もっと学ぼうニッポン:ブログ時代の日本語学習

アクセスカウンタ

zoom RSS NY市交通機関に対する警備強化:ポーズか、本気か。

<<   作成日時 : 2005/10/07 19:13   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 6

よくわかりませんが、NY市長が警察のトップのレイケリー氏と
一緒に記者会見をしてFBIからの情報でNYの地下鉄に対するテロ計画があるらしいと
発表したそうです。総領事館からのメールでしりました。(アサヒ.comのニュースはここ

いやー、地下鉄ですか。今日は娘を医者に連れていかなくちゃいけないんですけどね。
車にするかな。

米大統領「対テロ戦争」演説 危機感あおり支持狙う」てのもありますしね、その路線で
私らも乗せようとしているのかもしれないし。。。11月の選挙前に「ほら、ちゃんと
テロ対策もしてまっせ」というのを見せようというポーズかもしれないし。。。。。
でも狼少年だと思って、狼に食われたくもないし。


<<<在ニューヨーク総領事館からのお知らせ>>>
在留邦人の皆様へ

2005年10月6日


ニューヨーク市交通機関に対する警備強化について
  


1.10月6日、午後17時40分、ニューヨーク市ブルンバーグ市長及びレイ・ケリ
ーニューヨーク警察長官は、FBIからの信頼すべき情報として、ニューヨーク地下鉄
を対象としたテロの脅威の存在について言及すると共に、これまでの警戒に勝る警備強
化を行う旨発表しました。
具体的には、地下鉄駅構内及び車内に制服・私服の警官を増員し、地下鉄の警戒と乗客
の所持品等(袋、ブリーフケース、旅行カバン、ベビーカー等)に対する任意検査が実
施されることとなります。
ニューヨーク市は本件情報源の調査を治安機関と共同し捜査中の段階であるため、本件
警備強化は当面継続される予定としています。

2.なお、ブルンバーグ市長は市民に対し個人個人による警戒を呼びかけるとともに、
不審なものを見つけたら官憲に報告するよう要請しており、不必要に検査の対象となる
カバン、ベビーカーなどの所持品を地下鉄に持ち込まないよう協力をお願いしたい旨述
べています。

3.つきましては、邦人の皆様におかれては、テロ事件や不測の事態に巻き込まれるこ
とのないよう、最新の関連情報の入手に努め、地下鉄をはじめとする公共機関を利用す
る際には十分警戒する、周囲の状況に注意を払うなど安全確保に十分注意を払ってくだ
さい。


人気blogランキングに登録中。クリックお願いします。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
物騒な話ですね。テロ計画、自爆テロ…テロ
だいたい「テロ」て、なんなんでしょう?僕は「テロ」って言葉嫌いです。
だって無差別大量殺人ですよ、許せないですよね。
地下鉄は便利なものですけど、日本の地下鉄サリン事件のように何かが起きるとパニックになりやすいので場合によっては危険な場所ですから…
今回はオオカミ少年信じて、食べられないほうが良いような気がします。
トニー
2005/10/10 04:28
トニーさん、
ほんと許せないですね。そんなものが日常生活の一部に近づきつつある今、どうしたものかと思いますね。結局この日は地下鉄で行ったのですが、いつもはいない地下鉄の入り口におまわりさんが立っていたり、降りた駅でも出入り口が一つ閉鎖されていたりして、そのぶんものすごく混んでて大変でした。でもこの緊張感もいつまで続くのかわかりませんけどね。そのうちまた慣れて、だれてしまうようにも思います。
ヒロシ
2005/10/10 10:55
9/11以降、米国は「テロの恐怖」におびえ続けていて、イラクを占領し、統治しつつある(但し2000人近い戦死者を出しながら)今も、この「恐怖心」はかわらないと思います。近現代史上、その本土が他国から爆弾を落とされたことのない国家と国民が初めて経験した攻撃こそ9/11でした。ショッキングで恐ろしい、憎むべき大規模テロでしたが、ヨーロッパや東アジアの国々の市民が二つの世界大戦で失った命の数と比べれば、死傷者はたいした数ではない。「無差別の絨毯爆撃を受けたことのない国家と国民に、理不尽で非人道的な爆撃を受けた国や国民の苦しみや辛さが理解できるのか?」という命題が私の中には残っています。暴論かもしれません。しかし、ブッシュ大統領が拳を振り上げて「テロとの戦争」を訴えれば訴えるほど、ブッシュが代表する米国国民の「恐怖心」と、その裏返しの「世界の民主化」という十字軍的なお題目が、空疎な叫びに思えて仕方がありません。無論、テロリストとテロは人間による人間の否定であり、絶対に正当化はできませんが、「テロとの戦争」が新たなテロリストを生み出すという虚しさを感じるのは私だけではないと思います。
asianimprov
2005/10/11 20:18
確かに恐怖心はあるかもしれませんね。それを利用し、神がかったようなことを言ってうまくみんなを乗せたブッシュ大統領ですが、支持率はNYではもともと高くありませんでしたが最近では29%まで落ちているらしいです。先の見えない戦争に嫌気がさしているんでしょうか。結局この地下鉄テロ計画は、確証なしということで、4日後にもとの警備体制にもどりました。
ヒロシ
2005/10/13 03:44
地下鉄テロはデマだったようですね。何もなくて良かった。しかし、デマで警察が右往左往させられ、それがニュースになって日本にも伝えられるのですから、デマを流した人の勝ちかも。迷惑ですね。(-_-)
asianimprov
2005/10/13 16:08
そうなんですよね。結局なんでもなくてよかったことは良かったんですが、そのうちやっぱり狼少年効果になっても困るし。。。ブルーンバーグ現市長は共和党なんですけど、民主党の対抗馬(11月に市長選があります)のフェルナンドフェレールが「いったいその情報の内容はどうだったのだ?説明しろ。」と注文つけていました。なんとなく政治の道具のような感じもします。
ヒロシ
2005/10/14 03:41

コメントする help

ニックネーム
本 文
NY市交通機関に対する警備強化:ポーズか、本気か。 もっと学ぼうニッポン:ブログ時代の日本語学習/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる