もっと学ぼうニッポン:ブログ時代の日本語学習

アクセスカウンタ

zoom RSS 勉強しすぎ?の学生たち

<<   作成日時 : 2005/09/22 12:08   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 7

今日の1年生の日本語の授業で、時間の表現と動詞について勉強しました。
いままでの課では、「NはNです。」の名詞文だけだったところに、
「勉強します」「起きます」「寝ます」などの動詞が入ってきました。

今日の授業の中で、「何時に起きましたか」というのを勉強しました。

クラスで学生に何時に起きたか聞いてみました。
「私は6時半に起きました。○○さんは何時に起きましたか」
 「8時に起きました。」(お、はやいじゃん)
 「10時に起きました。」(ま、そんなもんかな)
 「9時に起きました。」(早め)
と思っていたら
 12時に起きました。(おいおい。クラスメートからも笑いが起こる)
というのもいました。ちなみにこの授業は1時からの授業でした。

日本の大学生も夜型の人が多いようなイメージがありますが、
朝起きる時間はそんなもんでしょうか。

その次に、「きのう何時に寝ましたか」をしました。
多い答えは、
  「1時に寝ました。」
 「2時に寝ました。」
みんな夜遅めです。厳密に言うと、「きのう」じゃなくて、「きょう」の人がほとんどです。
 そして、一番遅かった人の答えは
 「6時に寝ました。」
遅すぎというか、早すぎというか、夜更かししすぎです。
気になって彼に「何時に起きましたか」とふってみると、
「9時に起きました」とのこと。

かなり寝不足です。でも彼は、ちゃんと宿題も出してくるし、授業中に
指されてもそつなく答えられるし、模範的な学生です。

彼も含めて、パーティーしていて遅くなったんではもちろんなく、
勉強していて遅くなったのです。そんなに遅くまでやっていて効率
のほどは疑問ですが、みんなよく勉強してきます。

日本語の授業は宿題も多めで、かなりつらいコースだと思います。
それでも学生はがんばって勉強してくれるので、こちらもやりがいがあります。

しかし、あまりに不摂生な生活をしているのを見ると、体を壊さないか心配です。
寝不足だと効率が悪くて、作業が進まなくて、また遅くまでかかってしまう
という悪循環にはまったことがある身としてはちょっと人ごとではないように
思えます。

別に日本語だけ取っているわけではないのでしょうが、ちょっと責められている
ような気にもなります。

時間の使い方は社会に出て役立つスキルの一つでしょうが、
かといって学校でちゃんと身につくように習うわけではないんですよね。

でもそこまでは教えられないなぁ、と思います。


人気blogランキングに登録中。クリックお願いします。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(7件)

内 容 ニックネーム/日時
すっかり先生の顔ですね。
相手が大学生じゃ、生活に関してあれこれ言うのもはばかりますしね。
夜に勉強がはかどるタイプもいるでしょうし、こちらからみると好きに出来て羨ましいです。社会人になって働くと朝も決まった時間に起きないといけないし。
夜更かしを今のうちに楽しんで欲しいですね。
スー
2005/09/22 13:02
>スーさん
ほんとに好きにしてるという感じですね。教える側としては家でいつ勉強してもかまわないんですが、夜中に「先生、明日の宿題なんですか」というEメールをしてくる不届き者が時々いるのが困ります。今学期は幸い、そんな人はいませんが。
ヒロシ
2005/09/23 17:21
「明日の宿題ですが・・・」といわれちゃ、無視もできませんねえ(笑)
ヒロシさんは面倒見のいい先生として信頼も厚そうですね。
スー
2005/09/23 20:08
いや、実はそういう場合は無視します。
たまたま見ていたことがあっても、毎回それに答えていると、それを当たり前だと思って期待されてしまっては困るからです。当たり前だと思うと、「メールしたのに、教えてくれなかった。ヒドイ」ということになります。こちらは24時間体制で質問を受け付けるわけにはいかないので、ほっておくと、クラスのほかの学生に聞いたりして対処するようになるので、そうすることにしています。
ヒロシ
2005/09/23 22:45
こんにちは。
ヒロシさんが1年生へ教えられているという日本語はとても興味があります。私はこれから娘(ついでイタリア人の夫にも)に日本語を教えていかなければならないので、日本語の先生のブログはとても貴重な存在です。
ところで、生徒さんは皆さん熱心な方達で良かったですね。がんばり屋さんの生徒さんだと教えがいってものがありそう。ウチの子もがんばってもらわねば。
Yukako
2005/09/24 02:54
授業中にスヤスヤ・・・という学生はやはりいないのでしょうか?大学生にもなれば、きちんと目的意識をもって授業を選ぶだろうから、そういう意味では授業に対して受身になる学生も少ないですよね。。ちょっとうらやましく感じてしまいました。
うー
2005/09/24 05:13
>Yukakoさん
私も娘(1歳)に日本語を教えなくちゃと思っていますが、そのうちに現地校に通うようになったら、難しいだろうなぁと今から心配です。幸いウチは私たち両親とも日本人なので、その点家庭で日本語話すのは問題ないんですけどね。
>うーさん
全然寝る人がいないかといえば、いると思いますけど、ほとんど見ません。寝てたら、起こしてあげます。大学生はGPA(Grade Point Average)という成績の平均点を気にします。それは奨学金とか、将来の大学院への進学とか、就職とかに日本よりももっと関係あるからです。GPAは同じクラスでも、単位の大きいほうが影響力が大きいのですが、日本語のクラスの場合、5単位なので、普通の授業が3単位ぐらいなのに比べ、日本語でAをとるのとBをとるのと大違いなんで、みんな頑張るわけです。あとは、大学院生が多いんですよね。例えば、中国の歴史の研究のために読めなくちゃいけないから、日本語の3年生まで必修になっているような人がたくさんいます。彼らはよく勉強します。
ヒロシ
2005/09/24 20:44

コメントする help

ニックネーム
本 文
勉強しすぎ?の学生たち もっと学ぼうニッポン:ブログ時代の日本語学習/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる