もっと学ぼうニッポン:ブログ時代の日本語学習

アクセスカウンタ

zoom RSS 運転免許証更新後によくあること、陪審員召喚?!

<<   作成日時 : 2006/02/10 19:59   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

昨日裁判所から手紙が来ました。「え゛、なんもやましいことはしてませんよ」と

先日オンラインで運転免許を更新しました。DMV(Department of Moter Vehicle)に行かなくて済んでよかったと喜んでいたところ、陪審員召喚のための資格調査のお手紙が裁判所から来てしまいました。アメリカ人の知り合いから聞いていた免許更新すると陪審員をやらされるという噂は本当でした。

と言っても私の場合、米国市民ではないので、外国人というところにチェックをして、パスポートのコピーをつけて送っておしまいです。ふー。

陪審員をやったというかやらされた人を知っていますが、結構めんどくさいようです。日本でも導入しようとしているらしいと聞いたことがありますが、その後どうなったのかなぁ。。。。。

人気blogランキングに登録中。クリックお願いします。



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
ああ、やることになったみたいですね日本でも。でもアメリカですら陪審員は専業主婦の人とかリタイヤ後の人とかに集中してしまうことになるみたいですね。そう考えると、「くぉんの忙しいのに、これ以上ナニ私らにやらせよーってのよ!?その前に世間全般の『サービス残業』と『ムダに消える有給休暇』をなくせなくせー」と、働き盛り育児盛り世代としては思ってしまいますね。
シーラカンス
2006/02/10 20:16
>シーラカンスさん
陪審員が専業主婦やリタイヤ後の人に集中しているかですが、ちょっと調べないとわかりませんが、普通に仕事をしている人でやらされた人が周りに数人います。そのうちの一人は結構続けて2回やらされたと言ってました。手続きとしてはまず資格があるかを調査する紙が来て、その後に呼び出されてグループごとにインタビューされて、その答え方によって偏見がありそうとか、事件について知りすぎているとか、弁護側と検察側双方が公平な判断ができそうだと認めた人だけ残るようです。この辺は少し古いですが、映画「ニューオリンズトライアル(Run Away Jury)」(2003)に出てきますけど実際はどうなんでしょうね。確かにこれ以上どうやって時間作るって感じですよね?時間で払う税金が増えるようなもんですもんね。
ヒロシ
2006/02/11 00:11

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
運転免許証更新後によくあること、陪審員召喚?! もっと学ぼうニッポン:ブログ時代の日本語学習/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる