もっと学ぼうニッポン:ブログ時代の日本語学習

アクセスカウンタ

zoom RSS 推薦状いろいろ

<<   作成日時 : 2006/02/09 00:18   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 5

推薦状の季節です。仕事柄、時々学生に頼まれます。と言っても、私が書く推薦状は夏に日本で8週間勉強するプログラムなどですが、その締め切りが2月の終わりか3月頭ごろに締め切りなので、そろそろみんな持ってくるころになりました。

お願いしに来た学生にいつも聞くことは、志望理由(Statement of purpose)は書いたかと言うことです。どうして行きたいのかしっかり考えて書かないといけないから、彼らにとってもこれを書くのはなかなか大変なようです。でもその分、意思がはっきりするし、問題がある場合は、書き方について指導できるし、それが書けなくて応募せずに終わってしまうようなこともなくなるからそれを先に持ってこさせるのはいい考えだと思います。

さて、問題は書いたあとです。
普通の学生は、受け取るときに、「ありがとうございました」と言って、その後聞くまでどうなったか教えてくれなかったり、その学期に教えていない学生の場合、ぷっつりと音沙汰がなくなります。


いい学生は、受け取った後で、お礼のカードをくれたりします。応募することができました、有難うございますというわけです。それはそれで嬉しいですが、それよりも重要なのは結果をしらせることです。結果を知らせてくれるようなよくできた学生はたいてい首尾よく合格してきます。あるいは結果がだめだと、推薦者に申し訳ないから報告してこないのか、落ちたのは推薦状が悪かったからだと逆恨みして報告に来ないのかはわかりません。

困った学生は、まずぎりぎりに頼んできます。
「おいおい、そんなにすぐ書けないよ」と思って、志望理由の文書を書いてきてくださいというと、たまに「わかりました」と言っていたのに、ちょっとしてから、「やっぱり今回は応募しないことにしました」などということもあります。もっとひどいのは、人に書かせておいて、黙って応募するのをやめてしまう人です。「そういえば、あれ、どうなったんですか?」と聞くと「あ、あれは応募するのをやめました」ってな具合です。ひどすぎます。それをやられたことはありませんが、そんな目にあわれた先生を知っています。

ある夏のプログラムの為に応募書類のスクリーニングをは何年かやったので、読む側の気持ちも少しわからなくもありません。できるだけ忠実に、誇張せずにでも褒められるところは褒めて書くようにしています。さて、あと一件来週中に書かなくては。

人気blogランキングに登録中。クリックお願いします。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(5件)

内 容 ニックネーム/日時
先生も大変ですね〜。
どの世界にも困ったやつは存在するのだと改めて思いました。
大学生だと困ったやつは本人ですよね?
私の仕事の場合、一番困ったやつは「保護者」でしょうか?
「発表会でこれが弾きたい!」という子に簡単にアレンジした楽譜を必死におこしてあげたのに「やっぱりやめる」と言われた事を思い出しました…
海流ママ
2006/02/09 19:04
はじめまして。Yukakoさんの「リヴィエラ小町」のリンクからきました。
NYで日本語を教えていらっしゃるんですね。
私は今、ドイツに住んでいますが、子どもたちの国語教育は手探りながら続けています。
イタリア人パパと3人の子どもたちと、去年の7月まで9年間フランスに住んでいました、というちょっと複雑な事情なので、家ではイタリア語と日本語、フランスでは現地の学校なのでフランス語、そして今はドイツの学校でドイツ語という具合に、言葉も複雑になってきています。
この先、どうなるんだろうか?!と心配しつつ、ポジティブに考えるようにしています。
お仕事をされていると、みなさんそれぞれ困ったやつに遭遇するんでしょうね。お察しします。
私はいつも家にいるのですが、実は我が家で一番の困ったやつは私かも(汗)!
また、おじゃまします。

麻。
URL
2006/02/09 20:32
>海流ママさん
そうです。困ったちゃんは本人です。保護者もゼロじゃないかもしれませんけどね。楽譜起こしってどんなに大変か想像もつきませんが、物凄く高度で綿密な作業なはずですよね、それはがっくり来ますね。

>麻。さん
Yukakoさん最近お休みで、ちょっとさびしいですね。どんな環境でもそれなりに適応していけるのが子供のすごいところですね。でもきっと大変だろうなぁ。。
ほんとに複雑ですね、ヨーロッパならではと言うか。。。ドイツと言えばビアンカさん(http://ethno.blog13.fc2.com/)と言う方は日本からドイツに行かれて、日本に戻って来て、またドイツに行かれてるんじゃなかったかな。話題が共通しているかもしれませんね。
ヒロシ
2006/02/10 05:49
さすが先生。
いろいろお忙しそうですね。でも元気そう。
推薦結果を教えない人はきっと落ちてしまって恥ずかしいのだと思いますが、
やっぱり礼儀として結果を報告するべきだと思います。
昔家庭教師をしていて、受験直前で契約が終わったケースで試験結果を言ってこない生徒には愕然としました。人間関係がうまくできていなかったのかなあ、と思います(反省)。。。自分のときはお世話になって人には報告するようにしたいですね。
スー
2006/02/11 08:23
>スーさん
家庭教師なんて、まさにそのためにずっと教えてきたんだから知らせるのが礼儀ですよね。でもなんとなくそれが済むと忘れちゃうものなのかなぁ。そうじゃいかんと思いますけどね。。。
ヒロシ
2006/02/11 23:21

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
推薦状いろいろ もっと学ぼうニッポン:ブログ時代の日本語学習/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる