もっと学ぼうニッポン:ブログ時代の日本語学習

アクセスカウンタ

zoom RSS 「貧乏父さん、金持ち父さん」著者ロバート・キヨサキの演出術

<<   作成日時 : 2005/12/30 23:42   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 4 / コメント 3

「貧乏父さん、金持ち父さん」は日本でもベストセラーになりましたが、米国でもいまだに結構売れてるみたいです。それもあって著者のロバート・キヨサキはドナルド・トランプ英語版)とセミナーをしたり、ちょっとした売れっ子みたいです。

アメリカにはNHKのような強制的な公共放送がない代わりに、一生懸命予算を稼ぐために、がんばるPBS(Public Broadcasting Service)という放送局でロバート・キヨサキの自分のプロモーションをかねた番組をやってました。

はじめのほうの、彼の自己紹介というか自己演出の仕方が面白かったです。
まず、司会者にベストセラーの著書だと紹介されて出てきてから、いろいろと聴衆に質問して
手を上げさせていました。自分の本を読んだことがあるかとか、60年だか70年だかのある年より
前に生まれたか、それによって401kのことを取り上げたりしていました。

彼の目標としては、個人資産運用の専門家として広く一般大衆に印象付けることだったはずです。
そこで彼が使った方法は、まず、日系であるということをぼかすこと。

ハワイ出身の日系4世だと言いました。それは間違いない事実でしょう。
そして、日系だというと時々日本語を勉強したという人が来て「ハイヨウヨウヤー(といってお辞儀する)」とかいって日本語で話しかけてくる人がいるけど、僕は全然日本語わかんないからやめてくださいと冗談半分に言いました。それも確かにそうでしょう。

アメリカでヒスパニックといったらほとんどみんなスペイン語と英語のバイリンガルなんじゃないかと思いますが、同じマイノリティーといっても日系の場合にはそんなに日本語できる人は少ないのでそれをわざわざ強調することで、彼としては、「私は外見がアジア人でも、英語しかわからないし、みなさんと共通する部分が多いんですよ」とでも言いたげでした。

それから、収録はニューヨークだったのですが、ハワイ出身というと本土の人間からすると、同じくにとはいってもやっぱりどこか異国感、異文化感があるんじゃないかと思いますが、それに対抗する要素として「ニューヨークの学校に行きました」と言っていました。それは、あとでウィキペディアで調べたらロングアイランドにある、商船の学校のようです。

ロングアイランドってニューヨーク州には違いないですけど、ニューヨーカーからするとちょっとずれている感じです。でも、彼は「ニューヨークの学校」としか言っていないので、普通に聞いたら、きっとニューヨークシティの大学に違いないと思うはずですが、うそはついていないことになります。

それから、もうひとつ自己演出の小道具として彼が言ったことは、ベトナム戦争に二度参戦したことです。それも多分本当のことだとは思います。またしても詳しくは言っていないのですが、ベトナム参戦を言うことによって、多くのベビーブーマー世代や右よりの一般アメリカ人などの懐にがっつり食い込むことができるんじゃないと思います。「おお、戦友よ」、「おお、偉大なベテラン(戦争経験者)」「アメリカという国の価値観の具現化を体を張って成し遂げたヒーロー」というわけです。

別にローバート・キヨサキに反対しているのでも支持しているのでもありませんが、なかなか印象管理術として興味を引かれたので書いてみました。


人気blogランキングに登録中。クリックお願いします。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(4件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
【金持ち父さん貧乏父さん ロバート・キヨサキ著】
言わずとしれたベストセラーです。私が読んだのは2005年ですが、発売から何年もた ...続きを見る
ビジネスマンの読書
2006/05/20 18:59
【金持ち父さんのキャッシュフロー・クワドラント ロバート・キヨサキ著】
金持ち父さんシリーズ第2弾。 100冊以上の本を読んでいる私ですが投資を含めたビ ...続きを見る
ビジネスマンの読書
2006/05/20 19:00
【金持ち父さんの投資ガイド 入門編 ― 投資力をつける16のレッスン ロバート・キヨサキ著】
金持ち父さんシリーズ第3弾。 金持ち父さんが金持ちになるまでのストーリーに合わせ ...続きを見る
ビジネスマンの読書
2006/05/20 19:02
【金持ち父さんの投資ガイド 上級編 ― 起業家精神から富が生まれる ロバート・キヨサキ著】
金持ち父さんシリーズ第4弾。 金持ち父さんに始まり、キャッシュフロークワドラント ...続きを見る
ビジネスマンの読書
2006/05/20 19:03

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(3件)

内 容 ニックネーム/日時
新年おめでとうございます。
そのキヨサキ氏のことは全然知らないのですが、多数派に受け入れられる為には「良きアメリカ人」であることをアピールしないといけないのでしょうね。大統領選に出た民主党のケリー氏もベトナムでの武勲を宣伝していた。また、日系であることやアジア系であることは、マイナスにこそなれプラスにはなりませんから、キヨサキ氏も人種的な話題は避けて通りたいのだと思います。ニューヨークの学校で学んだという経歴も重要だというのは、田舎出身だけれども都会的な感覚も備えているという意味なんでしょうか。日本でいうと、地方の国立大学卒より東京の有名私立大学卒のほうが就職に有利とかカッコイイということはありますが、どうなんでしょうね。
asianimprov
URL
2006/01/01 22:09
人種的な話題は避けて通りたい、だからこそ私のような日本で生まれ育った日本人は、意識的に行間からその思いやご苦労、歴史の重み等を読み取らなくてはならないんだなぁ、って思います。。
etchan
2006/01/02 01:22
>asianimprovさん
そうそう大統領選挙の時には必ずといっていいほどポイントになりますね。war heroかどうか。プレッシャーに負けない強いリーダーとしてアピールするにはいい材料ですよね。キヨサキ氏の場合、ニューヨークの学校というのは、おそらく収録がニューヨークだったのでハワイから来て、東海岸のことがわかっていない人間なんじゃないですよと地元の聴衆にアピールしたかったんだと思います。でもロングアイランドの小さい町の学校だそうで、ニューヨークって言ってもニューヨーク市じゃないんですよね。たとえは悪いですが、「東京の学校に行った」と言って奥多摩の学校に行ってたみたいなもんですからね。うそはついていないけど、ちょっとどうかなと思います。

>etchanさん
日本では違う意味でもっと行間から読み取ることが期待されているような気がします。って、正しくetchanさんの意図を汲んでお返事できいるか自信がないのですが。。。
ヒロシ
2006/01/02 16:03

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
「貧乏父さん、金持ち父さん」著者ロバート・キヨサキの演出術 もっと学ぼうニッポン:ブログ時代の日本語学習/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる