もっと学ぼうニッポン:ブログ時代の日本語学習

アクセスカウンタ

zoom RSS ブログの映画はいつできる?

<<   作成日時 : 2005/08/27 20:52   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

夏目漱石の「こころ」の初めのほうの情景に、鎌倉の海で海水浴をするのが出てきます。
高校の時の国語の先生が、これは、海水浴を行うというのがその当時ではまだ
新しい文化で、演出として流行を取り入れて華やかにした
というようなことを教えてくださいました。(あの先生がお元気か気になります。
時々寝てしまいました。でも授業は好きだったんです。)

それから100年ぐらいたった今「海水浴」は珍しいものではなくなりました。

同じように2005年の今、Eメールは日常の一部になりました。
1995年のウィンドウズ95の真夜中の発売開始で大騒ぎしていたころ
まだまだメールは新しかったですね。

ラブコメの女王メグ・ライアンとトム・ハンクスの共演した映画では、
1993年の「めぐりあえたら(Sleepless in Seattle)」を思い出しますが、
そのあと1999年に「ユーガットメール」というEメールが小道具となる映画
も有名ですね。

聞いた話によると、ユーガットメールは1940年の映画のリメイクだそうです。
もちろんEメールは新しい演出ですが。

ニューヨークが舞台ということもあって、ロケ地となったカフェラロには
今でも観光客がよく行っているようです。

さて、ちょっと違いますけど、携帯電話文化はアジアのほうが進んでいると思いますが、
アメリカの映画で初めて携帯メール(text message)が使われているのを
見たのは2003年のFrom Justin to Kellyというアメリカンアイドルというテレビ番組の優勝者、
ケリー・クラークソンと準優勝者のジャスティン・グアリニ(?)Guarini(なんて発音するのかわかりません。。。)の映画です。
(日本や韓国で初めて携帯メールが出てきた映画は何かなぁ)

話の中で、発信者を偽って送ったメールから行き違いが起こるんですが、
そんなのすぐ見ればわかんじゃんと納得いかなかった思いがあります。

わざわざ見に行ったのではなく、飛行機の中で半分寝ながら見た映画です。
まあ、リアリティーショーの副産物のアイドル・ミュージカル映画ですから。

最近やっている映画にオンラインの出会い系サイト(まじめなほうです)が
出てくるものがあります。

ダイアン・レインとジョン・キューザックの「Must Love Dogs」です。
このタイトルは、そういう人探しの広告に「犬好きな人じゃないとだめ」という意味で
書く言い方ですが、日本語のタイトルは「理想の恋人.com」だそうです。
まあ、主旨は合ってますね。

2005年、2チャンネル発の「電車男」が映画テレビドラマ化されています。
すべてが本当にあった話か疑問もあるようですが。

テレビのほうしか見たことがありませんが、インターネットの掲示板が何か知らない人にも
分かるように、誰かが書き込むと、全員に見られるように伝わるんですよーというのを
必死にCGを駆使して説明しようとしている印象がありました。

さて、ブログが小道具になっている映画はいつできるんでしょうね?

シーラカンスさんが「ブログって面白いよ。ということを、周囲の人に言ってみても、
どうしても「やったことのない人」にはなかなかわかっていただきにくい」

ということを書いていましたが、どんな風にブログを知らない人にブログを説明するんでしょうね。

人気blogランキングに登録中。クリックお願いします。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
いやそれにしましても、ブログを道具にして成立する恋愛というものがなければドラマにもなりにくかろうと思うのですが、そんな恋愛は既にあるんでしょか?????
シーラカンス
2005/08/28 01:06
携帯、BBS(2ちゃ○ねる)とも「恋愛」に結び付けられていましたね。そのほか「着信アリ(2004年)」というホラーもありましたけど。恋愛じゃなくてもいいと思いますが、そうしないと売れないのかなぁ。ブログはやはり共感性ということで、お互い知らない同士がブログを通して、それぞれの人生の課題を解決していくドラマとか、だめすかね?と思ったら、実録鬼嫁日記が映画化決定だそうです。2006年公開らしいです。でも結構年齢の高めの方も、結構ブログでもりあがっているらしいですし、その辺と子供たちの世代を超えた交流を通して、描く子供達の成長とか。少子高齢化の日本に生まれた心温まるお話になりませんかねぇ。
ヒロシ
2005/08/28 12:08

コメントする help

ニックネーム
本 文
ブログの映画はいつできる? もっと学ぼうニッポン:ブログ時代の日本語学習/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる