もっと学ぼうニッポン:ブログ時代の日本語学習

アクセスカウンタ

zoom RSS 間違い電話

<<   作成日時 : 2006/02/26 23:10   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 7

間違い電話がかかってきて、「間違いだ」ということをわかって・信じてもらえないことほどつらいものはありません。アトランタに住んでいたとき、1年間を通して間違い電話がかかってきました。

普通、間違い電話がかかってきて、「間違いです」と言ったらすぐに切ってもらえますよね。その間違い電話のかけ主は、何かスペイン語でべらべらっと話して、毎回私が「間違いです。(You have a wrong number.)」と言っても、なかなかあきらめてくれませんでした。3回に1回ぐらいは結局こっちから一方的に切っていました。

想像するに、きっとメキシコかどこかから出稼ぎに来て、この番号を使っていたけどその人はいなくなってしまったのでしょう。いくら、間違いだと言ってもスペイン語で「本当に知らないの?」とか「実は隠してるんじゃないの?」とか「早く帰ってきて」とかそんなことを言われているような気がしてなかなか切りにくかったです。この探されている人は元気なんだろうか、ちゃんと家族にお金を送っていたけど、他に女でもできてしまったんだろうか、事件に巻き込まれたりしてしまったのだろうか。

間違い電話に対応できるぐらいのスペイン語はならないといかんでしょうか。

人気blogランキングに登録中。クリックお願いします。


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
スペイン語の間違い電話 再び<有名人編>Don Omar
「間違いです」と言っても信じてもらえない間違い電話は初めてじゃありませんでした。間違い電話と言っても、番号はあってるんです。番号を引き継いでしまっただけなので、電話をかけてくる人にとってはそれが正しい番号なことは間違いないんですが、そうとは知らずにVerizon(電話会社)に勝手にその番号を押し付けられたこちらにしてみれば「間違い電話」なわけです。 ...続きを見る
もっと学ぼうニッポン:ブログ時代の日本語...
2008/07/30 01:04

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(7件)

内 容 ニックネーム/日時
罵倒されるのもイヤですが、間違いだと分かってもらえないのも困るなあ。ちなみにイタリア語では「あなた、間違い電話ですよ」というのを「Fa il numero sbagliato(ファ イル ヌーメロ ズバリアート)」と言いますが、スペイン語話者には通じませんかね?
yukki
2006/02/26 23:48
>yukkiさん
「ズバリアート」って間違っているという意味なんですね?ズバリなのに間違ってるってなんかほほえましい語感ですね。イタリア語で、ここのこと「クイ」っていうじゃないですか。「ここが痛い」が「オマルデクイ」でしたっけ?なんかかわいい響きだなと思って。あれ、なんの話だっけ、あそうそう、言ってみますね、こんど。それから、URLってところにyukkiさんのブログのURL残せますよー。よろしかったらどうぞ。
ヒロシ
2006/02/27 01:24
>ヒロシさん
そう、sbagliatoって間違うっていう意味です。"sbagliare"が原形で、"sbagliato"は過去分詞形です。ズバリなのに間違ってる...って、言われてみれば確かにそうですね。ちなみに好きな音の言葉は"scarafaggio"(スカラファッジョ;"a"にアクセント)です。さて、意味は何でしょう?

URLの件ですが...家族・友人に知らせてからと思っていたので、今まで残していませんでした。重い腰をあげてようやく知らせたので、こちらでも残すことにします。ちょっと恥ずかしいんですが... (^^:)
yukki
URL
2006/02/27 06:10
間違い電話っていろいろ考えさせられる事がありますよね。ヒロシさんのこの記事を読んで、間違い電話の話を僕も書いてみました。
FH通信
URL
2006/02/27 07:38
>yukkiさん
今検索して見ました。ずいぶんすんごいものをご存知で。でもこういうへんなもののほうが妙に覚えてしまったりするかも。

>FH通信さん
いやー面白かったです。それにほんとに作家など幅広くご存知なのでいつも勉強になります。
ヒロシ
2006/02/27 11:15
>ヒロシさん
「ある/いる」構文の勉強した時に先生が気に入って使っていた単語なんです。"Ci sono tanti scarafaggi!!!"って、毎回大声でゆうてました。
yukki
URL
2006/02/28 06:44
>yukkiさん
tantiっていっぱいいるってことですね。ぎょえー。それは覚えますね。
ヒロシ
2006/02/28 12:18

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
間違い電話 もっと学ぼうニッポン:ブログ時代の日本語学習/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる