつらは寧ろ排斥するほうだっただろ!とツッこまれまくってるのかしら。
ACHI
URL
2006/03/19 02:24
ギネスやキルケニー好きとして、誠に残念な発言だと思います。
(またズレました…)
etchan
2006/03/19 02:57
>ACHIさん
ツッコミごもっとも。カトリックにしても他の宗教にしてもやっぱり、行き過ぎると暴力的になったりしますしね。アイルランドにしても、イギリスの北アイルランドでは、IRAが武装解除するって言ってたけどその後どうなったのかな。

>etchanさん
ギネスうまいっすね。ついでに言うと缶入りのギネスってなんであんなに生のと違う飲み物かいまだにわかりません。
ヒロシ
2006/03/19 04:47
こんにちは、中村大佐です。ホッパーの記事にトラックバックさせて頂いた者です。
聖パトリック・デーの日に表参道に行ったのですが、緑のシャツを着た白人、日本人をたくさん見ましたよ、皆楽しそうでした。そのかたわらには振りそでを着た若い女性(新潟県がらみのイベント参加者らしい)が大勢いました。なかなか見れない取り合わせですよね。やっぱり東京っていう場所はおもしろいなぁって思いました。
中村大佐
URL
2006/03/31 06:23
>中村大佐さん
TB有難うございました。表参道では聖パトリックを祝うアイリッシュなどが集まるのでしょうか。パブとかに行くのかなと勝手に思っていましたが、面白い発見ですね。
ヒロシ
2006/03/31 12:28

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
聖パトリックパレード、ニューヨーク市議会議長の参加を拒否というニュース もっと学ぼうニッポン:ブログ時代の日本語学習/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる