もっと学ぼうニッポン:ブログ時代の日本語学習

アクセスカウンタ

zoom RSS 麻酔で分かる歯医者の腕: 痛くない麻酔の打ち方

<<   作成日時 : 2005/10/14 04:04   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 4

レストランで注文して、待っている間にパンを食べると
それでかなり料理の質が占えます。

歯医者の場合は、麻酔じゃないかと思います。

というのも最近歯医者を替えたんですが、今度の先生は
麻酔も上手で、治療自体も大変お上手で、あたりです。

前の歯医者さんは、悪くなかったんですが、続けて予約をキャンセルされて、しかも1ヵ月後とか
2ヵ月後とかしかないと言われて、いい加減にしてほしいと思い、他の先生を探しました。

歯医者の麻酔の仕方は、
1.まず、コットンに浸した液体のを歯茎にあてる。
2.ちょっとしてから、注射するというのが手順です。

前の歯医者は、注射の時にぶるぶると震わせて麻酔薬がうまくけっかんに
散るようにしていたんですが、それでもひといきで注入してしまうので結構痛かったです。

それでも「まあ、しょうがないか。こんなもんだろう」とあきらめていました。

前の歯医者で、もうひとり別の口腔外科の先生に注射されたことも何度かありました。
その人はさらに強引に麻酔を打つので、いつも涙が出ていました。

今度の新しい先生の手順はこうです。
1.コットンに浸した液体を歯茎にあてる。
ここまで同じですがその後が違います。

2.まず、ほんの少し注射します。浅すぎず、深すぎず、ほんのちくでやめて
一度抜きます。

3.ちょっと待って、最初に注射されたのが効いたところに、残りの
注射をします。

要は二回に分けて注射するだけです。特別な道具も要りません。
簡単なことですが、こうするだけで全然痛みが違います。

何のこと?という感じですっかり効いてしまいました。

これをご覧の歯医者の先生の方々(いないと思うけど)、
ぜひこの2段式でお願いしますね(だからいないってば)。

人気blogランキングに登録中。クリックお願いします。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 4
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
おお!
私も歯医者に通っているのでタイムリーな話題です(といっても子どもですが)。わが家の通う歯医者さんは2回に分けて麻酔してくれないです。
予約がなかなか入らないっていうのもどうかな〜ですよね。
いい歯医者さんを見つけましたね〜。

ところで注射が痛くて泣いてしまうヒロシさんはちょっと意外でした(笑)
スー
2005/10/14 10:19
わかります。よーくわかります。
歯医者さんによって全然違いますよね。以前、通ってた時がそうでした。
最初は職場近くの歯医者さんに言ったんですが麻酔も痛いし治療が豪快でアゴが外れるんでは?と思うこともありました。次に行った所はとても上手くて、麻酔に関してはまず液体のような麻酔薬を歯茎に塗ります。その後、麻酔注射をするわけですが、その頃には塗ったものが効いてるので注射されてる感覚がありません。治療もとても丁寧だったので好感がもてました。
その代り、患者さんがとても多いようで予約が大変ですが…
トニー
2005/10/15 03:50
上手く治療してくれる「センスのある人」を見つけると、いいですよねえ。ラッキーでしたね。
シーラカンス
2005/10/15 13:42
>スーさん
二回に分けなくても、ある程度ゆっくり打てばいいと思うんですが、前のマッチョな歯医者さんは結構一気に打ってくれるので、それが痛かったです。

>トニーさん
実は今回替えるまでは、どこでもだいたい一緒と思ってたんですけどね。
やっぱり結構違いますね。

>シーラカンスさん
ええ、ラッキーでした。腕もいいんですけど、人間的にも信用できそうな先生でした。
ヒロシ
2005/10/16 10:38

コメントする help

ニックネーム
本 文
麻酔で分かる歯医者の腕: 痛くない麻酔の打ち方 もっと学ぼうニッポン:ブログ時代の日本語学習/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる