もっと学ぼうニッポン:ブログ時代の日本語学習

アクセスカウンタ

zoom RSS 徒歩通勤

<<   作成日時 : 2005/10/19 23:05   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 10

画像
日本の大都市圏ではまずないことですが、なんと恵まれたことに私は毎日徒歩通勤です。雨の日も、風の日も、雪の日もというわけではありませんけど。だいたい歩いています。
というのも2001年以来4年間、職場はうちから歩いて20分弱のところにあるんです。

一般的に言ってアメリカのほうが日本よりも職住接近だと思われます。

2003年の米国国勢調査によると、全米の通勤時間は平均24.3分であるのに、
ニューヨーカーは38分と全米一の時間を通勤時間にあてているそうです。
一方90分以上かけている人は全米では2%であるのに、ニューヨークとバルティモアでは
5.6%もいたそうです。そのほか、フィラデルフィアやLAも同じくらい90分以上の人がいたそうです。
(MSNBC Car trek: U.S. workday commute gets longer 2005/3/31)
元データ

これに対して日本の首都圏勤労者の平均通勤(・通学)時間は66.9分、最多時間帯は60〜74分となっています。(国土交通省 平成14年度大都市交通センサス調査 PDF )

普通は、小学校からどんどん通う先は遠くなるものですが、私の場合は高校がピークで
その後は近くなって行きました。(と思っていたのですが、この国土交通省のデータを見ると
通勤よりも通学のほうがどの年度をとっても長くなっていることがわかります。)

 小学校 徒歩5分 
 中学校 徒歩7分 敷地は小学校の隣にあった
 高校   1時間20分ぐらい  電車 乗り換え二回  もっとも遠かった。
    電車で一度ターミナル駅である新宿に出てから、ちょっと山の手線に乗って
    それからまた中心から離れるから時間がかかった。
 大学 1時間10分ぐらい  電車 乗り換え二回 または乗り換え1回プラスバス 
 会社 50分ぐらい      電車 乗り換えなし 
大学院 1年目 徒歩15分
      2年目 自転車10分
     冬は道路も自転車も凍って乗れないので、バスで10分

大学1 車 15分
 教える初仕事は車で通勤していました。その町は渋滞で有名でした。
みんな6時に起きて、まずテレビをつけてその日の渋滞・事故情報を確認して、
ルートを考えるというような人も多かったですが、私の場合は結構近かったのでよかったです。

大学2 徒歩20分
 今の職場。

アメリカでは車の通勤の人も多いです。車だと本を読んだり、寝たりできないので
つまらないし、辛いだろうなぁと思います。
そう考えると自分はかなり恵まれた通勤環境にいると思われます。

それでもないものねだりで、日本の電車のつり革広告が懐かしく感じたりします。

人気blogランキングに登録中。クリックお願いします。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(2件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
三上(さんじょう):アイディアの浮かぶところ(移動中、就寝中、××中)
三上と書いて「みかみ」じゃありません。「さんじょう」だそうです。 ...続きを見る
もっと学ぼうニッポン:ブログ時代の日本語...
2005/10/21 00:03
エッジシティー(edge city)郊外型都市。郊外から郊外への通勤
エッジ・シティー(Edge City)という新しい言葉をインターネットの発展と社会への影響についての論文を読んでいて習いました。新しいといっても1991年からあるそうなので15年も経っているんですが。(汗) ...続きを見る
もっと学ぼうニッポン:ブログ時代の日本語...
2006/10/23 04:26

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(10件)

内 容 ニックネーム/日時
へーっ、日本の通勤時間は長いのですか。。。東京だと1時間は普通ですよねえ。2時間半っていう人もいれば、新幹線通勤って人もいますしねえ。(^^;)
それにしても、通勤時間よりも通学時間の方が長いというのが意外でした。通勤ともなると、職場に近いところに住むんでしょうか。高校までの通学だと実家から通うことが多いでしょうけどねえ。
おい
2005/10/20 00:14
イタリアも通勤に時間をかける人は少ないです。昼食のために家に一旦戻る人のほうが多いです。我が家は夫が電車通勤(片道約30分)でお昼に帰ってくることがないので、ちょっとホッとしてます。毎日お昼ごはん作るのは大変なので(笑)
Yukako
2005/10/20 01:47
職場まで徒歩20分は恵まれすぎ!うらやましい〜
って自分は自宅で仕事していますけど(笑)
通勤時間がないと確かに本を読む時間が減りますね。
でも通勤時間は短くていいと思います。とにかく混んでますしね。
今の職場環境をぜひ死守してくださいませ。
ってことはヒロシさんも自宅でお昼食べていたりして。
スー
2005/10/20 11:40
>おいさん
そうそう1時間は普通ですよね。思うに、日本でこの通勤時間の長いことを助長する原因の一つは通勤費用(定期代)を会社が負担することが普通だということです。こちらの会社では通勤費用は従業員の負担なのが当たり前だと思います。会社が出してくれるなら、新幹線通勤もいいかなと思ったりすると思います。最近は不景気だからあまりに高いのはダメかもしれませんけどね。

>Yukakoさん
昼食はやっぱり長いんでしょうね。イタリアに旅行に行ったとき(ミラノ、コモ、ヴェローナ)お店が12時から2時ぐらいまだばたばた閉まって、「おお、ほんとに休んでいる」と思って驚きました。ご主人はお昼どうしてるんですか。お弁当というものはイタリアにもあるんでしょうか。

>スーさん
ええ、恵まれていますよね。でも自宅勤務もすごいですね。
お昼はお弁当をオフィスで食べています。家に帰ってもだれもいませんし、結婚する前は時々帰ってましたけどね、やっぱりちょっとめんどくさいですぅ。思えば日本でいんちきサラリーマンをしていたときには、お昼に外に出るのが楽しみでした。時々ビルに売りに来るお弁当屋さんのお弁当も食べましたけど。
ヒロシ
2005/10/20 23:32
お昼休みは長いですよ〜。ウチのほうでは1時から3時半くらいまでです。夫はお弁当か会社の近くのピザ屋で食べてます。
それと通勤費用も自己負担なので1年分の定期券を買ってます。イタリアは電車が頻繁に遅れるので、遅延分の払い戻しもまとめて請求してます。
Yukako
2005/10/21 02:13
Yukakoさん、
ひょえー、おどろきの長さですね。それだけ長いと戻りたくなくなってしまいそう。私なら毎日お昼寝するかなぁ。1年分の定期ってのもすごいですね。とってもじゃないけどなくしたりできませんね。遅延分を払い戻してくれるというのはすごいサービスですね。日本では遅延証明の紙を配っておしまいですもんね。
ヒロシ
2005/10/21 03:48
ヒロシさん、私へのコメント返しが切れてますよー。
あと「いんちきサラリーマン」が気になりました。
どんなサラリーマン?

しかしイタリアのお昼休みって長い!
家に帰らない人はその間何をして過ごすのかしら〜
あとイタリアのお弁当もすごく気になる。
どんな感じなんだろう〜まさかスパゲティじゃないだろうし…

アメリカのお弁当も気になる〜サンドイッチとかですか?
スー
2005/10/21 09:03
会社と家が近いと
会社と家の気持ちの切り替えが難しいですね
私的には、30分以上の通勤距離が欲しいです
帰りに寄り道できますしね(汗)
エイジ
2005/10/22 01:18
>スーさん、
ほんとだ。切れてますね。どうしてかな。あったはずなんですけどね。いんちきサラリーマンというのは、なんちゃってサラリーマンってことです。我が家ではお弁当は基本的に日本のお弁当です。
ヒロシ
2005/10/22 06:15
>エイジさん
そうなんですよね。通勤ってのは、結構気持ちの切り替えのためには重要な役割を果たしていますよね。そういえばエイジさんは寄り道してブログを書いているのではなかったでしょうか。寄り道なしにはエイジさんのブログはありえなくなりますから、必要ですね。
ヒロシ
2005/10/22 21:05

コメントする help

ニックネーム
本 文
徒歩通勤 もっと学ぼうニッポン:ブログ時代の日本語学習/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる