もっと学ぼうニッポン:ブログ時代の日本語学習

アクセスカウンタ

zoom RSS 年賀状配達の思い出

<<   作成日時 : 2006/01/06 08:44   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 9

お正月早々、締め切りが二つあって今両方終わりました。ふー。
これで今晩は安心して眠れる。

さて、お正月の楽しみといえば年賀状ですね。我が家にも数枚ですが、日本から届きました。ほぼすべて子供の写真つきです。

年賀状で思い出すのは、高校1年生の冬休みに初めてした郵便局のアルバイトのことです。

局内で仕分けもしましたけど、主に配達をしました。
生まれて初めてのアルバイトで、うれしくてうれしくて毎日郵便局に自転車こいで行きました。同じクラスの仲のよかった二人の友達の近所だからということで自分の家からは必ずしも一番近いところではなくて、川を越えて坂を越えて行かなくてはいけないところだったのですが、毎朝はりきって立ちこぎして行きました。

初めは郵便局のお兄さんについて一緒に回りました。
不思議なもので毎日毎日同じルートを通るうちに本当にそれぞれのお宅の名前を覚えて行くのが面白かったです。そして、ああ、郵便屋さんはこうして毎日配っているのだな。(ちょっとNHK教育テレビの働くおじさん、働くおばさん、こんにちはのように社会の仕組みを知った気分でした。)

12月の終わりから配り始めましたが、その合間に続々来る年賀状を専用の箱にためていきます。そしてついに元旦の朝、ごっそり配るわけですが、一軒だけ行くのが楽しみのお宅がありました。そこはなんとお年玉をくれることになっていたのです。「ここは毎年そうなんだよ」と郵便局のお兄さんに教えられて、実際に年内に配っているときに本当に「年賀状のときは呼び鈴を鳴らしてね」と言われていたのです。

図書券を頂きました。いくらだったかまるで覚えていませんが、とにかくうれしかったです。
「公務をしているのに個人的な贈り物をもらってもいいものか」と高校生なりに疑問でしたが、勝手に納得して本屋さんへ行ってしまいました。

結局郵便局のアルバイトをしたのはそれきりでしたが、今から思うとなんというか日本のお正月文化にどっぷり参加する経験が得られたのはよかったのかなと思っています。

人気blogランキングに登録中。クリックお願いします。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(9件)

内 容 ニックネーム/日時
ヒロシさん、明けましておめでとうございます!
新年早々締め切りおつかれ様でした。
先日このお話の中のヒロシさんかと思うような、初々しい(?)高校生くらいの男の子が年賀状配達していました。年賀状配達のアルバイトは気になりながら一度もやらずに現在に至ります。高校生の初バイトにいいお仕事ですね。たしか時給もいいほうのはず。この時期の外勤は寒いけど、うちの息子が大きくなったら勧めてみようかしら。
スー
2006/01/06 09:42
明けましておめでとうございます。今年も宜しくお願い致します。ヒロシさんにもそんな初々しく爽やかな少年時代があったのですね。私も年賀状を配達してる少年をみるととってもホッとします。(最近では如何わしいバイトでお金を稼ぐ女子高生とかいますからね)
うちの近所はものすごい急な坂ばかりなので、そんな中を自転車で配達してる子達を見ると「ありがとう、偉いね」といいたくなります。それと大手スーパーやコンビニも元旦から営業していて、働いてくれている人達に感謝です!(夫は「どこもかしこもお正月から営業なんてするからお正月らしさが無くなっていくんだ!」と嘆いておりますが・・)
年賀状配達をやっていたヒロシさん・・・益々好感度アップです〜♪
aki
2006/01/06 12:10
あけましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いします。
私も結婚する少し前、郵便局で仕分けのバイトをしました。
ちょうど学校の靴箱のような箱に、地区名の書いた紙が貼ってあって、
そこに入れていくのです。
ほぼ毎日バイトを入れていたので、どこがどの地区というのを覚えて、
素早く仕分けできるようになってました。
肩が凝るけど楽しかったです。
ヒロシさんは素敵なお宅に当たったんですね。
心遣いがうれしいですよね。
きっと「寒いのにご苦労様」という気持ちから毎年お年玉を渡されているのでしょうね。
私の妹の旦那さんが郵便局の外務をしてて、夏に飲み物をくださるお宅があるとか。「ありがたい」そうです。
みーこ
2006/01/06 13:46
>スーさん
そうなんですよー。お正月は3日からフル回転でした。
ちょっとお祭り的要素が強いバイトなので、一度やるともういいかなと思ってしまうんですが、一度やるにはいいと思います。

>akiさん
郵便局の人がみんな元旦はものすごく気合を入れて働いて、二日に一日だけ休むんですが、そのときのお互いをたたえあうというと大げさですが、そんな雰囲気がよかったです。

>みーこさん
は、そうそう靴箱のような箱、別の時にピジョンボックスと呼ばれているのも聞きましたが、本当はなんていうのかな。・夏に飲み物を出すお宅があるなんてなにか聞くだけでこころ温まりますね。
ヒロシ
2006/01/07 23:05
私も高校1年生のとき、年末年始の郵便局バイトやりましたよ!
その時は局内の仕分けが女子で、配達が男子でしたけど。

時給は、めっちゃ安くて、たしか630円・・・。
しかも、局の人がバイトのことをよく分かってなくて、最初は休憩ももらえなかったし、雰囲気もよくなかったので、2度目はいいやと思いました。(ーー;)ま、今となってはそれも思い出ですけど。
ヒロシさんのはよい感じの思い出ですね。
確かにこれは日本文化ですね!
おい
URL
2006/01/10 01:04
私も高校1年生の時に郵便局の仕分けのバイトをやりました!
がんばって正月3が日も働きました。時々おもしろい内容の年賀状があったりして笑えたなぁ。
図書券のお年玉なんていいですね。私は休憩時間に郵便局の人からみかんをいただいた記憶が。今、思えば懐かしい思い出です。
Yukako
2006/01/10 02:03
>おいさん
そうでしたか、おいさんもしていたとは。このバイトはやったことがある人が続々でてきて、結構いるんだなぁと思いました。

>Yukakoさん
そして、Yukakoさんもしていたんですね、郵便局バイト。みかんも冬つながりでほっこりしていいですね。
ヒロシ
2006/01/10 02:21
ヒロシさん、今年も宜しくお願いします。
実は…僕も生まれて初めてやったバイトが高1の冬の年賀状配達でした!
雪国なので寒くて寒くて、しかも悪天候。
当時は確か時給510円だったと思います。お金を稼ぐことがこんなにも大変だったなんて…と痛感したのを覚えています。
局に戻ってストーブに当たりながら食べたお菓子が美味しかったなぁ
お金の価値に気づいた良い経験でした。
トニー
2006/01/11 02:49
>トニーさん
こちらこそよろしくお願いします。トニーさんも経験者でしたか。それにしても雪国ではさらに大変でしょうねぇ。
ヒロシ
2006/01/11 21:41

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
年賀状配達の思い出 もっと学ぼうニッポン:ブログ時代の日本語学習/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる