もっと学ぼうニッポン:ブログ時代の日本語学習

アクセスカウンタ

zoom RSS テロ: 1995年オクラホマから2005年ロンドンまでを振り返る その3 パールハーバーと9/11

<<   作成日時 : 2005/08/08 10:57   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 1

その1その2に続くその3。
9/11はアメリカにとっての最初の本土の攻撃だったと言われる。

その前にアメリカ領への直接攻撃がされたのは
もちろん、パールハーバーだ。

9/11の直後、テレビでなんどパールハーバーということばを聞いただろうか。
「日本の奇襲攻撃」(sneak attack by Japan)とテロリストの
ニューヨークとワシントンDCの攻撃をダブらせて
語る人がたくさんいた。

これは日本人である私にとって大変居心地の悪いものだった。
自分の国のしたことを、テロリストたちと一緒にされたのだから当然だ。

パールハーバーといえば、日本は正式に戦線布告をして
開戦したつもりだったが、ワシントンの日本大使館の
タイピストがその日はお休みで、文書を作るのに時間が
かかってしまって、実際に攻撃が開始されてから
正式にアメリカに伝えたという話を聞いたことがある。

そんなつもりじゃなかったとはいえ
遅れたのは事実なので、奇襲だ!
といわれても仕方がない。

(その一方、戦争だったんだから、何でもありなのでは
という気もしなくもないのだが、、、、)

そして日本軍の攻撃で、ハワイで多くの犠牲者が
出たのは事実だ。

皮肉なことに最初の犠牲者は日系人の赤ちゃんだったそうだ。
ハワイのアリゾナメモリアルの見学に行ったときにそう説明された。
何系だろうが人間が死んだのは痛ましい。ましてや子供ならなおさらだ。
ここで、パールハーバーの前後に、日本が国際的に行った
残虐・不当な行為を正当化するつもりはない。
しかし、パールハーバーの攻撃と9/11のテロと同じにされるのは抵抗を感じたのだ。

さて、話をもどすと9/11は史上初の本土への攻撃で
アメリカ人はそれと比較するものとして、パールハーバーしか
知らなかったという問題である。

アメリカ人の意識の中で、9/11も攻撃してきたのは、
どこかの一つの「国」だという考えが抜けなかったのではないか。

9/11の実行犯の国籍は偏っていたし、そのボスらしい人は
一つの国(および宗教)をある意味で代表していると思われていた。
実際にそうだったかどうかに関係なく、そういう印象を与えた。

それでまずはアフガンをぶっつぶし、イラクをぶっつぶしに行ったのだと思う。
(簡単に考えすぎかもしれないが)

しかし、この「9/11の背後にどこかの国がある」という考えは
大間違いであった。きっと米政府の方はもう少ししっかりした情報を
もっていただろうし、そうは思っていなかっただろうが、
アメリカ全体の無意識の中でこの時代錯誤な考えを捨てきれなかった
のではないだろうか?

そして、アフガンやイラクに出て行ったことの成果はアフガンやイラクの民主化よりも、
多かれ少なかれ嫌われていたアメリカが更に嫌われるように
なったという裏目に出たことのほうが大きかったのではないかと思う。

ここに住んで高い税金払っている身としても
一人の人間としても、残念だ。

報道に出ただけで、アフガンやイラクで何千人もの市民や兵士が犠牲になっている。

アメリカは、アフガンに行くときはタリバン政権がテロを支持しているから
それを倒せば9/11のテロの「カタキ」をとることになるとでも思っていたのだろうか。

イラクに行く前は、独裁者フセインがこれまたテロを支持していて、
しかも大量破壊兵器(weapons of mass destruction: WMB)を隠し持っていて
いるから、またテロを起こす前にぶっつぶさなきゃと言って
攻めにいったものの、そんな兵器は見つからず、
日に日に犠牲者が増え、出口の見えない駐留が続いている。

「解決」することは永遠にないのかもしれないが、
事態が好転することを祈るのみだ。

2004年スペインでの列車テロ、2005年のロンドン地下鉄・バステロがある
頃までには一つの国が背後にあるという見方はすっかり
米国民の意識の中からなくなったように見える。

今はもうテレビでテロの話をしていても、パールハーバーのパの字も出ない。
少しほっとしている一方で、テロが日常の一部になりつつあり、
レイシャルプロファイリング(人種による先入観に基づいて捜査・取り調べを行う事 racial profiling)
の問題などストレスフルな状況は変わっていない。

人気blogランキングに登録しています。クリックよろしくお願いします。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
映画「パールハーバー」(マイケル・ベイ)のメッセージ
考えるな、ただ慄(おのの)け!お前に必要なのはヒーローのみ! ...続きを見る
メッセージジャーナル
2005/08/08 16:11

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(1件)

内 容 ニックネーム/日時
>PANさん
コメントありがとうございます。あまりまとまらない思いつきみたいなことを書いておりますが、またいつでもいらしてください。
ヒロシ
2005/08/10 13:38

コメントする help

ニックネーム
本 文
テロ: 1995年オクラホマから2005年ロンドンまでを振り返る その3 パールハーバーと9/11 もっと学ぼうニッポン:ブログ時代の日本語学習/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる