もっと学ぼうニッポン:ブログ時代の日本語学習

アクセスカウンタ

zoom RSS 音声のみのポッドキャストが映像(+音声)の配信よりも優れている点、意志の弱い人向け?

<<   作成日時 : 2006/02/18 22:22   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 4

先日ポッドキャストについての記事を書きましたが、今日大学の新聞のひとつにポッドキャストについての記事がありました。

そのなかで講義をポッドキャストで配信し始めた歯学部の先生の話が出ていました。
講義をポッドキャスト配信することで、他の大学では講義の出席率が下がったという問題があるものの、私の大学のコンピューターの教育利用を推進するセンターの人は、ポッドキャストが講義の代わりになるとは思っていないという意見を寄せていました。
We really see this as a way to liberate classrooms from the necessity of providing one-to-many communication.....Professors will always need to transmit information to their students in a direct fashin but if that happen elsewhere, then class time can become more flexible, and face-to-face meetings between teachers and students can become more dynamic.

彼はむしろポッドキャストで講義のような一方通行の情報発信の形態を教室の外に移せば、教室内ではもっとインタラクティブな活動に集中できるはずだと考えているようです。日本語のクラスでいえば、ビデオを使って授業をするのに教室の外で見せて教室内では教室でしかできないディスカッションなどに集中する考えに似ていますね。ミシガン州立大学の遠藤睦子先生が「ビデオを見せないビデオの授業」言語教育の新展開 牧野成一教授古稀記念論集(鎌田修・筒井通雄・畑佐由紀子・
ナズキアン富美子・岡まゆみ編 8000円+消費税 ISBN4-89476-224-2)でおっしゃっていました。
大学によっては、講義とドリルの授業が分かれているところがありますが、私のところは一緒になっているので、そういう意味ではポッドキャストに適さないものですね。それに、講義というか文法の説明をするのに板書しますから、音声だけ聞いてもどの程度効果があるのか疑問です。それにそもそもかなり恥ずかしいです。

その記事の中で、へーと思ったのは、ビデオによる配信に対するポッドキャストの優位性です。
Noting that videos of lectures have been available online for years, he said that podcasting provides the additional advantage of allowing students to "focus on content in a way that's impossible on a laptop, where you've got different programs distracting you."

これまで講義などのビデオ映像をウェブに載せて配信することは何年も行われていました。しかし、前提としてパソコンを使って配信すると、ブラウザやEメールなど他のプログラムも入っているから、それらのことに気が散ってしまって肝心の配信に集中できないという問題があったが、ポッドキャストならそれしかないからもっと集中できるということらしいです。

しかし、そもそもテクノロジーが進んでも、他のプログラムを立ち上げないように、自制できないばかりに使えていなかったのかよ、おいって感じです。なんだかなぁと思いつつ、いまだにiPodを持っていない自分にはそんなこと言う資格もないかなと思ったりもします。


人気blogランキングに登録中。クリックお願いします。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
pod キャスティングの可能性はいろいろありますよね。ブログをはじめても、私のような(口マメでも?!)筆まめではない人間はポッドキャステイィングブログの方がいいかもしれないですよね〜。
しんじ
URL
2006/02/18 23:13
さとうさんはほんとにいつも口から生まれてきたとしか思えないくらい物凄いスピードで話しまくるので、ポッドキャストに向いていると思います、まじで。いつも必死の思いでターンテイキングをしています。
ヒロシ
2006/02/18 23:44
iPodは、ポッドキャスティングを含めて、語学学習の世界で今後どのように使われるかが楽しみなテクノロジーだと思います。ただ...何を使っても使い方がまずいと、使わないほうがマシなんですよね。これからどういう使い方をすれば一番いいのかという研究をしなくちゃいけませんね。それにしてもテクノロジーって追いつくの大変。
yukki
2006/02/20 23:43
そういえば、3年生のクラスのプロジェクトでインタビューをしなくてはいけないのがあったのですが、iPodで録音したって学生もいました。使い方がまずいと使わないほうがマシってのは耳の痛い話ですね。テクノロジーに追いつくの大変って、yukkiさん、めちゃめちゃ専門家じゃないですかぁ。
ヒロシ
2006/02/21 11:16

コメントする help

ニックネーム
本 文
音声のみのポッドキャストが映像(+音声)の配信よりも優れている点、意志の弱い人向け? もっと学ぼうニッポン:ブログ時代の日本語学習/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる